似顔絵って【気持ち悪い】と【ほっこり】のはざまにあるよねって話

「同担の人がTwitterで推しの似顔絵描いてるんだけど、なんか気持ち悪い、ゾワっとする……ちゃんと似てるし上手いのに……なんでだろう?」

「似顔絵ってキモくない? 需要あるの?」

と疑問に感じている人向け【似顔絵はキモいとほっこりのはざまにあるジャンルです】という記事。

※これはあくまでも自分も似顔絵を描く立場としての記事です。

「似顔絵ってなんか気持ち悪い……」と拒否反応を示す人ってけっこういる。私も似顔絵を描いていて経験がある。苦笑されるというか、半笑いでスルーされるというか。いたたまれない気持ちになったことも数知れず。

でも実は、描いている自分も似顔絵に対して「なんか気持ち悪い……」と感じている。

自分も似顔絵を描く者として、一時期それでお金をいただいていた者として、その上で言うんだけど、たしかに似顔絵って【キモい】と【ほっこり】のはざまにあるジャンルだよね、と思うのだ。

【キモい】とか【気持ち悪い】って言葉で言われることが多いので敢えてこういう言葉を使ったけど、もっと綿密に表現すると【見ていてなんか居心地が悪い】【正視できない】【ムズムズする】みたいな感じ。

自分で描いていても絵柄によっては耐えられなくなることがあるし、他人の結婚式に似顔絵のウェルカムボードがあったりすると、それがうまければうまいほど、似ていれば似ているほど、なんかムズムズして正視できなかったりすることもある。

なんかこんな感じのウェルカムボードとか。

それってなぜだろう、と考えてみたので記事にします。

似顔絵って【気持ち悪い】と【ほっこり】のはざまにあるよねって話

なんで似顔絵が気持ち悪いのか。いくつか理由が挙げられる。

全ての絵は、現実の二次創作だから

最近思ったのは、"全ての絵は現実の二次創作だから、似顔絵も気持ち悪く感じるのかも"ということ。

絵を描くというのは、三次元のものを二次元の紙の上に再構築すること。

なのでどうしても、実物と絵は違う。

デフォルメすれば当然違うし、いくら正確に模写しても違う。

この違いやズレを【違和感】として【気持ち悪い】と感じるんじゃないかってこと。

その似顔絵がうまければうまいほど、ズレを生々しく感じてより違和感が強くなる。

二次創作に慣れている人でも「AジャンルとBジャンルを混ぜたクロスオーバーはなんか気持ち悪くて読めない」みたいなのあるでしょう? あんな感じに似ている気がする。

別の世界と別の世界が混ざると、頭が混乱して拒否反応を起こす感じ。それを【キモい】という言葉で表現している感じ。

その人の我が出てしまって解釈違いを起こすから

あと、三次元の現実を紙の上に再構築する場合(絵だけでなく写真でさえも)、どうしても描き手・撮り手の主観が入る。もしくは我が出る。

全ての絵は現実の二次創作。二次創作物には"表現者の主観"というフィルターが一枚入ってくるのはみなさんご承知のとおりだ。

例えば同担の人が推しの似顔絵を描いていて、その絵に対してなんか居心地の悪さを感じる……みたいな場合も、自分の中の推しと他人が描いた推しにはズレや違和感があり、それがなんとなく気持ち悪いんじゃないだろうか。

二次創作で言うなら解釈違いってやつ。

私は自分でも似顔絵を描くので「この部分とあそこの部分が私とは解釈が違うな」と頭で納得できるけど、自分で描かない人の場合「なんか違う……なんか気持ち悪い……うまい絵なのに申し訳ないけど……なぜだ?」という違和感だけを感じることになってしまう。

"主観が入る"と"我が出る"は似ているようでちょっと違って、主観は入っちゃうもので、我は出しちゃうもの。

「主観は入っちゃうのはそれでいい、しかし自分の我を出しちゃってないか?」というのは常に意識するようにしている。(これは絵を描く人は「あー、言いたいことはなんとなく分かる」と感じてもらえるんじゃないかと思う。)

美化しすぎてたり、ひどくデフォルメしすぎてたり

対象を美化しすぎていて、「見てるとこっぱずかしくなってくるわ! 恋は盲目かよ!」みたいな似顔絵もあるだろう。

特に推しを描く場合つい美化しちゃうけど、見ている人にとってはそれがズレや違和感になる。よくあるのは「実物より目をキラキラ大きく描いちゃう」とか「ぶちゃいくになっちゃうから鼻を描かない」とか。

逆に、似顔絵にはカリカチュアといって酷めにデフォルメする手法があるけど(たとえば明石家さんまさんの歯を顔と同じくらい大きくしたり)、それも当然、現実とのズレなので違和感になることがある。うまい人のカリカチュアに【キモい】を感じないのは、高度な技術とかセンスとかでズレも違和感も丸め込んで芸術に高めているわけです。

ただしそのズレが【ほっこり】に通じることもある

つまり描き手のフィルターがはさまることで実物と絵とでズレが生じて、それが【違和感】や【気持ち悪さ】につながっているんだと思う。

じゃあ似顔絵は全部キモいか、というと決してそうではないはずだ。

その描き手のフィルターこそが、似顔絵の【ほっこり】でもある。

孫が描いたおじいちゃんおばあちゃんの似顔絵を見て【ほっこり】するのは、「わーやさしくてあたたかい絵! 素敵だねえ、この子にはおじいちゃんおばあちゃんがこんなふうに見えているんだねえ……」などと思うからでしょう。

仲良しの同担の人が描いた推しの似顔絵を見て【ほっこり】するのは、「うんうん、この人には推しがこう見えているんだなあ! 分かる分かる、横顔のそのライン素敵だよねえ、私もそこ好き!」とか思うからでしょう。

つまり、

対象の人物とそれを描く人の間にあたたかい視線があって、

似顔絵を描く人と似顔絵を見る人の間に好意が存在して、

初めて似顔絵は【キモい】じゃなく【ほっこり】になるんだと思う。

似顔絵っていうのは、うまいへた以外に、【関係性】が重要なジャンルなんだと思うのだ。

キモくない似顔絵を描くには……?

なので、似顔絵を描いたり楽しんだりするには、そこらへん一帯に愛があるといい。

けどSNSだと不特定多数に見たり見られたりし合うわけだからそういうわけにもいかない。

では、どんな似顔絵なら【キモい】にならないのかって私もずっと考えて悩んでいます。

まず一つは、シンプルであまり描き込まない絵柄。

似顔絵に限ってはへんに絵が上手すぎたりすると現実とのズレが微妙で生々しくなってしまうので。

その点ゆるふわ系というかヘタウマ系の絵柄だとそもそも現実とかけ離れているので【キモい】を感じにくくなるんじゃないかなと思っているんだけど、どうでしょう。

これが私が「初心者が似顔絵を描くなら、まずはシンプルにまるとぼうでチョイチョイと描くのがおすすめです」と提案している理由です。

あとは"主観は入っても我を出さないよう意識する(もはや精神論)"。

なんて言うんだろう、究極に平たく言えば「私上手いでしょ得意なんですわ」みたいな雑念を抱かないこと、みたいなことかもしれない。

ちょっとそこらへんについては一生かけて修行しつつ考えていきたい所存です。

そこらへんを体得している方は、ぜひ私にもヒントを教えてください。

※このブログを書いている高橋がTwitterを始めました。 → @tkhs_bsdz

Twitterでブログ更新のお知らせをしていくので、気軽にフォロー&声をかけてもらえればと思います。

タイトルとURLをコピーしました