二次創作と一次創作の違い・共通点・それぞれのいいところについて。

「二次創作と一次創作ってどう違うの?どっちが難しい?」

「今から絵を始めるなら、二次創作と一次創作どっちをやるべき?」

と疑問に感じたり迷ったりしている人向け、【二次創作と一次創作の違い・共通点について。それぞれにいいところがあります。】という記事。

※筆者自身は一次創作から二次創作に入り、今ではどちらもしている。どちらかを持ち上げたり貶めたりではなくて、シンプルに自分が感じたそれぞれのいいところについて書いている。

※【一次創作】は【オリジナル】のこと。ここでは【二次創作】の対として敢えて使っている。

「絵を描きたいけど、二次創作と一次創作(オリジナル)どっちをすべき?」というお悩みについて聞いた。

私の答えは「どっちをやってもいいしどっちもやってもいいじゃないの」。たぶん多くの方もそう考えるんじゃないだろうか。

それでもなお、こんなお悩みがあるようだ。

「どっちにどういうメリットがあるの? 早く絵が上手くなって、早くまわりからも評価されたいんだけど、最短距離はどっちなの? やっぱり二次創作の方が有利? でもオリジナルの方が高尚だと思われるかな?」

「オリジナルやってもあんまり見てもらえないよね? 本当はオリジナルやりたいけど二次創作でファンを作って人を集めてからの方がいいかな?」

「私は将来的にプロを目指してるから、オリジナルをやるべきでは? 二次創作なんてやってたらオリジナルが描けなくなって、まわり道になるのでは?」

意外とそういうお悩みたちって、そこに本質がないというか、見当はずれであることが多いと思う。(この記事の最後に、それぞれのお悩みについての答えを自分なりにまとめています)

この記事では、自分が感じている【二次創作と一次創作(オリジナル)の違い・共通点・それぞれのいいところ】について書いていくので、もし参考になるところがあれば参考にしてみてください。

二次創作と一次創作の違い・共通点・それぞれのいいところについて。

二次創作と一次創作の違い

まず大きな要素として、人に見てもらう場合の環境が違う、ということは言えると思う。

すでにみんなの中に共通認識があるかないか

まずよく言われるのは、二次創作だともうすでにキャラや世界の設定が知られているということ。

描く(書く)方もそこをすっ飛ばして描くことができる(ので二次創作はズルだ楽だと言われがちなのだけど)、読む方もそこをすっ飛ばして、もう知っている世界の話として読むことができる。

一からキャラや物語を作るのもたいへんな労力だけど、一から新しい物語に触れるほうもなかなかの労力だ。

二次創作の場合は読めば少なくとも推しキャラは出てくるし、好みに合えばもっと嬉しい。

オリジナルの場合、読んでもその労力に見合った喜びを得られるかどうかは未知数だ。がんばって読んでも自分が面白いと感じられるかどうかは分からない。

オリジナル作品がたくさんの人に見てもらいにくいのは、そういう心理も働くんじゃないかと思う。

読書家の人は「その当たり外れがいいんじゃん! 外れもまた味わい深いんだよ」と思えるんだけど、世の中の人みんながみんなそういうわけではないだろうから。

見てくれる人の規模が違う

当たり前のことだけど、二次創作だとすでにたくさんいる原作のファンが見てくれるのでそのぶん閲覧数が増える。

あとは上に書いた、労力という要素もあると思う。

上に書いたように、オリジナル作品は描く方も一からだけど見る方も一からなので、どうしても見てもらえる数は少なくなる。

ルールやマナーが違う

オリジナルでも投稿するSNSによっては残酷表現や性的表現についてガイドラインがあるので、全く自由というわけではない。

二次創作はさらに、みんなの中の大切な作品やキャラを使って創作するのだから界隈によってルールやマナーが存在することがある。これも広く知られている通り。

共通すること

創作とは"伝えたいことを絵(文章)で表現する"ということ。

より伝わるような表現を選び、より伝わるように自分に足りない技術があれば補いつつ創作していく。

これはすべての創作において同じなんじゃないかなと思う。

自分も最初はオリジナルの小説や漫画を創作していて、正直な話、その頃は「二次創作なんてズルだし楽をしている。きっとゼロから生み出す能力がないんだね。やっぱオリジナルの方が高尚だわ」と軽視していたこともあった。(10代の頃です)

そのあと二次創作の楽しさを知って二次創作を始めたんだけど、「いやー、"伝えたいことを絵で伝える"っていうたいへんさは同じだな」と感じたのだ。(自分の場合)

「二次創作なら既存絵を見て描けばいいんだから美術解剖学なんて知らなくても大丈夫」ってわけにはいかないし、逆に「オリジナルだから美術解剖学なんて知らなくてもオリジナルの人体として描けば骨折絵でもOK」ってわけにもいかない。

"見る人に伝わるもの"を作れるまでにはたいへんな労力がかかる。

絵でも漫画でも小説でも、二次創作でもオリジナルでも、これはどんな創作にも言えることなんじゃないかと感じている。

それぞれのいいところについて。

二次創作のいいところ

二次創作のいいところは、自分の引き出しにないものを描くチャンスだということ。

絵を描きたい、絵が上手くなりたい、と思っても、自分の引き出しにないものはなかなか描く機会がない。

「少年少女キャラは得意だけど青年キャラやマッチョなキャラは描き慣れていない、上手く描けないから作品には登場させない」ということも、オリジナルならできる。

けど、それだとずっと描けないままということになってしまう。

でも二次創作でマッチョなキャラにハマったら、もう描かざるを得ない。「無理だよ描いたことないし、ここの筋肉とかどうなってんの? ちょっと! 美術解剖学のおすすめ書籍どれ! ポチるよ!」と言いながら体が勝手に描いてしまう。

そうするともうあとは自動で(自動じゃないけど)マッチョなキャラが描けるようになってしまう。

これが二次創作のいいところなんじゃないかな、と私は考えている。

一次創作のいいところ

自分でもオリジナルを書いたり描いたりした経験から、"ゼロから何かを作り出す"というのはこの上ない喜びだと思っている。

もちろん全くのゼロからではなく今まで触れてきた作品のエッセンスをもとに創作しているわけだから、自分の性癖集大成とも言えるんじゃなかろうか。

自分の性癖集大成を作り上げることによって、より自分の「好き」や「描きたい」がハッキリする。

自分の「描きたい!」がハッキリすると創作にも喜びが増すし、好きなものに対するアンテナの精度が上がれば好きな作品に出会う確率も上がる。

「一次創作はゼロから作り出さなきゃいけないからたいへん」とよく言われるけど、何と言ってもそこがいちばん楽しいので、趣味でやっている自分としては"たいへん"というふうに感じたことはない。(プロでやっているひとは"たいへん"が多くあると思います。)

やりたいと感じたらどっちもやればいい

二次創作もオリジナルも「楽しいほう、やりたいほうをやればよいじゃないですか! やりたければどっちもやってもいいじゃないですか!」に尽きる。

「早く絵が上手くなって早くいいねがたくさんほしい。二次創作の方が有利?」→"伝えたいことを表現する"までには労力がかかり、それは二次創作でもオリジナルでも同じこと。どっちが楽とかはあまりない気がするし、二次創作でもいいねがつかず悩む人もたくさんいる。ただ単純に見てもらえる数は増えるので、オリジナルに比べるといいねは増えるかもしれない。

「将来プロを目指している自分にとって二次創作は遠回りでは?」→二次創作だと今まで描いたことないものが描けるようになるので、"伝えたいことを表現する"ためには近道でもあるとも言えそう。

「本当はオリジナルやりたいけど二次創作でファンを作って人を集めてからの方がいいかな?」→集めた人がオリジナルを見てくれるかどうかは分からない。一から物語に触れることは、受け手にとっても労力が大きいので。いいね人員としてあてにするとたぶんがっかりするかも。

あとは"二次創作で描いていたものを一次創作として描き直して出版する"みたいなケースがまれにある。例えば二次創作だけどオリジナル要素が強いいわゆる【二次オリ】がネットで人気を博して、オリジナルで描き直して出版するみたいな。

これはいろんな見方があって、なかなか風当たりが強いこともあるようだ。権利の話は複雑だし、私にはよく分からない。たぶん法律の専門家でも難しい。答えが出ないからよけい叩かれやすい。

自分もそうなっちゃうのが心配だなあという人は、二次創作と一次創作とで最初からハッキリとネタを分けるくらいしかやりようないかな、と思う。

ただ、二次オリを描いていたとしてそれが大手出版社の目に留まってオリジナルで出版するようになるまでがものすごい奇跡みたいな道のりですけど……。

二次創作もオリジナルもそれぞれにいいところがあるので、著作者のガイドラインや投稿サイトなどの規約を守ってやりたいほうを楽しむ、それがいちばんだと思うんだけどどうでしょう。

タイトルとURLをコピーしました