外国人の似顔絵は人種の特徴を押さえるのがコツ〜ブラピ描いてみた〜

「外国人の似顔絵を描きたいのに、日本人みたいになっちゃう」

「外国人ぽく描くポイントってどこだろう?」

という人向け、【外国人(白人男性)】を描くコツについて。

人間は、人種によって顔の作りが違う。

なので「外国人を描くコツ」といってもそれこそ多岐に渡る。

その中でも今回は、白色人種の男性であるブラッド・ピットを描きつつ解説してみたいと思う。

ブラッド・ピットを描いてみる

◯◯人と一口に言ってもルーツはさまざま、顔つき、体つきもいろいろだ。

その人がどんなルーツの人なのかを知っておくと、特徴をとらえやすくなる。

参考サイト:ウィキ・リヒト(形質人類学で人種・民族を簡単に説明する百科事典)

人種の特徴を押さえておく

ブラッド・ピットはアメリカ生まれのアメリカ人で、イングランド、アイルランド、ドイツなどの血を引くアングロサクソン系のコーカソイド(白色人種)だ。

アングロサクソン系の顔つきの特徴は、アゴがガッチリとして鼻が高く額が広い。また、軽い斜視の人が多いらしい。

骨格も大きく背が高くて肩幅も広い。筋肉も発達している。あとヒゲが濃いんだって。

こうやって前もって調べると、まさにブラピは「これぞアングロサクソン系」という特徴を備えた人なんだな、ということがわかる。

日本人はまだまだ「外国人」と接する機会が少なくて、「外国人の顔」の引き出しが少ない人も多いと思う。

なので描く前にその人が何系なのかを頭に入れると特徴もとらえやすいんじゃないだろうか。

ざっと下描きをするときにも、まずは「アゴがガッチリ、鼻が高く額が広い」というアングロサクソン系の骨格を意識してみる。

また、アングロサクソン系は鼻の下や歯茎が長い特徴があるらしいけど、ブラピの鼻の下はキュッと短め。

人種の特徴と照らし合わせつつ「ここはそうだな、ここは違うんだな」なんてチェックしながら描くとその人への興味がより深まる。

最大の特徴は目の描き方

日本人とは骨格も違うけど、パーツとしては目元の違いが大きなポイントになると思う。

コーカソイドは目頭の切れ込みが深く、目頭も目尻もすっと細くなっているのが特徴。目頭の赤いとこが広く見えてる。

日本人(モンゴロイド)はその名のごとく、目頭に蒙古襞があって丸い目の人が多い。

(最近はこの蒙古襞をコンプレックスに感じる日本人が多く、「あの芸能人、目頭切開やってるよ」なんてのもよく話題になるね。)

目の色が青や緑など薄い人を描くときは、瞳(黒目)を塗らずに瞳孔だけ描くとそれっぽく見えると思う。

影をつけておうとつを表現する

白色人種の肌の色は"青みがかったピンク"という感じ。

黄色人種は名の通り"黄色っぽいピンク"で、いわゆる日本で言う「肌色」。

高橋一生さんを描いたときの記事がこちら。肌はかなり色白(色の濃さで言えばブラピより薄い)だけど、オレンジが強め。

「同じ肌色じゃん?」と思うかもしれないけど、パレットで見るとけっこう色味が違うことがわかる。

また、クッキリ骨格を表現するために眉の下と鼻すじの影を濃いめにつけるのもポイント。

特に、眉と目の間に影を入れると彫りの深い感じが出る。

ステレオタイプのイメージを捨ててみる

「"(白色人種の)外人"はみんな鼻が高くて尖っていて、目は二重まぶたででぱっちり」みたいな、ステレオタイプのイメージがある人もいるかもしれない。

けど、いざ描いてみればそれぞれのパーツはモンゴロイドとそんなに違うわけではないということがわかると思う。

日本人は日本人以外の人を「外人(外国人)」とひとくくりにまとめがちだけど、「外国人」にもモンゴロイド(黄色人種)、コーカソイド(白色人種)、ネグロイド(黒色人種)と色々な人々がいる。

また、それぞれ広い地域に分布しているために体の特徴もばらけていて「◯◯人種はこういう顔」と一概には言い切れない。

ブラピだって、鼻の下も短いし、瞳の色もそこまで淡くない。

それでも特徴をうまくとらえれば、白人男性っぽく描くことができる。

なので「外国人を描く」と気負うのではなく、その人自身をよく見て描くこと。

そこだけ押さえれば、どんな人種の人物でも似せて描くことができるはずだ。

タイトルとURLをコピーしました