【似顔絵】「貞子」の気になるキャストを描いてみた

『貞子』の最新作が5月24日に公開になりますね。リングシリーズは原作からずっと大好きなので、twitterで貞子さんの活発な告知活動を目にして「がんばってるなあ」なんて思ってしまいます。

今作は『リング』『らせん』などシリーズの基本に立ち返るような作品とのことで(『貞子vs伽倻子』みたいなのもたいへん楽しみましたけど)わくわくです。

そこで、『貞子』の気になるキャストを描いてみました。

役になりきっている池田エライザさん

まず主演の池田エライザさんですが、彼女はお母さんがフィリピンの方で目鼻立ちが華やかなモデルです。予告を見たときいつもの華やかさを完全に封印していて「すごい!」と思いました。

少し垂れ目ですが、ただ垂れ目に描いてしまうと似ないかもしれません。

描いてみるとわかりますが、目元、特に眼球に沿った下まぶたの華やかさが際立っています。日本人にはない目元の華やかさだと感じます。少女漫画などではこういった下まぶたの表現がされることがあります。

ほわんとしつつも華やかな目元と太眉、比較的鼻筋がしっかりとしているので子どもっぽくは見えませんが、あどけなさと大人っぽさが混在した魅力があるモデルさんです。

『貞子』では心理カウンセラーを演じるということで、華やかさを完全封印しています。ぱっつんボブで特徴的な眉を隠していることも、彼女を映画の世界に溶け込ませています。

単に「モデルが映画に出ている」のではなく、作品の中での自分の魅せ方を知っている方だと感じました。

映画『貞子』本予告/呪いは、投稿動画から
公式予告ムービーはこちら

ただの美少女じゃない姫嶋ひめかさん

そして記憶を無くした謎の少女役の姫嶋ひめかさん。オーディション満場一致で決まったほどのオーラは予告編でも十分伝わってきます。

切れ長の目元は目尻側を隠すと印象が変わる

彼女も普段は活発そうなキッズタレント(10歳)ですが、髪を下ろして病院のベッドにいるだけでただならぬ存在感がありますね。切れ長の目元が印象的で年齢の割に大人っぽいとも言える彼女。髪型(貞子チックに下ろし、目尻側が隠れている)の効果も大ですが、不安そうに大人を見上げると途端にあどけなくなり、「守ってあげなきゃ!」という気持ちにさせられます。

これが……女優か……!!

彼女のような演技力は無くても、キリッとした目元の印象を変えてあどけなさや可愛さを出したい場合、髪でだいぶ変わると思います。

子どもを描くときのポイント

子どもの顔を描くときは目を離れ気味に、鼻を低く(鼻筋を描かない)、骨格の短さを意識すると子どもっぽく描けると思います。

骨格が短いとその分顔が丸くなり、頰が丸くなります。でも顎を尖らせるように描くと、子どもだけど美人さん、という感じになります。顎まで丸々にすると「ぽっちゃりした子どもかな?」となってしまうので、必要に応じて描き分けて見てください。

まつげやまゆげをいじっていない感じ、着彩するならシミのないつるっときれいな肌も子どもらしさが出る部分でしょう。

貞子さんは……

顔が見えない貞子さんですが、硬直したような前に入った肩が似せポイントではないでしょうか。

演技をされる方を見て思うことは、「表情や印象はいくらでも自分で作れる、変えられる」ということ。池田さんも姫嶋さんも、普段の別のお仕事とはまるっきり違う二人になっています。

演技のできない私たちにとっても、「どんな髪型にすれば印象が変わるか?」というポイントだけでも、かなり参考になりそうな気がしました。

タイトルとURLをコピーしました