Better Ads 標準に準拠とは?サイト運営者がするべき対策方法

Google AdSense に、こんなお知らせが届いていました。

Better Ads 標準に準拠とは?

Googleさんのお知らせは言い回しが独特で「なんかめんどくさい、よくわからんな」と思ってしまいがち。

web広告の世界は目まぐるしく変わるため、こういったお知らせを無視しているともっとめんどくさいことになります。

真っ当なサイト管理者にとってはしごく簡単なことなので、ささっと対応しておきましょう。

サイト管理者がするべき対応とは

結論から言うと、サイトに掲載しているのがGoogle AdSense の広告くらいなら対応の必要は無いでしょう。

Google AdSense の広告は精査されているので、Better Ads 標準に外れるようなものは無いはずです。

Better Ads 標準から外れるような広告って?

Better Ads Standards から外れる広告に関しては以下の通りです。(英語)

The Initial Better Ads Standards - Coalition for Better Ads
The Initial Better Ads Standards - Coalition for Better Ads

ここに書いてある「ダメな広告」というのは12例で、

  • ポップアップするやつ
  • 自動で音や動画が流れてくるやつ
  • 「何秒後に閉じられます」というやつ
  • 画面を横長に覆ってコンテンツを隠すやつ
  • それを見ないとコンテンツが見られないやつ
  • 画面の30%以上を覆うやつ(モバイル)
  • フラッシュアニメが流れるやつ
  • 画面全部が広告になるやつ(モバイル)

(上に貼ったリンク先の説明を見ると英語読まなくても「あーあれのことね!」とすぐわかります)

どれもこれも未だに、たまーに見かけますよね。どれもかなりウザいです。

こういうのをクリック稼ぎのために意図的に貼っている人は、これからどんどんChromeがブロックしちゃいますよ! という話です。

当然、そういう広告を貼っているサイトの広告収入は減るでしょう。

自分のサイトをGoogle consoleでチェックする方法

自分のサイトの広告が Better Ads Standards 的に大丈夫なのかチェックしたいときは、Google consoleの Web Tools で確認できます。

Web Tools > PC

Web Tools > モバイル

から、自分のサイトをそれぞれチェックできます。

自分のサイトを選択して「プロパティを追加」
ステータスはまだ「未審査」です

日本では、2019年7月9日から広告ブロックが始まります。

もし違反している広告があっても即ブロックというわけではなく、メールで通知が来た後30日ほど猶予があるそうです。

メールもきちんとチェックしつつ、たまにGoogle consoleのWeb Toolsもチェックしていれば安心です。

ウザい広告を無くす動きはありがたいこと

今までウザい広告を貼ってクリック稼ぎしていたサイト管理者にとっては、今回の動きは大打撃でしょう。

逆に、真っ当な広告だけ掲載している管理者にしてみればメリットしかありません。

ただ、これからweb広告の指標がどう変わるかは随時気にかけていく必要があるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました