年金手帳どこやったっけ!?なときに読む記事

何かのはずみで「あれ? そう言えば年金手帳ってどこしまったっけ?」ってなることありませんか?

年金加入状況を確認したいとき、転職するとき、あとは年金受給を申請するときなどに必要になります。

またiDeCoやねんきんネットの手続きをするとき、あとは受給者本人が死亡して、年金を止めてもらうときにも必要です。(これは自分でやることはないですが)

めったに使うことがないのでつい「どこやったっけ?」となりがち。そんなとき問い合わせるアテや、無くても一時的に大丈夫な方法、再発行(簡単にしてもらえますが一ヶ月ほどかかります)のやり方についてまとめてあります。

家になければ会社で保管されているかも

家の心当たりを探しても、どうしても無い、という場合、会社で保管されているかもしれません。

就職するときには「私はこの会社に就職して、給与から厚生年金保険料を払います」という手続きをしなければなりません。(会社のそういう業務の人がやってくれます)

その際、会社のそういう業務をする人から「年金手帳を提出してください」とお願いされていると思います。

そのときに提出して、そのまま、という人が意外といるようです。

手続きが終わったらすぐに返却する会社が多いようですが、「会社管理か本人管理かどっちにしますか?」と聞いてくれる会社や、中には「個人で持たせとくと失くして面倒なので基本的に会社が管理します」という会社もあるんだそうです。

なので、まずは会社に問い合わせてみることです。

あとは、配偶者を扶養に入れる場合(国民年金第3号被保険)にも、本人と配偶者の年金手帳を会社に提出する必要があります。

その際、例えば妻の年金手帳もいっしょに夫の会社に保管されているということもあり得ますので問い合わせてみましょう。

また、ずっと公務員で共済年金の人の場合、そもそも年金手帳は交付されていません。そのかわり「基礎年金番号通知書」というのをもらっているはずです。

その場合も同様に、「基礎年金番号通知書」の再交付をしてもらうことが可能です。

年金手帳が無くても基礎年金番号がわかればOK

就職などで「年金手帳を提出してください」と言われた場合、そもそも年金手帳の何が必要かというと「基礎年金番号」です。

なので、年金手帳がどうしても見当たらない場合は「基礎年金番号だけでもいいですか?」と聞いてみましょう。たいていの場合は大丈夫です。

また、マイナンバーと基礎年金番号の紐付けも進んでいるので、「マイナンバーだけではだめでしょうか?」と聞いてみてもいいかもしれません。

基礎年金番号は年金手帳以外にも「ねんきん定期便」にも書いてありますし、国民年金保険料納付書にも書いてあります。

それも無いよ! 何にも無いよ! というときはマイナンバーカードを持って年金事務所の窓口に行き、基礎年金番号の照会をお願いすることができます。

年金手帳の再交付のしかたについて

基礎年金番号やマイナンバーでも一時的にはなんとかなりますし、今は年金手帳は廃止に向かっているので、行政の手続きで年金手帳の提出は求められないことになっているはずです。

でも、紙至上主義の企業はまだまだあります。今の会社は基礎年金番号だけで済んでも、次に転職する会社が「絶対に年金手帳本体を持ってきてください。あなたの世代なら発行されてますよね? 無くしたんですか? つまりあなたは国から発行された書類を無くすような人間なのですか?」と言ってくることも無くはないです。

この感じだと手帳本体が無いと面倒なことになる可能性もまだまだありますし、失くしたと気づいたときに気が向いたら再発行をしておきましょう。

正式には「再交付」と言って、「年金手帳再交付申請書」に必要事項を記載して提出します。

年金手帳再交付申請書がもらえる場所

「年金手帳再交付申請書」は日本年金機構のHPからダウンロードできます。もちろん、紙で欲しい場合には市町村役場や年金事務所でももらえます。

提出先は年金の種類によって違うので注意

提出する先は、

フリーランスや無職状態の人(国民年金第1号被保険者):市町村役場

会社員、船員の人(厚生年金・船員保険の被保険者):住所地の年金事務所

会社員の配偶者(国民年金第3号被保険者):配偶者の会社があるところの年金事務所

最寄りの年金事務所は日本年金機構のHPで分かります。

申請書を出したら、その後一ヶ月くらいで郵送されて来ます。

即日交付はルール外だが可能なこともある

どうしてもという緊急の場合、年金事務所の窓口に直接行って、即日交付をお願いすることもできるようです。

が、原則として「即日交付はしない」という規定があるので、できないこともあります。

それに、上に述べたように「どうしても年金手帳じゃなきゃダメ」ということはほとんどありません。「基礎年金番号」さえ分かれば手続きはできるので、どうしても「手帳」が今すぐ必要ということってまずないと思います。

それでも何かよっぽど特殊な事情があって、どうしても即日交付をお願いしたい場合(そんな場面はなかなか想像できませんが)、ダメ元で出向くときに必要なものは、

  • 本人確認できる書類(運転免許証やパスポートなど)
  • 基礎年金番号かマイナンバー
  • 年金手帳再交付申請書

かつ、原則として本人が行く必要があります。

影が薄すぎて忘れがちな年金手帳ですが、いざ基礎年金番号照会だ再交付だとなるとなかなかに面倒なので、気づいたときに確認しておくと安心だと思います。

あとはセキュリティの安心なエンディングノートなどに基礎年金番号を記しておくと、自分が不慮のことで亡くなった場合も遺族が年金手帳を探し回らなくて済みますね。

タイトルとURLをコピーしました