プロフィール

当ブログ管理人について

似顔絵を描くのが好きな高橋です。→Twitterアカウント@tkhs_bsdz

幼稚園の頃から自己アピールのために絵を描き始め、中高生のときに先生や友人の似顔絵を描いて、「似てる〜!」と言われることの快感を知りました。

しかし上には上がいることに勘付いてそうそうに絵をあきらめました。高校時代、美大受験組がピリピリしていて怖かったというのもあります。こんなすごい人たちの中で、自分の実力やメンタルではやっていけるわけがないと思った。ハッキリと挫折してしまうのが怖かったのです。

美大を受験しなんとか合格したものの、やっぱり気後れして普通の大学へ。

大学では心理学・精神衛生学を学びました。そのあとは小学校の先生を経験しましたが、性に合わなすぎてすぐ退職し、美容部員やコンビニバイト、清掃業などを転々、それでもなぜか子どもと接するのは好きで、学校に行っていない子どもたちの勉強を見たりお話相手になったりしていました。

子どもたちと接しているときに「お絵描きを楽しむにはどういう姿勢や環境があるといいのか」「人はどんなふうにすれば自信が持てるのか」と、たくさん自分に置き換えて考えさせられることがありました。

また、私は二次創作歴の長いオタクでもあります。

個人サイトの時代に"かんこな(感想が来ない)"を10年以上も経験し、今で言う「いいねが欲しい」という気持ちでさんざん悩み、この苦しみにどう折り合いをつけたらいいのかということも自分なりに模索してきました。心理学を学び直したり、自己啓発セミナーに行ってみたり、お坊さんの話を聴いたりもしました。

「感想が来ないくらいでそこまで悩む?」と思われるかもしれませんが、そのときは本当に、プライドで圧死寸前だったのです。

その後知人の紹介によりデザインの仕事を経験させてもらったことで、ふくらみきったプライドは全て割れ尽くし、私は圧死を免れました。(知人は命の恩人です。)

すがすがしく恥もたくさんかいて、死守してきたちっぽけなプライドももう今は持っていません。日々平和に、淡々と事務の仕事をしています。

そういった感じで、自分なりにあがいた経験がこのブログのもとになっています。

このブログでは、絵のことで悩んでいた過去の自分や、今悩んでいる友達、SNSで「しんどい」と言っている名前も顔も知らない誰かに伝えたいことを書いています。

なので、急になれなれしかったり、えらそうだったり、わかったような言い方をしていたりするかもしれませんが、「過去の幻影に向かって説教してんだな」と第三者目線で見守っていただけるとありがたいです。

個人サイトの時代は一人で悩むしかなかったけど、それでもネットの誰かの言葉で気持ちが切り替わることもあったから。私と同じようなことで悩んでいる人が、少しでも楽になったら嬉しいなと思っています。

【不遇な時代に得たもの】

  • 報われなかったら別アプローチをしてみる、というスキマ産業のこころ
  • 感想祈願スレの「感想が欲しいならまず自分が誰かに感想を書け」という教え
  • 「自分の方が上手い、と思ったらちょっと待て」という心得
  • 一人でも見てくれたら嬉しい、ありがたいー! という気持ち
  • 人の創作物のいいところを見つけるのが得意になった
  • 同人活動でイラレとフォトショの操作を覚えた
  • 開運風水に凝ったため掃除が得意になった
  • 恥をかくことに慣れた
タイトルとURLをコピーしました