【似顔絵】大食いらすかるさん描いてみた

YouTubeの大食いクリエイターさんの動画を観ることが多いのですが、最近よく観るのが「大食いらすかる」さんのチャンネルです。

ニコニコしながら嬉しそうに食べる様子や、しだいに移り変わるファッションセンスなど、とても好感を持って観ています。

らすかるさんの顔立ちは「いかつさ」と「やさしさ」の絶妙なバランスがたいへん魅力的だと思います。

例えばオリジナルキャラクターを作るときに、らすかるさんのようなお顔立ちはとても参考になるのではないでしょうか。

骨格を大きく描くといかつめになります

らすかるさんの最大の特徴は、下がり気味の目だと思います。でも似顔絵を描くときにそこに引っ張られすぎると、「かわいさ」ばかりに目が行きがちです。でも、らすかるさんはおでこもしっかりと広く、割と大きくいかつめの骨格です。

どんな似顔絵でもそうですが、第一印象の「最大の特徴」だけにとらわれると迷走してしまう気がします。

髪型にとらわれず髪の生え際を見定める

もし丸刈りだったらこんな感じ…?

髪型に特徴がある人を描く場合、まずは毛の部分を無視して生え際を抑えるといいと思います。おでこが広く、こめかみも広いです。らすかるさんはサイドを刈っているので、頭の形がよくわかりますし、とてもいい形です。頭蓋骨がいい形だからこそ似合うスタイルです。

いかつい骨格ですが、目元がやさしいのでなんとも言えない魅力があります。眉は上がり気味、かつ短めで、これだけみるといかついパーツですが、目元全体でバランスが取れています。また、口角を上げているわけでもないのに微笑んでいるような口元も優しげです。

らすかるさんに学ぶキャラクタークリエイトのポイント

キャラクタークリエイトの際に、パーツを全部いかつくするのではなく敢えてアンバランスなパーツを入れるとぐっと魅力が増しますね。

「厳しい上司が実は猫にメロメロ」のような外面と内面のギャップ作りはよくやると思いますが、らすかるさんのお顔立ちを見ていると「外見だけでギャップを持たせること」も可能なんだなと感じました。

外見だけでギャップを持たせるには、

  • 眉はいかついけど目はタレ気味でやさしい
  • 骨格はしっかりしているけど赤ちゃんみたいなほっぺ
  • 実は笑うと前歯が可愛い

こんな感じで「隙」をつくるのがポイントだと思います。

髪を生やしてスタイリングして完成

らすかるさんはサイドを刈り、上と後ろを残して金髪に染めています。

自分のチャンネルでは後ろにセットして、おでこを出したスタイルのことが多いですが、かなりハードな印象になります。

もちろん表情はやわらかくてニコニコとしているので、好青年には違いありませんが、ぱっとみたところでは「いかついお兄ちゃん」という感じです。

でも、先日ロシアン佐藤さんのチャンネルとのコラボの際には前髪を下ろし、メガネをかけるスタイルでした。カリメロのようなかわいらしさかつ目元がメガネで隠れて、「きまじめなお兄ちゃん」という印象になっています。

ロシアン佐藤さんとは以前からコラボしており、その頃かららすかるさんは「可愛らしい後輩くん」という位置付けです。なのでそのキャラのイメージをきちんと守っているのかなと感じました。

また、ロシアンさんのチャンネルの視聴者は若い女性やお子さんも多いことから、ソフトな印象のほうが合うと判断したのかもしれません。

自分の与える印象を、よくわかっている人だと思います。

自分の外見に自覚的な若い世代

最近では自撮りなど自分の印象を客観的に見る機会が増えている分、若い世代は自分の見せ方をわかっている人が多い気がします。

昔から「自分の顔が好きじゃない」という悩みはメジャーでしたが、せいぜい「鼻が低くていやだ」とか「目がもっと大きければよかった」などその程度だった気がします。

今は「小鼻が広がるのがいやだ」「二重まぶただけど平行二重にしたい」など悩みが詳しくなっている気がします。

また「自分の顔立ちがどういう印象を与えるか」ということに対しても自覚的で、積極的に矯正する時代だとも感じます。

優しい顔だから舐められないようにとファッションを変えたり、「整形メイク」と言われるような顔立ちを変えてしまうメイクも流行っています。

この時流が、さらにファッション文化やメイクの技術を向上させていくのかもしれません。

今回はこんな感じです。

タイトルとURLをコピーしました