デフォルメ似顔絵が苦手な人、敢えて太い線で描いてみるのがおすすめ

「リアル似顔絵は得意だけど、デフォルメができない」

「似顔絵のデフォルメって、どうやってすればいいの?」

という人向け、【誰でも自動的にデフォルメできてしまう方法】についてまとめている。

「写真を見てじっくり模写する"リアル似顔絵"は得意だけど、デフォルメのしかたが分からない」という人ってけっこういるんじゃないだろうか。

それってたぶん、"どの線を省略すればいいのか分からない"からだと思う。

あれこれ悩まなくても自動的にデフォルメできてしまう方法、それは【太い線で描くこと】だ。

はぁ? ちばけなんな(ふざけないでよ)おえりゃーせんで! と感じるかもしれないけど、自分はけっこう有効な方法だと考えている。

千鳥のお二人を描きながら説明してみたいと思う。

デフォルメをする前提で千鳥のお二人を描いてみる

まずは絵柄は気にせず、特徴をつかむためにスケッチ

まず、画像や映像などを参考に描いてみる。

デフォルメが得意な人は、この時点で線を省略してデフォルメ似顔絵が描けてしまうんだろうけど、苦手な人はとにかく特徴をつかみつつスケッチをするだけでよい。

(自分もいきなりデフォルメ似顔絵が描けないタイプなので、まずスケッチみたいなところから入る。)

二人同時に描く場合は顔のパーツを見比べながら描くと、特徴が見えやすい。

嵐のメンバーの似顔絵のときも、見比べながら特徴をつかむやり方を紹介した。

太い線で拾ってみる

特徴が分かったら、今度は太い線で拾っていく。

線をなぞるというか、ガシャガシャっと描いたうち「これだな」という線を拾う作業。

太い線なので、細かい部分が描き込めないのがポイント。

イヤでも線が省略され、デフォルメになる。

太さの目安は、二重まぶたの線を描けないくらいの太さ。

(自分はこのとき「もっと"らしい"表情にならないかな」と修正したりする。この場合は大悟さん。本当の笑顔じゃなく、目が笑ってないときの笑顔にしてみた。)

だいぶシンプルになる。

デフォルメ似顔絵の場合は、陰影はつけずベタ塗りのほうがよりシンプルで省略した感が出ると思う。

逆に、「もうちょいリアル寄りにしたい、もうちょいしっかり描き込んだ感がほしい」というときは彩色のとき影を入れると、よくある感じの似顔絵っぽくなる。

もっと太い線で拾うとさらにデフォルメできる

試しに、もっと太い線で拾ってみる。

これくらい太い線だと、大悟さんの下まつげやノブさんの薄めの涙袋はもう拾えない。

太い線で拾っていくと「あ、これ省略しても似てるな」「ここ描かなくても大丈夫だな」ということに気づきやすいのもメリット。

色もベタのみ。このまま消しゴムハンコにできそうなくらいにまで省略できた。

似顔絵は太い線で描くのがおすすめ

細い線だといくらでも描き込めてしまうし、どうしても細部に目が行きやすい。

絵が得意な人ほど細部に気を取られてつい夢中で描き込んでしまい、全体の印象がぼやけて「ラフのときは似てたのに、完成したらあんまり似てない」みたいにもなりがち。

また好きな対象ほど細部にまで目がいって、描き込みたくなって、"がんばったわりに似てない現象"を引き起こしてしまうよね。

そういうときは、

敢えて太い線で、物理的に阻止する!

これに尽きる。

思い出してみてほしい。

幼稚園のときクレヨンで描いた母の日の似顔絵はけっこう似てたのに、小学生になって先を尖らせたクーピーペンシルを使うようになったらクオリティは上がったけど似顔絵は似なくなった……みたいな記憶、ないだろうか。

絵が上手い人ほど、似顔絵に苦戦することが多いようだ。

そういう人はこの、"画材に制限を与えて、敢えて自分のテクニックを封じ込める作戦"を試してみてほしい。

タイトルとURLをコピーしました