「二次創作したいけどネタが思いつかない、描けない」というときの話

「二次創作したいのにネタが思い浮かばないんだよな」

「新作描きたいんだけどネタがなくて描けない」

と焦っちゃう人向け二次創作って突き詰めて考えてみると、自分の中で整理がつかない作品を整理するためにしてることが多いんじゃないだろうか?ネタが思いつかないってことは、二次創作する必要ないってことかも】という記事。

※個人的に考えてみたことなので、参考程度にとらえてください。

「あー、ネタがなくて描けない」とか「二次創作描きたいのに思いつかない」みたいな呟きって、Twitterでもたまに見かけるし、そういったおたよりをいただいたこともある。

確かに、ネタをいっぱい思いついてしまうときと、好きな作品なのに何も思いつかないときってあるよな……。

「自分の場合、二次創作ってそもそもどんなときにしてるだろう? すっごく大好きな作品でも二次創作しないこともあるし、なぜかネタがバンバン湧いてきてしまうこともあるし、この違いってなんなんだろう?」ということについて考えてみた記事。

「二次創作したいけどネタが思いつかない、描けない」というときの話

大前提として、二次創作って"ネタを思いついて、描かなきゃいられない衝動に駆り立てられてするもの"なんじゃないかなと思っている。

「二次創作しなきゃ! ネタ考えなきゃ!」と思ってするもんじゃないよね。

でも描きたいネタがあふれてくる作品と、そうでない作品ってある。

そこの違いってなんなんだろう……と自分の場合について考えてみた。

自分の中で整理がつかない作品を整理するため

視聴し終わったんだけど、自分の中で整理がつかない作品ってある。

そういうときは何度も映画館に足を運んだり、円盤なり配信なりで繰り返し視聴して、腑に落とそうとする・理解を深めようとすると思う。

「オタクってなんで同じ作品なんども観るの?」に対する答えの一つも、これなんじゃないだろうか。

それでも整理がつかないとき、二次創作という手段をカラダが知っている人は自然と二次創作をしている。気付いたら描き(書き)上がっていて、pixivにも投稿済み、って感じだと思う。

そこでハッと正気に戻り、「そうか、自分はこういう解釈をしていたんだな」と自分の気持ちがハッキリと形を持ってゆく。

そこへ他の人からの反応をもらうことで、よりいっそう形が固まっていったり、再びぼやけて再構築されたりということもあるかもしれない。

あくまでも自分にとってはだけど、二次創作ってこんな感じ。

すっごい作品を観て心にドーンと、形のハッキリしない大きな何かが巣食ってしまい、これをハッキリさせて消化して整理していずれ心の引き出しにしまうために、二次創作をしている。

なので、整理がつけばその作品の二次創作をする理由はなくなる。

ジャンルに飽きたとかではなくて、"整理がついて、引き出しにしまえるような状態になった"ということ。

なので早く整理がつけば早く撤退するし、いつまでも整理がつかなければ長く二次創作をすることになる。

流行のジャンルの移り変わりが早いのも、他人の解釈を読む機会が多くてそのぶん心の整理がつくのが早いからなのかもしれない。

長く楽しみたいから、消化しきらないように他人の二次創作もちょっとずつ読む・自分もペースを落としてじっくり二次創作をする、ということもある。

このキャラが死ななかったらどうなっていたか……

例えば物語の半ばで推しが死ぬってよくあることだけど、ifで「もしここでこのキャラが死ななかったらどうなっていたか……」と考えたり。

どう考えても何かの大人の都合としか思えない死に方をした場合、推しが死ななきゃいけなかった納得のいく理由を自分なりに生み出したり。

二次創作には、死んだキャラを転生させたりという創作形態もある。

キャラの関係性にこんなことがあったんじゃないか……

作品内で深い絆で結ばれている二人のキャラ、なんでそんなに信頼しあっているんだろう……それには過去の事件が……というのが本編内で語られないこともある。

逆に、本編中ではいがみあっている二人だけど過去は違っていて、いったい何があったのか……みたいなこともある。

なんかすごいグッとくる過去があったはずなんだけどそれがハッキリ語られていない場合、「こんなことがあったんじゃないか」「この二人が持ってるお揃いのコレってこういう経緯があるのでは?」みたいなことをいくらでも想像できる。

ひとしきり想像して、自分を納得させ、落としどころを作るというか。

悲しい結末に終わってしまった部分をハッピーにしたい……

主人公たちの未来はこれからどうなっちゃうんだろう、みたいな終わり方だった場合、ハッピーな未来を作り出して自分の心の整理をつけるというのもある。

二次創作なら悲恋に終わってしまった二人を転生させて再び出会わせることもできるし、世界が壊滅してしまったあとで主人公たちに復興させてもらうこともできる。

半ばで終わってしまった作品を、自分なりに完結させるため

あとこれは自分のケースなんだけど、大好きだった小説のクライマックスで作者が急逝し、未完のままで終わってしまったことがあった。

コミカライズもされて一応は完結したんだけど描かれていない部分も多く、ファンの中では未完のままという感覚が大きいと思うんです。

自分も、自分なりに整理がつくまでけっこう長い期間をかけて二次創作をしていた。

何かの理由で打ち切りになった作品でも、ファンの気持ちの中では同じようなことが起こると思う。

キャラクターって、ファンにとってはただのキャラクターではなく、思い入れの強い実体感をともなう存在だし、物語中の世界も実際にある気がする大切な世界だし。

「ああそうですか、読めなくなるのは残念ですけどしょうがないですね」ってわけにはいかないよね……。

思いつかないときは描かなくてもいいときなのかも

もちろん、こういう理由がないと二次創作しちゃダメってことでは全くない。

「あの新作アニメ、造形が好きなキャラがいるから二次創作しようっと」でも全然いいと思う。

ただ「流行のジャンルで二次創作したいけど私はネタが思いつかない、発想力がない自分って……」と焦ってしまうとかなら、「そういうときは二次創作しなくて大丈夫なときなのでは?」ということです。

「二次創作のネタが湧いてこないってことは、私はこのジャンルに対して愛が浅いのかも……」というお悩みも、自分は違うと思っている。

その作品が大大大好きでも、自分の胃腸にジャストフィットでスッキリ美味しく消化できれば二次創作しなくてもいいわけだし。

SNSで他人の描いた愛のあふれた二次創作を見る機会も多い。

「何十回観た」みたいなことをTwitterで目にする機会も多い。

「私はそこまでじゃないから、この人に比べて愛が薄いのかな……」って感じてしまうかもしれない。

でも自分はこの作品をそこまでしなくても消化できたんだな(自分の胃腸がちょうど対応していた)、というだけの話だと思うんです。

ウシとかヤギは反芻をしながら消化する。歯のないニワトリは砂粒を餌に混ぜることで、砂ずりで食物をすりつぶして消化する。獲物を丸飲みするワニも、石を飲み込んで中ですりつぶして消化を助ける。

消化の仕方はそれぞれで、元気に生きていければその生き物にとってそれが正しいわけです。

普段は消化管一方通行で消化している人も、クソデカ感情を呼び起こす作品に出会ってしまったら、消化のために砂粒が必要だったり反芻が必要だったりすることもあるでしょう。

そんなふうにきっと、どうしても二次創作しなきゃいられない作品に出会うときって来ると思うんです。

そのときはきっと、自然に二次創作をしていると思います。

タイトルとURLをコピーしました