二次絵が似ない&自分絵との兼ね合いが難しい…おすすめの練習方法

「二次創作を始めたんだけど、原作の絵に似せて描けない……」

「自分絵の二次イラストを描きたいんだけど、兼ね合いが難しいんだよね……」

という人向け、【模写とトレースをやってみるといいかもしれません】という記事。あなどるなかれ、トレースは意外と役に立つ練習方法。

「私も二次創作をしてみたい! マンガ絵なら昔描いていたし、自分にも描けそう」と思っていざ描いてみたら原作の絵に全然似ない……! とショックを受けたとか、

自分絵で二次絵を描きたいんだよ〜! でも自分絵で描くと似なくなるし、かと言って原作の模写だけしてても二次創作ができないジレンマ……」

そういう場合は模写とトレース練習をするのが結局近道かもしれないです、という記事。

ポイントがあるとすれば、

  • 最初から自分絵で描こうとせず、まずは原作そっくりに描いてみる
  • 模写とトレースを並べて描いてみる

この2点について書いていく。

二次絵が似ない&自分絵との兼ね合いが難しい…おすすめの練習方法

自分のまわりの商業で描いているような絵うまな人々でさえ「新しいジャンルの二次絵が似ない! うわーこのキャラ難しい!」とよく言っている。

でも何度からくがきをアップしているうちに二次絵と自分絵がほどよくなじんで最高になっているんだよね。

そう、それをやりたいんだよ……原作に似てるのに自分絵のテイストも出ていて最高なそれを……!

そして絵うまな人々は言う。

「なんとなく適当にらくがきするうちに描けるようになった」

これは意地悪で言っているのではなく、意識してやっていないから説明できないだけなのだ。代わりに私が説明します。

まずは模写をしてみる

絵うまな人でも、みんながみんなではないだろうけどやはり模写をしている。

絵うまな人の家に泊まりに行ったりすると、たいていそういった痕跡を見つけることが多かった。

原作アニメを見ながらクロッキー帳に推しのいろいろな表情を描き写している人、原作コミックや設定資料集をもうワンセット買ってクリップでページを留めて模写している人、ゲーム画面をキャプチャしてカメラロールに溜めて、たびたびそれを見て描いている人……まわりの絵がうまい人はみんな熱心に原作の推しを見つめている。そして呆れるくらいに描いている。

しかしそれは練習ではなく「ハ〜今日も推しを好きでよかった」という祈りというか呼吸みたいなものなので、その"練習"を表に出すことはない。(原作をそのまま模写したものをSNSにアップするのは著作権的にも微妙だし、ただの呼吸なんて見る人もつまらないだろうから、というのもあるだろう)

その推しへの祈りを毎日繰り返しているうちに二次イラストへ自分テイストがにじみ出し、"二次絵と自分絵がほどよくなじんで最高"なアレになっているのだ。(二次イラストを描き慣れている人の場合、模写をすると同時にもう自分絵に変換できちゃってるようなことも多い。)

もちろん「私も絵は上手いけど、あまり模写はしないよ」「模写なんかしなくても自分は描けてるんだけど……」という人もいるでしょう。上手い人はわざわざ模写練習をしなくとも見ただけでも描けるのだと思います。ただこれは「二次イラストを似せて描けないよ〜!」というお悩み向けの記事なので、それならこんな練習はどうでしょうという提案にすぎません。

「えー、だって模写をしたら自分絵にならないよ……」

「模写をするといいのでは?」と言うと「だってそれじゃ原作絵そのままになっちゃう。真似して描いてたら自分絵にならないじゃん」と不安に感じる人もいるかもしれない。

これは「自分のオリジナリティが失われるからデッサンなんかしたくない」と言う人にも共通するのだけど、まずは基本を身につけなければオリジナリティも生まれてこないのではなかろうか。

例えば音楽を習うと【聴音】というのをやらされる。先生が弾く音を聴き取ってそれを譜面に起こすというやつだ。私もピアノを習っていたけど、聴音はゲーム感覚で好きだった。しかし中には「自分は作曲をしたいんであって、既存の曲を聴き取るこんな練習は意味がない」と言う人もいるようだった。

それに対して、こんな説得力のある答えがある。

まずは、他人の鳴らす音を正確にキャッチし、譜面に起こしてみる。

絵を描くことで言うと、これが原作イラストを模写する練習に当たるんじゃないかと思う。

他人の鳴らす音を正確に聴き取って書き起こしているうちに、自分の中でアレンジの音が加わってそれが自分テイストになっていくんじゃなかろうか。(手練れの人はこれが同時にできたりする。)

歌舞伎役者がよく言う、「【型破り】と言うけど、【型】を身につけてからじゃないと破れない」というのにも通じると思っている。

聴音や模写をゲーム感覚で面白がれるのか、「こんなことする必要は? 意味は? 自分はオリジナルを生み出したいんですけど!」とイライラするのか。ここが境目にもなるだろう。

「本当に模写やれば上手くなるの? 本当に? 確証は?」

「上手くなる確証がないなら模写なんかやりたくない」と思うのか、「"模写は推しへの祈り"か〜自分もそれやろう笑」と思うのかは人それぞれ。

もちろん練習方法には、合う合わないはある。

また、ちょっとだけやって上手くなる前にやめてしまえば「模写なんか自分には意味がなかった! 模写で上手くなるなんてウソだ!」ということになる。

上手くなるまで続ければ「やっぱ模写ってすごいわ! 模写だいじ! ありがとう模写!」ということになる。

でも、とりあえずはまずやってみなければ、合う合わないも続くか続かないかも分からない。

コピー用紙やクロッキー帳と鉛筆があれば今日からでも始められる。

個人的には、大きい紙面にいっぱい描くのが伸び伸びできておすすめだけど、サイズ関係なく自分の使いやすい好きなものでよいと思います。

あらゆるクロッキー帳あるね今! 検索するたび増えててびっくりしちゃう。

「模写してもうまく似ないんだけど……」

初心者、またはそれに近い人の場合、「見て描いても似ないんだけど……」ということもあるかもしれない。

"ちゃんと見て描いてるのに似ない"ということは、初心者でも熟練者でも起こり得る。

そういうときにおすすめしたいのがトレース練習だ。

最近は見て描くことを【トレス】と言ったりして用語の混乱が起こりがちだけど、ここで言う【トレース】は"写して描く"本来の意味のほう。

写して描いて終わり、ではなく、模写とトレースを並べてセルフ公開処刑してみるとさらに良い。

どこを見られていないか、どこを描けていないか、どこが手癖なのかを、自分で自分に突きつけることができる。

私もたまにやって「○十年描いてきてこれか〜私の半生なんだったのか……」とショックを受けているけど、これも慣れるとだんだん図太くなってきて「あーここが描けてないね! ハイハイ、アンタここがずっと治らないね!」と持病を診る医者みたいな気持ちになってくる。

自分の持病が分かっていれば、絵を描いていて「あれ? なんか違和感あるな、どこが変なんだ?」と思ったときにも問題点を見つけやすい。これは心の安寧にもつながります。

以前にもこんな記事を書いているので、詳しいやり方はこちらを。

"画力が上がる"というのはまた別の話

「二次イラストが原作に似ない」というときは初心に立ち返り、模写やトレースをしてみるとよいかも、という記事でした。模写は推しへの祈り。

もちろんこれは"原作絵に似せて描けるようになって、自分絵とうまいこと融合させて二次創作をするまで"の話で、"画力を上げる"というのはまた別の話になる。

それは一度に語り尽くせる話ではないと思うので。

「原作絵に似せて自分絵が描けるようになってきた! そしたら今度はもっと画力を上げたくなってきたんだよなあ……」と感じたら、またそのときに悩めばよいのだ。

タイトルとURLをコピーしました