趣味で絵を描くと、タダで効率的にストレス解消できるその理由とは。

「ストレス解消になる趣味って何かないかな? やっぱりストレス解消には体を動かさなきゃだめ? 運動嫌いなんだけど」

「家で手軽にストレス解消できる趣味が欲しい。しかもお金がかからないものがいい!」

という人向け【絵を描くと、タダで効率的にストレスを解消できます】という記事。

最近では、外出するよりおうち時間を変えていきたいっていう人も増えているんじゃないかと思う。

生活に制限が増えてストレスがたまったり、自分の内面と向き合って気持ちが不安定になることもあるかもしれない。

家の中で1人でできる趣味が欲しい、しかもお金がかからなくて、効率的にストレスを解消できる趣味が欲しい!

そんな人に、趣味で絵を描くことをおすすめしたい。

絵を描くとストレス解消になるのは"今"に集中できるから。

「絵を描くとストレス解消になるとかホントにぃ〜?」

「それはあなたが絵を描くのが好きだからでしょ? 机に向かってチマチマ描いてるだけでストレス解消になるとは思えないけど?」

と思うかもしれないけど、私が絵をおすすめするにはちゃんと理屈がある。

人がストレスを感じるのは、未来への不安や過去への後悔

まず、人がなぜストレスを感じるかという理由は。

  • 未来への不安
  • 過去に対する後悔や怒り

つまり、"今"ではない未来や過去のことを考えてストレスを感じている。

「今日会社で自分のせいじゃない業務の尻拭いさせられてムカついた(近い過去への怒り)」

「明日シフトで苦手な人と組まなきゃいけないのユウウツだな……(近い未来への不安)」

「恋人からLINEの返信がない、イライラ……(近い未来に対してのストレス)」

「お金貯まらないし結婚できないし老後どうしたらいいんだろう(遠い未来への不安)」

「うわーTwitterで推しdisる投稿見ちゃってイラッときた!(ごく近い過去への怒り)」

見て分かるように、ストレスは過去か未来に対してしか起こらない。

よく言われることだけど、つまり"今"に集中することでストレスを感じにくくなるのだ。

"今"に集中するとストレスは感じない

座禅も瞑想も、あとは筋トレなどもそうだけど、「今」に集中することで心を平らかにすることができる。

ただ、座禅も瞑想も筋トレも趣味として行うにはなかなかとっつきにくいというか敷居が高そう……と感じるかもしれない。趣味って感じでもないし。趣味というより修行っぽいし。(突き詰めればどれも同じことなんだけど。)

そこでお絵描きです。

絵を描くというのは、想像以上に"今"に集中する作業の連続だ。

試しにマルを描いてみて欲しいけど、きれいな正円を描こうと集中すると、それだけで他のことは頭から消える。

マルを描くのでさえそうなんだから、絵を描く作業がいかに"今"に集中するか想像できると思う。

特に似顔絵なんか、脳を使いまくるので他のこと考えている余裕なんかない。

紙と鉛筆があればすぐに始められるのもいい。

「と言っても、何描けばいいの?」って?

それこそ、マルだっていい。

目の前にあるものを描いてみればいい。

ティッシュの箱、そこで寝ているペット、テレビに映っている推しの顔、漫画の表紙……。

趣味としてちゃんとやりたいから少しお金をかけてもいいな、という人は参考書籍を買ってみたりしてもいいし、iPadやApple Pencilなどを使ってみてもいい。

「絵を描いてるけどストレス解消できないよ」という人は……

「私はもうすでに絵を趣味として描いてるよ。でも全然ストレス解消にならないしむしろストレス溜まるんだけど」という人ももしかしたらいるかもしれない。

だけど、

「がんばって描いてもいいねがあんまりつかなかったな」

「私が描く意味とかあるのかな、上手くならなかったら練習しても無駄になっちゃう」

なんてのはやっぱり過去への不満や未来への不安にすぎない。

絵を描くことそのものではなく、それに付随する過去や未来にストレスを見いだしてしまっている状態なわけ。

よけいな未来を考えない、よけいな過去を思い出さない。

"今、この線に集中する"ということを意識してやってみてほしい。

タイトルとURLをコピーしました