【Twitter】外国人からリプ来たらどう返信する?【二次創作】

「Twitterで二次創作しててたまに海外の人からリプもらうんだけど、どう返信したらいいのかな」

「推しが同じ海外の人とも交流したいんだけど、英語苦手だし自信ないな……」

という人向け【英語が苦手でも海外の人と交流できますよ!】という記事。

二次創作していると、海外の原作ファンからいいねやリプをもらうことも多い。

海外の、外国の、という分け方に私は違和感を感じるというか、多様性のこの時代、いまさら"海外の人"も"外国人"もないよね、オタクの魂皆同じ! と思っているのだけど。

ただ日本で生まれ育った人の場合、英語が苦手な人も多いので「うわー英語でリプ来たどうしよう」とか「英語でコミュニケーションなんて無理!」となってしまうことも多いんじゃないだろうか。

この記事では、英語に苦手意識があっても、海外の人と交流するコツについて考えてみた。

【Twitter】外国人からリプ来たらどう返信する?【二次創作】

最近、SNSで海外の方と英語で推しの話をする機会も増えてきた。気の利いた英語が使えればいいのになあと思うこともある。

また、Twitterで流行のジャンルの二次創作イラストを描いていると、英語のリプや海外のファンからのいいねやRTも珍しくない。

以前は「正しい英語で恥ずかしくないように返事しなきゃ」と思って気が重くなっていたけど、最近ではあまり気にしないようになってきた。

私がイラストを描き、それを見て「いいね!」と思っていいねをしてくれて、「すごくいいね、好き」みたいなリプをくれる。

ここまでですでにコミュニケーションが成立しているからだ。

簡単な英語でも十分伝わる

海外の人って「日本人は英語苦手だよね、みんな日本語で会話してるもんね」って察してくれている人が多いのか、日本人にリプするときに難しい英語を使う人はまずいない。

英語が苦手な日本人でも、パッと見て意味が分かるようなシンプルな英語でリプをもらうことが多いんじゃないかと思う。

なのでこちらも、ごく簡単な英語で返信すればいい。

絵を褒められたら「ありがとう」でいい。

thank you!(ありがとう〜!)

Thank youとしか返事できないサンキューbotで申し訳ないよーという場合は、

I’m glad you liked it!(気に入ってくれてうれしい!)

いいねをめっちゃしてくれるお礼を言いたいなら、

Thanks for the like!(いいねありがとう!)

「あなたの絵が好き。フォローしたよ!」と言われたら、

Thanks for following!(フォローありがとう!)

そんな簡単でいいの? と感じるかもしれないけど、もう絵で伝わっているのだからいいんじゃないかなと思っている。

「"絵を褒めてくれてありがとう、とてもうれしいです"って英語で言いたい。どう言えばいいの? これで文法間違ってないかな?」と英語のテストを受けんのかってくらい真面目に英訳しようとする人がけっこう多い気がする。

だって、日本語ネイティブ同士でもそんな四角四面なやりとりしない。「うわー好きです……」「ありがとです……!」と、母語なのにカタコトみたいな日本語でじゅうぶん成り立ってる。

逆に相手のイラストに対して感想を伝えたいときは、

I love it!(それ好きです〜!)

amazing!(尊い!)

これも「"あなたの絵はとても上手いです、私はあなたの絵が好きです"って言いたい、英語でどう言えばいいの? aなの? theなの?」とクソ真面目に英訳する必要はないと私は思っている。

※全部の例文に「!」が付いているのは、私が日本語のリプ返でも「!」の勢いで乗り切るコミュ障だからです。「うれしいよ!」「ありがとう!」のこの気持ちがより正確に伝わるかなと思って……。

その通りです。私もこの気持ちです。

絵文字に頼ろう

そして頼れる絵文字文化。

たとえThank youの一言でも、語尾に絵文字をつけることで冷たい印象にならない。

笑顔の絵文字でもいいし、描いてるキャラやCPにちなんだ絵文字を複数並べるとかでもいいし、描いてる推しカプを象徴するような絵文字(教会とか指輪)をつけることもできる。

pixivのスタンプ機能も、もともと海外のユーザーが気持ちを伝えやすいようにと作られたものらしいし、やっぱり絵って便利。

いっそ平易な日本語で返信する

日本の作品を好きなファンの中には、簡単な日本語なら分かる人も多い。

こちらが下手に英語をがんばってこねくり回すより、やさしい日本語のほうが却って伝わることもある。

※やさしい日本語というのは、災害時に自治体やNHKがツイートするような平易な日本語のことです。

自分の場合むしろ「(あなた英語たいへんそうだし)日本語でいいよ」「私は日本語を勉強中だから日本語でコミュニケーションしたい、簡単な日本語ならわかるから大丈夫!」と言われることが多い。気を使ってもらっている……。

今はちょいっと意味もスマホで調べられるし、こちらが日本語で返信したとてなんの困ることもない。

転載に対する価値観については明記しておく

最後にこの問題。

海外と日本では(というか同じ日本の中でさえ多様化しているので)、転載禁止については日本語でも英語でもきちんとプロフィールに明示しておくとムダなイザコザが起きない。

英語でシンプルな【無断転載禁止】についてはこちらの記事にまとめている。

もし海外の人に転載されていたら、

Please do not use my picture.(私の絵を使わないでください。)

Please do not share my contents with any third party.(私の絵を第三者へ共有しないようお願いします。)

Don’t repost.(再投稿しないで。)

慌てず騒がず冷静に伝えれば、「あ、ダメなのね? 知らなかったスマンスマン」と分かってくれることも多い。(私が見かける範囲ではたいていすんなり解決している。)

簡単な英語、簡単な日本語、絵文字で伝える

学校で英語が苦手だった経験から、英語に対して「無理」「苦手」ととっさに感じてしまう人って多いのかもしれない。

だから「"絵を褒めてくれてありがとう、とてもうれしいです"って英語で言いたい。文法を間違えたくない、間違ったら恥ずかしい、どう言えばいいの?」みたいに難しく考えてしまうのかも。

でも、簡単な英語や日本語で、文法なんて二の次で、不安なら絵文字を交えることで、海外の人とも十分に交流できてしまう。

自分もジャンルを渡るごとにドイツや台湾、カナダ、ロシアなどの人と交流してきた経験があるけど、みんなわたしの拙い英語でも文句なんか言わず分かってくれている。メールなど長文のやり取りになると「あ、ちょっとその文章わかりにくい、日本語でいいよw」って言われるけど。「日本語でおk」をもはや外国人から言われる時代ですよ。

「英語で海外の原作ファンと意思の疎通ができたぞ!」「私、海外の人と交流できてる!」という経験は、英語への苦手意識とか変なプライドを吹き飛ばしてくれるんじゃないだろうか。

これはTwitterで二次創作をしていく上でうれしいおまけだと思うのですが、いかがでしょう。

タイトルとURLをコピーしました