絵が上手い人の特徴→観察力?集中力?丁寧で器用じゃなきゃダメ?

「絵が上手い人って、絵が下手な人と比べてどんな特徴があるの?」

「観察力とか集中力がある人や、丁寧で器用な人は絵が上手いの? じゃあ私は無理だな…」

と、絵が上手くなる人の特徴にこだわる人向け【絵が上手い人(上手くなる人)は『どうしても描きたいものがある人』です】という記事。

絵が上手くなる人ってどんな特徴があるか、自分はそれに合致しているのかって、気になる人もいるんじゃないかと思う。

「絵が上手い人ってもともと観察力があるんだよね」

「生まれつき器用で丁寧だから絵が上手いんじゃない?」

「私は観察力もないし、子どもの頃から集中できないタイプだし、だから絵が下手なんだよ」

「私は手先も不器用だし汚部屋だし、絶対絵は上手くなれないタイプだな」

いや〜、それはあくまでも枝葉の部分であって、絵の適正ってそんな些末なことじゃないんじゃない? と自分は考えている。

【絵が上手い人・上手くなる人というのは、どうしても描きたいものがある人】なんじゃないかという記事です。

絵が上手い人の特徴→観察力?集中力?丁寧で器用じゃなきゃダメ?

「絵が上手い人の特徴って?」みたいな問いはたまにSNSでも話題になるし、このブログにも「絵が上手い 特徴」で検索してくる人がかなり多い。

推測するに、「自分は絵が上手くなれるのか?」「自分に絵の適正があるのかないのか?」ということが気になっているんじゃないかと思う。

「絵が上手い人の特徴は集中力があること……あ、私『コツコツやる集中力があります』って小学生の通信簿に書かれたことある! やったー! 私は絵が上手くなる特徴を備えているぞ! きっと上手くなるはず!」

みたいなことを期待しているのかもしれない。

でもきっとそんな簡単な話じゃないよね。

よく言われる「絵が上手い人の特徴」

ネットの記事や、一般的に言われるであろう【絵が上手い人の特徴】を挙げるとすると、

  • ものをとらえる観察力がある
  • 描き続ける集中力がある
  • 毎日コツコツ努力できる真面目さ
  • 資料を集めるなど調べ物をいとわないマメさ
  • 手先が器用
  • 几帳面
  • 右脳が発達しててなんちゃら

こんな感じじゃないかしら。

「あー私観察力ないわー」

「真面目でもコツコツ型でもないし無理」

と思うかもしれないけど、それがどうしても描きたい大好きな推しの絵だったらどうだろう?

※推しというのはキャラでも人でも無機物でもメカでも腐女子ならCPでも、なんでも。

描きたいものなら自然と観察して集中して調べてコツコツやっちゃう

「私は観察力がないから」なんて思っていても、大好きな推しのことなら「観察しなきゃ」とか思う前に無意識で観察しちゃわないだろうか?

大好きな推しの絵なら、誰に強制されなくてもせっせと続きを描いちゃわないだろうか?

細かい衣装の装飾も、知りたくてワクワクして「そこまで要らんだろ」ってくらい資料を集めちゃったりしないだろうか?

つまり【絵が上手い人の特徴】っていうのは「どうしても描きたいものがある人は自然とこうなっちゃうよ」ということだと思うんだけど、どうだろうか。

つまり性癖は何にも勝る、ということ。

絵を描いていれば、みんな一生に何度かは自分のタイミングで"ぜっっっっったいに描きたい大好きなモチーフ"に出会うんじゃないかと思う。

ってことは、みんな絵が上手くなるチャンスがあるということ。

それを、

「絵が上手くなるには観察力が必要! 観察力をつけるために毎日リンゴを凝視してデッサンをしなきゃ……」

「絵が上手い人は集中力があるから集中力が大事! 集中力を鍛えるために日頃から訓練しよう」

とかってやるのは意味ないどころかしんどすぎる。いやになっちゃう。(※美大受験とかプロになりたいとかの場合はまた別だと思います。しんどくてもやらなきゃいけないかも。)

器用とか几帳面とかの要素について

「でも手先の器用さとか几帳面さとかは変わらないじゃん」

確かに「どうしても描きたいものがある!」と思ったからって急に手先が器用になるなんてことはないだろう。

だけど、ペンが握れないとかでなければ、不器用でも好きで毎日描いていれば必ず慣れる。

少しくらい思い通りの線が描けなくても、集中力だの観察力だのほか8割の要素でカバーすることもできる。

右脳派じゃないと絵が上手くならない、みたいな言説

「左脳派は理屈だから絵が下手、右脳派は直感だから絵が上手い」みたいなこともまことしやかに言われる話。

あくまでも個人的には、この右脳だ左脳だについては全却下の構えです。

そもそも脳のことについては研究がまだまだ途上で、少なくとも素人が「自分は左脳派だから絵が上手くならない」と言い切れるようなものではないはず。

ただ、理屈と直感をうまく使い分けることで絵はもっと描きやすくなるかも、とは感じている。それを便宜上"右脳と左脳"と言うことはできる。

自分が参考になったと感じるのは『脳の右側で描け』。

これがあるともっといいかも、なプラスアルファの要素

あとはプラスアルファとして、せっかく上がったステータス値を持て余さないようスケジュールを立てて着実に作業を進める能力があるといいかもしれない。

原稿のしめきりから逆算して1日何ページ描くとか、推しの誕生日イラストを当日までに完成させるには毎日どれくらい作業すればいいかとか。

学生時代にいい成績を取っていたような人は、自然にそれが身についているんじゃないだろうか。

「絵が上手い人の特徴」は言い訳にすぎない

「自分は絵が上手い人の特徴に当てはまってたから、絵は上手い(上手くなる)はず。安心だ」

「絵が上手い人の特徴に当てはまらないから自分は下手でも仕方ない」

とかというのは、結局のところは自分で何もしないことへの言い訳になってしまうんじゃないかと思う。

誰だってどうしても描きたいものに出会ってしまったら自動で描いてしまって、自動で上手くなってしまう。これがつまり"好きこそものの上手なれ"ということになる。

「絵は描きたいけど観察力も集中力もないし、コツコツやる気力もないんだよな……」という場合、まだ本当に"どうしても描きたいなにか"には出会っていないのかもしれない。

「自分は絵の適正がない、上手くなれないタイプの人間なんだ」と決め付けて焦らずに、まずは好きなものにたくさん出会っていくのがいいんじゃないか。

たくさんの好きなものに出会う=センスを磨く、ということにもなると思う。

そしていつか人生を変えるようなやばい出会いが訪れたときのために、描き続けられる健康な体を作っておくのが何より大事かも。

タイトルとURLをコピーしました