二次創作のルールはジャンルによって違う。まずはしばらくROMろう

「二次創作したいけどルールが分からなくて不安」

「新しい別ジャンルで二次創作をしようと思っているんだけど、界隈のルールが違って戸惑ってる」

という人向け、【二次創作のルールはジャンルによって違うので、まずはしばらくROMってみよう】という二次創作初心者さん向けの記事。

二次創作をしていると、SNSのあちこちで"ルール違反"が炎上したり"学級会"になっているのを見かけることがあると思う。

「自分も二次創作をしたいけど、ルール違反して晒されたり炎上するのが怖いんだよな」と感じてしまう人も多いんじゃないだろうか。

ルール違反の前にまず大前提として、許諾のない二次創作は著作権法に触れるということを覚えておきたい。

作品によっては著作権者(作者や出版社)が「二次創作をしてもいいけどこのラインは守ってね」とガイドライン付きの許諾をしているケースも増えてきた。

(この記事では、あくまでも許諾のある二次創作について書いています。)

二次創作のルールはジャンルによって違う。まずはしばらくROMろう

公式が二次創作を許諾してくれていても、その上で暗黙の了解があったり、ジャンルや界隈によっては独自のルールがあったりするんだよね。

ルールや無言の圧力みたいなものはあって無いようなものであり、ジャンルによっていろいろだし、無限にある。「二次創作のルールはこれさえ守ればOK!」という簡単なものではない。

なのでいつものように、私自身が炎上や学級会を見たケースについて例として挙げていくことにする。

二次創作歴が長い人にとっては「そんなの常識だよ」と感じることばかりだけど、初心者さんにとってはもしかしたらピンとこないこともあるかもしれないので、噛み砕いて書いていく。

学級会:ジャンルの人々が一つの問題について議論をし、ああでもないこうでもないと揉める状態のこと

学級会になりやすいケース(私がよく見かけるもの)

※あくまでも私がよく見かけるケースであって、ジャンルによっても界隈によってもルールはいろいろ、複雑なもの。参考程度にとどめてください。

おおっぴらにやって二次創作を嫌う人たちの目に触れてしまい学級会

公式が二次創作を許諾している場合でも"二次創作が嫌い・苦手"という人はいる。

ファンアートすら生理的に受け付けない、という人もいるし、キャラ同士の恋愛(同性どうし、異性どうしに関わらず)などを「公式以外の設定を見たくない」と感じる人も多い。

例えばキャラ同士のBLマンガを公開アカウントで普通にアップしてキャラ名のハッシュタグをつけてしまったりすると、原作ファンが検索で目にしてしまうことがありうる。

二次創作をしている側からすると「ちょっと! そんなに堂々と二次創作を公開アカウントにアップしないでよ! 恥ずかしい!」とか、「そんな妄想をおおっぴらにアップされたら我々の肩身が狭くなるでしょうが!」などとハラハラしてしまうので学級会になったりする。

心理的には【共感性羞恥】に近いかも。

これって、二次創作を始めたての人がついうっかりやらかしがち。

CPタグを適切に付けなかったために地雷を目にした人が激怒して学級会

二次創作につきもののCP(カップリング)だけど、場合によっては"○○●●"などキャラの左右がある場合があるでしょう(ここでは詳しくは書かない)。

これを例えば「これは○○●●の作品だけど、私はどっちも好きだし○○●●と●●○○両方のタグをつけておこうっと。どうせみんな両方読むでしょ。そしたら○○●●の人も●●○○の人も両方検索で来てくれるからいっぱい見てもらえてお得」みたいに安易にタグ付けしてしまう人ってけっこういるんですって。

人によっては「私は"●●○○"至上主義で逆の"○○●●"はありえない! 目にするのも嫌! 気配すら嫌!(いわゆる地雷)」という人もいるので、大事故につながったりする。

タグを適切に付けることは、検索で来てもらうためなのと同時に、見たくない人に見せないためでもあるのだ。

ということを、初心者だと気づきにくい。

自分自身がおおらかで「なんでも読むし大好き、雑食です」という人ほど人の地雷に無頓着になりがちかもしれないので、ちょっとだけ立ち止まって考えてみるといいかも。

サムネでネタバレを見ちゃった人が激怒して学級会

いま連載中のマンガや進行中のゲームなどだと、ネタバレをしない配慮も必要になる。

Twitterを開いたらサムネでキャラの衣装バレ・セリフバレをくらってしまったとか、今週号であのキャラが死ぬことを知ってしまったとか。

SNSでのネタバレに関しては「見たくないならTwitter開くな」という意見もあるんだけど、それはもちろんごもっともだけど、配慮できたらする(ワンクッション置いてふせったーやぷらいべったーを使うなど)に越したことはないかなと個人的には考えている。

無駄に周囲にケンカを売って敵をこさえる必要はないわけだし。

Twitter上でどぎつい表現をした人がいて学級会

これもちょいちょい至るところで学級会が勃発しているけど、"どぎつい表現を公開アカウントでアップしてしまい炎上そして学級会"なケース。

つい最近も、腐女子ではなく夢女子のジャンルで、実在の人物と自分との恋愛を成人向け創作して炎上してしまったケースがあった。

これは対象が"実在の人物"である点など、炎上しやすい複雑な要素がいくつか絡んでいたのだけど、成人向けのコンテンツはそもそもTwitterの規約違反になるという点でシンプルにアウトなのです。

センシティブなメディアに関するポリシー
ツイートするメディアをセンシティブな内容として設定する方法など、Twitterにメディアを投稿する際のガイドラインについて説明します。

ジャンル内で問題を起こす人がいると、そのジャンルごと白い目で見られるおそれがある。場合によっては公式から二次創作を制限されたり禁止されることもある。

そのため、仲間うちの問題行動は厳しく糾弾されることも多いのだ。

まずはしばらくROMるのがおすすめ、本当に

今まで挙げたようなことは、しばらくROMっていれば一度や二度は見かけるくらい"よくあること"。

なので「二次創作っていうのがあるんだ、へー! 私もやってみよう!」と始める前に、しばらくジャンルの中でまわりの様子を見て(ROMって)みることをおすすめする。

新しいジャンルに移動したときも同じで、ちょっとしばらく様子を見るだけでルールや暗黙の了解に気づくことがある。

二次創作にハマりたて、新ジャンルにハマりたて、という時期は、自分の作品をバンバン描いていきたい! とテンションもモチベーションも有り余っていることが多い。(ほんとみんなハマりたてはフルスロットルで行っちゃいがちだよね。)

その勢いで突っ込んで事故を起こしてしまってまわりに怒られ、しょんぼりして二次創作が怖くなってひっそりと去ってしまう……みたいなケースをいくつか目にしてきた。

それだとあまりにも切ないでしょう。

インターネットでの名言に"半年ROMれ"というのがある。

インターネットはリアルと比べて世界が細分化されているため、それぞれの世界に明文化されていない暗黙のルールがひそんでいる。

まあリアルでもそうだよね、学校でも「バイトしたいけど校則では許可されてるのかな?」と事前に調べたり先生に聞いたりするし、会社でも「掃除ってなんとなくみんなが持ち回りでやってるのね。私もできるときにやろう」と協力したりするし。

ネットでも(空気を読みすぎる必要はないけど)まわりをみて行動したほうが円滑に進むに決まっているので。

特に二次創作は法律スレスレなこともあって、デリケートな世界だ。

半年もROMってられないよ! というなら一月でもいいので、まわりの様子をきちんと観察してみると安心かもしれない。

また、しばらくROMってみたけど自信がない場合は「自分で調べてタグをつけたつもりですが、問題があったら教えてください」みたいな一言を添えてみてもいい。

「私は初心者なので、アドバイスを聞くつもりがあります」という意思表示をすることで、まわりの人も教えやすくなるので。

「二次創作のルールはこれさえ守ればOK!」っていう明確な記事でなくて申し訳ない。

だけど、そういう世界なのです。

タイトルとURLをコピーしました