二次創作の描き方が分からない? まずは顔漫画・紙芝居から始めよう

「二次創作の漫画を描きたいけど、描き方が分からなくて描けない……」

「ネタはたくさん思いつくのに、技術が追いつかなくて漫画が描けない」

という人向け【まずは顔漫画でもいいじゃない。ネタを形にするクセをつければ技術はあとからついてくる】という記事。

「私も二次創作したい! ネタはいろいろ思いつくのに、漫画の描き方が分からないから描けない」という人ってけっこう多いんじゃないかと思う。

でも"正しい漫画の描き方"なんてものは無くて、"上手い人っぽい人が描くそれっぽく見える漫画っぽいもの"があるだけなのです。

"上手いっぽい人が描くそれっぽく見える漫画っぽいもの"を描こうとするとそれなりに年月や研鑽が必要になってしまうので、最初からそこを目指すとそりゃ無理だよねってなってしまう。

でも漫画家になりたいわけじゃないんですよね? 二次創作の漫画を描いてみたいんですよね?

ならばまず、せっかくの二次創作なのだから、"思いついたネタを形にして、同好の士と共有して楽しむ"をやってみてほしい……。そのための、漫画の描き方の初めの一歩についてを提案する記事です。

※二次創作というのはデリケートな部分がある創作なので、自分のジャンルが不安な場合・よく分からない場合はまず著作権やジャンルのルールなどを確認しましょう。

二次創作の描き方が分からない? まずは顔漫画・紙芝居から始めよう

「ネタをたくさん思いついているけど、絵が上手く描けないから無理」と言う人に「うおーそんなこと言わずに見せておくれよー! 上手く描く必要なんてないじゃないの、見せてよー!」と思ってしまったことないだろうか。

そう、みんな別に漫画が上手いかどうかなんて気にしていなくて、"あなたが思いついた、あなたの中のネタを見たい、あなたのキャラ解釈を読みたい"のだ。

要は、あなたの思いついたネタが伝わればそれで十分なのです。

そこで漫画っぽいものを描き始める最初の一歩として、【顔漫画】と【紙芝居】を提案したいと思う。

まずはバストアップが続く【顔漫画】でもいいじゃない

【顔漫画】って自虐のときとか他人の漫画をけなすときに使われる言葉だけど、例えばこちらの比較ツイート。

確かに左の【顔漫画じゃないほう】の方が上手いっぽく見える。漫画が描ける人っぽく見える。「漫画を描けない、描き方がわからない」と言う人は、こういうのが難しくて描けないよってことですよね?

対して、【顔漫画】の方は淡々と進んでいく感じで特に難しいテクニックも使っていない。

けど正直、これが推しと推しの会話なら顔漫画だろうがなかろうが、どっちでも良くない?

ある程度の表情が分かってセリフがあれば話はわかるもん。

拙かろうがなんだろうがあなたの中の推しを読みたい。

二次創作というのはそこがいい、そこが肝なんだ、とも言えるわけです。

「ネタは浮かんでる、バストアップのイラスト程度ならなんとなく描ける、キャラの表情もそれなりには描ける、でも全身を描くのはまだまだ自信がなくて、あと動きを描くのも苦手で、漫画なんてとてもとても……」

いやもうそれ9割描けてるのでは……4つ四角を描いてその中に顔とセリフを描き入れて私にそのネタを読ませてください!

バストアップとセリフの吹き出しが描ければもうそれは立派な漫画だ。

キャラの描き分けが不安なら吹き出しの色を変えてもいいし、背景なんてなくて「※ここは厨です」「※なんかすごいゴージャスなホテルの部屋」とかでいい。

こちとら推しキャラが会話しているのを読みたいので、あなたが思いついたそのクスッとなるネタを描いてくれたらとても嬉しいのです。

「顔漫画ですみません……」なんて書いてあっても、正直何がすみませんなのか私は分からないときが多い。

せっかくの二次創作なのだから、あなたと私の推しキャラのネタをたくさん共有したい。

「拙くて恥ずかしいからいやだ、描かない」「下手だと思われるのが不愉快だから描きたくない」というのはもう個人の中の問題なので私には立ち入ることができないけど、「描いてみたい! けど漫画なんか描いたことないし描き方分からないからな〜」という人には、ぜひ【顔漫画】からでもおすすめしたいのです。

まずは同じ構図が続く【紙芝居】でもいいじゃない

「ネタとかセリフは思いつくけど構図が思いつかなくて……」「あと表情描くのもあんまり得意じゃなくて……」というなら真正面とか真横など固定の構図からキャラを描く【紙芝居】ふうの漫画でも十分。

というかそこまで描いてくれたらもうすでに最高では……?

【紙芝居漫画】というのも自虐で言うことが多いけど、紙芝居ってすごいよ。

例えば歌舞伎の舞台だって、正面から引きでそのまま描いたときに絵になるようにできてる。

つまり紙芝居。紙芝居は伝統芸能です。

漫画だとキャラの表情に寄ったり俯瞰だアオリだって構図を変えたりとテレビドラマっぽい手法を駆使するけど、そんなことしなくても【紙芝居】で物語の盛り上がりが表現できるってことだ。

描き続ければ漫画は上手くなってしまう

【顔漫画】や【紙芝居】でも十分に伝わるけど、描き続けていると「もっとこういうニュアンスを上手く伝えたい」とか「もっと雰囲気を盛り上げたい」という気持ちも出てくると思う。

そうすると、いつのまにか描けるようになってしまう。

これは魔法ではない。

例えば「どうしてもこのコマに背景を描きたい!」という気持ちになると、知らず知らずのうちに資料になる街角の写真を撮っていたり、知らず知らずのうちに他の人の漫画の背景に目が行くようになって「こういうふうに描いたらいいのか」とインプットしたりと、自動運転で学んでしまう。

また「もっと複雑な表情で表現したい! 推し君の気持ちをこのコマに込めたい!」と思えば、これまた無意識でインプットやらデッサンやらしていつの間にか技術を習得してしまう。

絵が上手い人に「どうやって絵が上手くなりましたか?」と聞いても「分からない……」と言うけど、自動運転で無意識にやっているので本当に"分からない"んだと思う。

二次創作のパワーというのはまさにここにあって、"どうしても描きたいものがあるから、嫌でも絵や漫画が上手くなってしまう"のだ。

×漫画が描けないから、ネタを形にできない

○ネタを形にしていると、いつの間にか漫画が描けるようになってしまう

【顔漫画】や【紙芝居】というシンプルな書式でまずはネタを形にしてみるところから、初めの一歩を踏み出してみませんか。

「【顔漫画】で描いていて楽しくて十分伝えられた、満足!」となればそれでもちろんいいし、「【顔漫画】だけでは私の中のこまかいニュアンスが伝わらぬ……!」となればあとは自動で上手くなってしまうのでそれはそれでもちろんいい。

ただどちらの場合も、最初の一歩は自分で乗る必要がある

漫画が描けるか描けないかなんて、そこで乗るか乗らないかだけなのです。

二次創作ってけっこう大きな衝動なので、「私も描いてみたい!」という気持ちが湧いてきたのならガッと行ってみてほしいです。

タイトルとURLをコピーしました