まったくの素人が独学でファイナンシャルプランナー2級に合格するまで

ファイナンシャルプランナーの資格を取りたいけど、まったくの素人だし独学じゃ無理かな?

効率よく勉強するにはどんな順序でやったらいい?

という人向け【お金のことについてまったくのど素人だけどファイナンシャルプランナー2級は独学で合格できました。学習のコツは「ざっくり何度も繰り返して学ぶ」だと思います。】という記事。

結論から言うとファイナンシャルプランナー2級までは素人でも独学で楽勝。

自分の場合は資格が欲しいとかではなく、フリーランスでやっていく上で必要なお金の知識を身につけたかったので、うわべだけでなくていねいに学習することを第一に考えた。その結果として2級程度の知識は自然に身についたという感じ。

つまり、それくらい「取得するのに無理のない資格」だと言える。

ファイナンシャルプランナーの資格をを取ろうと思った理由

会社員をしていた頃、お金のことを考えることなんてほとんどなかった。

同年代の、自営業の友人らと話すたび、「いい歳して私はお金のことを何も知らない。これはヤバいのでは……」という不安、恥ずかしさが常にあった。

そこで、当時ブームだったファイナンシャルプランナーの試験を受けてみよう、と思い立った。資格試験を目標にすればサボらずに学習ができるだろう、ということで。

3級は言わば「家庭の主婦・主夫(家族のうち、家計全般を任される人間)」程度の知識だそうで、家庭を持って家のローンやら医療費控除やらを一通り経験した人は普通に知っているようなことばかり。

2級もその延長のようなものなので、ここでは2級3級はまとめて述べてしまうことにする。

(ただし、2級の受験資格に「3級技能検定の合格者」という条件があるのでいきなり2級は受験できない。3級を受けて受かった人だけ2級を受けられる。)

ファイナンシャルプランナーのおすすめテキストは「きんざい」

自分が使っていたのはこれ。

「きんざい」のテキストなのだけど、これはFP試験を実施している機関の「一般社団法人 金融財政事情研究会」の略で、いわゆる「公式」。

他の「見るだけですぐ分かる!」「これだけでラクラク合格!」みたいなマンガ入りのテキストに比べるとちょっと堅苦しいし受験生を和まそうとするサービス精神みたいなのもないのだけど、公式があるならそれ一択っしょ、ということでこれにした。

説明が簡潔で、大事なことは全部載ってて、しかも公式。勉強が苦手じゃない人にとっては最強のテキストだと思う。

おすすめ問題集も同じく「きんざい」

問題集も「きんざい」のものでおそろいにした。

「あれ? 教科書にはこう書いてあったのに問題集だと表現が違う……? これとこれって意味違うの?」みたいな、無駄な齟齬を無くすため。

学習の進め方は「ざっくりと」を何度も繰り返す

ファイナンシャルプランナーに限らず、何も分からないジャンルの学習を進めるときは、

「ざっくりと」を何度も繰り返すうちにだんだん分かるようになる。

という感じ。

  1. テキスト(教科書)をざっくり読む。1割くらいしか分からない。
  2. 問題集をざっくりやる。1割くらいしか解けない。
  3. テキストに戻ってざっくり読む。「あ、これさっきの問題集で見た用語だ」
  4. 問題集に戻ってざっくりもう一度解く。「さっきの用語は覚えてるから分かるぞ!」

みたいなことを繰り返すことで、だんだん分かることが増えていく。

分かることが増えると分からない部分もはっきりしてくるので、テキストで確認するなりネット検索をするなりして調べる。

一発で全部ムラなく塗ろうとするのではなく、薄い絵の具を何度も重ねて濃くしていくイメージ。

最初の「なんにも、まったくわからない!」という状態を面白がり、分かることがだんだん増えていくのを面白がる。というのが学習を進めるポイントだった気がします。

最初から分かろうとするとすぐイヤになる。なにせど素人なのだから。

得意分野で自信をつける・点数を稼ぐ

試験の出題分野は広いけど、きちんとジャンル分けされているしそれ以外は出ない。

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業承継

このうち「ライフプランニング〜」はFPの基礎知識のようなもので読めば誰でも分かる。

自分はなんの知識も経験もなかったけど、不動産ジャンルと相続ジャンルはスムーズに頭に入ってきた。不動産ジャンルは知れば分かることばかりだし、相続ジャンルが得意なのはたぶん横溝正史が好きだった影響。

もうこれで出題ジャンルの半分は抑えられたことになる。

金融資産運用がいちばん苦手で金利が高いとか低いとかもなかなか感覚がつかめなかったのだけど、「いざ本番になっても理解できなかったら他のジャンルの点数でカバーすりゃいいや」と思うと気が楽になった。

ファイナンシャルプランナーの試験勉強に必要な日数

「3級は1ヶ月で十分」なんていう人もいるけど、合格するだけなら確かにそれくらいでも大丈夫そうなボリューム。「とにかく丸暗記してとにかく合格したい」という人の場合はむしろそれくらい短期間のほうが忘れる前に済んで良いかもしれない。

ただ、自分はそういうキツキツなのがしんどく感じるタイプなので、丸暗記はせずに理解できるまで3ヶ月くらいかけてのんびり勉強した。学習と言っても、休みの日に寝転がってテキストを読んだり問題集をやったりするくらい。

分かることが増えてくるとだんだん面白くなってきて、それが趣味みたいになっていった。

そもそも目的は「合格して資格取得」ではなく「資格取得できるくらいの知識を身につけたい、お金に対する苦手意識を払拭したい」だったので。

ファイナンシャルプランナーの資格試験に合格したことで

合格すると後日合格証書が届く。その後は「FP技能士カード」という証明書を申請することもできるし、「FP技能士センター」に会員登録して学習を続けたりセミナーを受講したりすることもできる。

自分の場合は単に「お金の知識を身につけたい」という目的だったので、特に何もしていない。

ファイナンシャルプランナーの学習をしてみてよかったことは、

  • お金に対する苦手意識が薄れたので、いろいろ調べて投資を始めた
  • 確定申告で分からないことがあっても、どこが分からないかが分かるから調べようがある
  • 税務署や役所に対する苦手意識が薄れ、おっくうではなくなった
  • 以前はスルーしていた経済関連のニュースも、興味を持って目を通せるようになった

こうしてみると、自分はお金に苦手意識があったことでかなりたくさんのことが制限されていたんだなと感じている。

苦手なことがひとつ減っただけなのに、たいへんな解放感を得られています。

タイトルとURLをコピーしました