【センスとは】たくさんの人に刺さるものを察知し、それを描く力【磨き方】

「私なんか生まれつき絵のセンスがないから、もう仕方ないんだよなあ……」

「絵のセンスってどうやったら磨けるの? っていうかそもそもセンスって何なんだろう?」

という人向けに【具体的なセンスの磨き方】をまとめている。

絵のセンスについてググるとたいてい、

  • 結局はインプットが大事!
  • 結局はたくさん描くしかない!
  • センスは結局、よく分からない感覚のこと!

みたいな記事が多い。

これだけだと「うん、だから結局なんなんだよ」ってなってしまう。

それぞれ全部正しいと思うんだけど、頭で理解するためにはこれだけじゃどうにも言葉が足りない。

この記事では、

  • センスって結局なんなの? どういうことなの?
  • センスを磨くには具体的に何をどうすればいいの?

ということについて、理屈で考えてみた。

センスとは【たくさんの人に刺さるものが察知できること】

一般的にセンスが良いっていうと、

"天から降ってきたようなインスピレーションによって、無意識で大勢の人を惹きつけるイラストが描けちゃう"

みたいなイメージではないだろうか。

そう、【無意識で、たくさんの人に刺さるものが察知できる】ということ、これがセンスなんだと思う。あいまい!

厄介なのは、たいてい、いわゆるセンスがいい当人が無意識でやってるところ。(意識がある人もいる)

だってセンスいい人に「そのイラスト、どうやって着想を得たんですか」って聞いたって当人は無意識だから「え? 分からない。適当」「なんとなくやってたらできた」って言うもんね……。これでは下々のわれわれには一生コツがわからない。

別にこれはお高くとまっているわけでも意地悪をしているわけでもなく、意識してやってないから説明できないだけなんだと思う。

そうすると「センスって神から選ばれし人だけが持つ特殊能力なんだな、私なんかとは違う特別な人なんだ……」となってしまい、どんどん分からなくなってしまう。

しかし当然だけど、インスピレーションは空から降ってくるわけがない。センスはオカルトではない。

その人が生まれたときから持っているわけでもない。

インスピレーションなんて、全部その人の経験や知識からしか湧きようがない。

となると、たくさんの人に刺さるインスピレーションを湧かせるための知識や経験を積めばよいということになる。

それって、どうやって積めばいいのか。

センスを磨くために"具体的に"できること

くまモンのアートディレクターである水野学氏は、"センスとは物事を最適化する能力"だと言っている。

センスにはまず知識が必要で、さらにそれらの知識の中から最適なものを選び出すことができなければならない、とのこと。(これは自分の解釈なので、気になる方は読んでみてください)

たとえば茶器の知識が豊富で、季節やシチュエーションによってどんな茶器を使うかを知っていて、たくさんのお茶会を経験していれば、「こういうときにはこの茶器がぴったり」という最適なものを選んで相手の心に響くもてなしができる。センスがいいわってことになる。

逆に、茶器のことも知らず、お茶会に出たこともない人はそうはいかない。最適な茶器で相手をもてなすことは難しいと思う。不作法だけど気持ちはありがたいとか、一生懸命もてなそうとしたがんばりは認める、みたいなことはあるかもしれないけど、センスがいいかというとそうではない。

絵を描く人の場合に置き換えると、センスというのはこういうことなんじゃないかと思う。

たくさんの人に刺さるものが分かっていて

それをこう描いたらいいぞという勘があって

それを実際に描く能力がある

たくさんの人に刺さるものを、いろいろ見聞きする

まずは"たくさんの人に刺さるもの"を知らなければならない。

たくさんのもの、というのはたとえば、今流行っているもの、人気のもの、定番のもの。

茶器の例なら「定番だったら白磁のセットか有田焼のセットかな。でもランチはエスニックなんだよね……そうだ、最近流行っているベトナムのバッチャン焼を使おう!」みたいに最適なものを選び出すことができる。

そうしてもてなされた相手は、たとえ白磁とか有田焼とかバッチャン焼とか知らなくても、「この鮮やかな器、エスニック料理のあとにぴったりだ! こんな食器があるんだなー、すてき。この人ってセンスいいな」と思うんじゃないだろうか。

話題になっている映画やコミック、小説などに触れる

絵の場合だったら、定番の人気シリーズ、今まさに大流行している作品、一部でブームが起こっている作品などを観て、知識としてたくわえていくことができる。

自分は長らくこれを「流行ってるものを参考にしろ、真似しろ、取り入れろ」という意味だと誤解して反発を感じていたんだけど、実はそうではないらしい。

そうではなくて、世の中の平均をつかむために観るのだそうだ。

「世の中の平均をつかむために観る……? 難しそう」と思うかもしれないけど、どうってことはなく、ホイホイ安易に観ればいいだけの話です。

むしろ「何か私が楽しめそうな作品はないかな」「センスを磨けそうな作品はないかな」みたいに探すとそこで自分のフィルターがかかってしまうので、有無を言わさず新着や人気順で観ていく。

これが要するに、よく言われる「センスを磨くにはインプットが大切!」論なのだと思う。

pixivのランカーのイラストをチェックしてみる

私はpixivのランキングを見るのが好きなんだけど、流行りが移り変わる様子が感じられて楽しい。

目の塗り方、まつげの表現、線の色トレス、よく見るポーズなど、手法がめまぐるしく変わっている。

昔の自分は「そういう絵柄が好きじゃないから」「ランキング興味ないから」と思っていたから興味を持たず、むしろ敵意を持っていたくらいなんだけど、今はたまに覗いて「この塗り方どうやってるんだろう」「あ、このまつげの表現が共通しているな、自分の絵でやってみよう」みたいなことをやっている。

以前に描いた深田恭子さんの似顔絵を今っぽい表現で描いてみたもの

流行りだからセンスがいいとかではなく、自分に取り入れたいとかでもなく、流行っているものを見たり真似してみたりするのが単純に面白くて楽しい。自分の絵になんらかの新しいエッセンスが残るかもしれないし、残らないかもしれない。

"自分ならどう描くか、どう直すか"

もちろん話題の作品をただ見るだけではなく、"自分だったらどう描くか、どう直すか"ということを意識するとよいそうです。

映像関係の仕事をしている知人は「家でもCMを見ると、自分ならどこを直すか考えて黙り込んじゃって家族に引かれる」と言っていた。

お世話になった文学部の教授も「他人の小説を読んでると、もっと他にいい表現ないかなと頭の中でいろいろ言い換えてみてしまって小説の続きが頭に入ってこなくなる」という症状があった。

他の人のアウトプットや流行の作品を目にして、「自分だったらどう描いてやろうか」と考えることでこれはこう描いたらいいのでは? という勘が養われるということだと思う。

「pixivで見たあの塗り方、私の推しでやるとどんな感じになるだろう」とか。

また日々のニュースやペットのしぐさ、Twitterのトレンドワードなどを「自分だったらこれをイラストでどう表現するか」と考えてみるなど。

自分が思い描いた通りのものを、実際に描く

さて、いくらたくさんの人に刺さるエッセンスが蓄積されても、それを実際に形にできなければ見てもらえない。

ここで冒頭の「結局はたくさん描くしかないよ!」論が出てくるんだと思う。

ばくぜんと「絵をたくさん描いてセンスを磨こう!」なんて考えたらたいへんだけどそうじゃなくて、

「たくさんインプットした結果、頭の中に生まれたコレをなんとか形にしたい!!」というモチベーションでたくさん描くといいよ、ということだと思う。

絵を描く人ならみなさん経験があると思うけど、たくさんインプットするといてもたってもいられず、自分でも描いてみたくなるよね……。

「絵が上手い人はもともとセンスがあるんだよ」ではなくて、

センスを磨いた人が、思いついたものをどうにか形にしたくて四苦八苦してたらいつのまにか絵も上手くなったということなんじゃないか。

センスのいい人に「どうやってセンスを磨いたんですか?」と具体的なことを聞いても、そりゃあ本人には分からないわけだよなと思う。

夢中でいろんなものを追いかけて楽しんでいたら、いつのまにかセンスがピカピカになっていったのだから……。

ということは、誰でもセンスは磨ける

センスがいい人というのは、決して神に選ばれた人でもなければ特殊能力を持った人でもない。

たくさんの作品を見聞きし、たくさんの人にウケてるものを感じ取った上で、その中から生まれる「自分だったらこう描く!」というインスピレーションを形にできる人のことなんじゃないかな……。

つまり、年齢も性別も関係なく、誰でもセンスは磨ける、ということになる。

「センス欲しいけど無理……」とか言う人に限って「自分のセンスを大切にしたいから流行に流されたくない」みたいな人って多い気がする。というか、自分がそういう考えだった。

今になって考えてみると、それは違ってたなと感じます。

センスを磨くための秘訣は、絵描き以外に学ぶ

余談として、「センスを身につけるための参考書籍ないかな」と思ったら、絵描きじゃなく別ジャンルの人の話を参考にするほうがいい。

なぜなら、絵描きはノウハウを言葉で説明するのが苦手な人が多い気がするから。

絵が上手くてセンスがある人はたぶん「なんとなくやってたらできるよ」とか「直感でやるといいよ」みたいに言うから。(本当に無意識でやっていることなので、ご本人たちに悪気はない)

「そんなこと言われたって凡人の私にはわかんないよ! あーどうせ私はダメですよ」となってしまい、しょんぼりするだけで終わってしまう。

絵描きではなくデザイン畑の人、広告畑の人などの書籍は理屈が通っているので納得しやすかった。

例えば上に挙げた、水野学氏の『センスは知識からはじまる』。「日々の生活の中で、センスをどうやって身につけるのか」という根本的な考え方が書いてある。

もう一冊『アウトプットのスイッチ』。「いくらいいものを考えても、それを活かすにはアウトプットの質が大事だよ」ということが書いてある。

タイトルとURLをコピーしました