「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります」の対処法

5/23、Google AdSenseのホームに「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります」という警告が出ていました。

これを解決したので備忘録を兼ねて記しておきます。

(私が使っている エックスサーバーの方法になりますが、どこのサーバーでも基本的に同じかと思います)

エックスサーバーでads.txtをアップロードする手順

対処法は、ads.txtというファイルをサイト内へ置くことです。

テキストアプリなどでads.txtを作成してアップロードする方法もありますが、私はエックスサーバーの「ファイルマネージャ」で直接作成しました。

これについて順を追って書いていきます。

AdSenseのサイト運営者IDを確認しておく

まず、ads.txtに記入する内容は

google.com,pub-0000000000000000,DIRECT,f08c47fec0942fa0

です。

pub-0000000000000000というのはAdSenseの「サイト運営者ID」。AdSenseにログインして「アカウント」>「アカウント情報」から参照できます。

「ファイルマネージャ」で作成&アップロード

1、エックスサーバーの「ファイルマネージャ」にログイン

2、ads.txtを追加したいサイトを選択

3、public_htmlを選択

4、「ads.txt」と入力して「ファイル作成」ボタンを押す

文字コードをUTF-8にしてるのは一応です

5、そこへさっきの呪文を記入して保存し、完了です。

ぼかしてありますが、サイト運営者IDは特に隠す必要ないです

「ちゃんとアップロードできたのかな?」と不安な人は、ブラウザで「http://example.com(サイトのURL)/ads.txt」と入力し、さっき入力した文字列が出てくればOKです。

私の場合はこれを5/23の18時ごろ作成し、5/24の10時に確認したところ警告表示が消えていました。無事クロール、確認してもらったようです。

最後になりましたが、ads.txtというのはざっくり言うと「この広告は間違いなく私のサイトが出しています。危なくないですよ」という宣言のようなものです。

Googleによると「推奨」であり「必須」ではないという記述も見かけました。でもいずれ必須になるかもしれないなという気もします。手順もシンプルなのでサクッと作って設置しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました