「AdSenseポリシーが変更されました」って結局どういうこと?

AdSenseポリシー変更について
AdSenseポリシーの変更って結局どういうこと?

9月30日にGoogleからメールで通知が来ました。

「重要なお知らせ:AdSenseポリシーが変更されました」という仰々しい件名なのでビクッとしましたが、うーん結局どういうことなの? このままじゃやばいの? 何かする必要があるの? ってなりました。Googleからのメールってなぜこんなに目がすべるんだ……?

結論から言うと、「一般的なコンテンツなら別に何もしなくていい」です。

ただ、どこらへんまでが大丈夫なのかポリシーは確認しておいたほうがいいよなと思ったので、自分用にまとめておくことにします。

AdSenseポリシー変更のポイント

「制限事項」と「ポリシー違反」が別物になった

今まで、AdSenseではポリシー違反だった「制限事項」。例えば今まではアルコールやタバコ、薬物などのコンテンツは「制限事項」であり「ポリシー違反」でした。

しかし今回の変更で、「制限事項」に当たるコンテンツと「ポリシー違反」に当たるコンテンツが分けられました。

「制限事項」であるアルコールやタバコに関するコンテンツがページに含まれていてもポリシー違反ではなくなります。

もちろんこういったコンテンツを含むページでは、広告が制限されることがあります。が、広告が制限されても良いなら修正する必要もないということです

制限が甘くなった、緩和されたと言ってもいいかも。

「Googleサイト運営者向け制限事項」に当たるコンテンツ

「お酒や銃に関するウンチクを記事にしたかったけどポリシー違反になるからガマンしていた」っていう人、AdSenseについて調べてるとけっこう見かけますよね。

これからは「ポリシー違反」ではなく「制限事項」になるので、広告制限はあるものの自由に書けるようになります。

※「制限事項」に当たるコンテンツは以下の通り。

  • 性的なもの
  • 衝撃的なもの
  • 爆発物に関するもの
  • 銃に関するもの
  • 銃の部品や関連商品に関するもの
  • そのほか武器に関するもの
  • タバコに関するもの
  • 危険ドラッグに関するもの
  • アルコールの販売と乱用に関するもの
  • オンラインギャンブルに関するもの
  • 処方薬に関するもの
  • 未承認の医薬品やサプリメントに関するもの

「Googleサイト運営者向けポリシー」に含まれるコンテンツ

一方「ポリシー違反」に当たるコンテンツを含むページの収益化は禁止されています。広告を設置すると「ポリシー違反ですよ!」となってアカウントが停止されるので今まで通り注意しましょう。

※「ポリシー違反」に当たるコンテンツは以下の通り。

  • 違法なもの
  • 児童の性的虐待や小児性愛に関するもの
  • 露骨な性的描写を含むもの
  • 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  • 知的財産の不正利用
  • 絶滅危惧種を原材料とする商品を宣伝するもの
  • 危険、または中傷的なもの
  • 不正行為を助長するもの
  • 不適切な表示を含むもの
  • 悪質なソフトウェア、望ましくないソフトウェア
  • 国際結婚の斡旋に関するもの

こうやって見ると「禁止で当たり前だろ、そりゃ違反だわ」って感じですね。

確かに「制限事項」と「ポリシー違反」では全然質が違うことがわかります。なるほど、分ける必要は確かにあったかもしれませんね。

ポリシーセンターの表示もちょっと変わります

AdSenseポリシーセンターのページも[要修正] [広告配信ステータス]という項目に変更されるそうです。(10月1日現在、自分のページは従来のままです)

今のところポリシーセンターはまだこんな感じ

ポリシー違反は[要修正]、制限事項に該当するものは[広告配信ステータス]として表示されるそうなので、必要があれば修正して再審査をリクエストすることになります。

普通のコンテンツなら気にしなくてOK

つまり、今までのAdSenseポリシーを把握した上で一般的なコンテンツのサイトを作ってきた人は何もしなくてOKということです。

ただ、アルコールやタバコに関してなど日本ではまだ認識がゆるいところがありますし、こういうルールは時流によっても随時変更されるので、制限事項を確認しておくのがいいかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました