【Twitter】交流をめんどくさくしない考えかた【二次創作】

「Twitterで二次創作をしているけど、ジャンル内での交流がめんどくさくなってしまった」

「Twitterの交流がめんどくさくて創作する気力まで薄れてきた」

という人向け【Twitterの交流をめんどくさくしない考えかた】についての記事。

Twitterで二次創作をしていると、とにかくしがらみやら大手の圧力やら義理のいいねやら、めんどくさいことが多い。

(大手が嫌いでめんどくさいときの私なりの対処法は別の記事に書いている。)

大手がうんぬん以外にも、ジャンルの話をしなきゃとか、相手の描いたものを褒めなきゃとか、挨拶しなきゃとか。

これがめんどくさいで終わっているうちはまだいいほうで、いずれこれが苦痛になって、苦痛を受け続けることで無気力になって、創作する意欲まで失った……みたいな人もたくさん見かける。

でもこれって「慣習に則って交流しなければ」と生真面目に考えてしまっているからで、そもそも交流の仕方に正解なんてない。

この記事では、【交流をめんどくさくしない考えかた】について私のとっている方法を書いていく。参考になる部分があれば参考にしてみてください。

  • 「交流の仕方がわからない」→"いいね"だけでも交流だ
  • 「中身のある交流ができない」→意味のない会話でも会話すること自体に意味がある
  • 「Twitterでちゃんとしなきゃと身構えちゃう」→プロフィールでテキトウ感を醸し出そう

主にこの3本でお送りします。

【Twitter】交流をめんどくさくしない考えかた【二次創作】

"いいね"と感じたものに"いいね"するだけでも交流

そもそもTwitterって、気になるアカウントをそっとフォローして"いいね"だけで交流できるのが画期的なSNSだった。

"いいね"と感じたものに"いいね"する。

これはもう立派な交流なわけです。

絵を描いてTwitterにアップして、同ジャンルのフォロワーさんから"いいね"をもらったら嬉しいと思うんだけど、どうだろう。

「この人、たいてい私が絵をアップしたらいいねしてくれるなあ……私の絵を気に入ってくれているのかも」

「この人、○○△△のこういうシチュエーションのイラストを描くといつもいいねくれるけど、こういうシチュがツボなのかな? 分かる、こういうの私も好きだもん! ね、いいよね〜」

などなど、嬉しい気持ちがわきあがってきたり、相手の好みに思いを馳せたりするんじゃないだろうか。「この人勝手にいいねしてきてなんなの? キモいんだけど」とか「いいねだけで済ませるなよ、楽しようとしないでちゃんとリプで感想を言えよ!」とは思わないはず。(どうだろう、思いますか?)

絵を描いてそれに"いいね"をもらって嬉しいなと思えば、もう十分に交流できている。

人の絵に「これいいなあ!」と思って"いいね"すれば、もう十分に交流できている。

「リプ失礼します! あなた様の絵が好きです! 突然失礼しました!」とか言葉にしなくてもいいというか、むしろこんなリプするのももらうのもどこかしらじらしいし、それこそこれがめんどくさいんでしょうよ。

自分が"いいね"をもらって相手の好意を嬉しく噛み締めることができるなら、相手に対しても好意を"いいね"で伝えればいい。

"いいね"で伝わらない相手、「何あの人、いいねしかしてこないんだけど何様?」とかもし言うような相手には、きっといくら言葉を尽くしたって伝わらないと思うんだけどどうでしょう。

なんでもない普通のことを話すだけでも交流

また、「ここは○○垢だから○○ジャンルの話ををしなきゃ」とか「相手の描いたものを褒めなきゃ」みたいなのもTwitterをめんどくさくしていると思う。

けど、なんでもない交流、中身がない交流っていうのが、実は人と人との距離を縮める。

精神科医のシロクマさんが、こんなことを書かれている。(少し前の記事だけど)

いかに意味のある言葉を交わすかよりも、コミュニケーションすること自体が人と人との距離を縮める。ということ。

例えばマンションの隣の部屋の人とエレベーターで乗り合わせたとき、下手くそな愛想笑いとともに「おはようございます」って言葉を交わす。それだけでお互い知らない人じゃなくなるし、「隣こういう人なのか」と一気に距離感が近くなった経験はないだろうか。

隣人と顔見知りになっておくことで隣人の生活音が気にならなくなるし、災害のときに助け合ったりしやすくなる。

Twitterでも「うわっ今日寒い」「自分の地域雪マークです(雪の絵文字)」「えっやばいですね笑」みたいなんでいいわけです。

フォロワーさんたちとなんでもない交流をしておくことで、お互いの気持ちにへんな波風が立たずに済んだりする。

いわゆる【コミュ障】の人って、私もそうだけど、「中身のあることを言わなきゃ、えーとえーと」と思ってモタモタしちゃう。

だからリプをするにも「こんな中身のないこと言っても仕方ないし」「内容のないリプは迷惑だしすべきじゃないよね……」とかってどうしようどうしようってなって(←この過程がめんどくさい)、結局やめてしまう(←あーまたコミュニケーション出来なかった、私って交流苦手だわ、Twitter向いてない……と落ち込んでしまいさらにめんどくさい)

(逆に、自分がフォロワーさんからなんでもないリプをもらったとして「は? 天気の話なんかに反応すんなよ、どうせリプするならイラストの感想をリプしろよ、それとも下手なイラストにはリプなんかできませんってか?」などと思うだろうか? そんなことないと思うけど、どうでしょう?)

ジャンルとかキャラ解釈の話は打ち解けてからすれば良い。むしろ知らない同士で解釈違いだったら気まずくなるし、深い部分はお互いの人となりがわかってからのほうが安全かもしれないまである。

それまでは会話の中身なんて気にしなくてよくて、むしろなんでもない会話をすることを意識するといいかもしれない。

この人のつぶやきや絵を見たいな、と思う相手だけフォローする

同ジャンルの人をかたっぱしからフォローすると、そりゃあ当然中にはめんどくさい人がいると思う。

「いいねで済ませないでリプで感想を言うべき」とか「解釈違いは許せない(と四方八方に攻撃的なエアリプしまくり)」みたいなめんどくさいルールちゃん&マナーちゃんとか。

「公式はメンテ延長について謝罪してほしい、がっかりした気持ちに責任をとってほしい」「こっちはお金払っているのに悲しい気持ちです」みたいなめんどくさいお気持ち軍団とか。

なのでフォローするときは「この人のなんでもないつぶやきが好きなんだよな」と思える相手とか「この人の描く絵が好きすぎて見逃したくない」と思える相手だけ、大切にフォローする。

「この人めんどくさい人だったわ」と思ったら定期的にフォロワー整理して外しちゃう。

Twitterがめんどくさい、という場合、そのTLを作っているのは自分なのですよね。

めんどくさい人をフォローするからTwitterがめんどくさくなってしまう。

同ジャンルでも同カプでも大手でも知り合いの知り合いでも、ピンとこないならフォローしなくていいのだ。

「でも逆恨みされそうでめんどくさい人をブロックもミュートもできないんだよ……!」という人はこちらの記事も参考にしてみてほしい。

鍵アカウントにして自主的に交流を制限するのもおすすめ

いっそのことフォロワーは気の合う人だけにして鍵アカウントにしてしまうのもおすすめ。

こうすれば、日々新たなフォロワーが出たり入ったりしてそのたびに「フォロー失礼します(お辞儀の絵文字)あなた様の絵が好きです!」「こちらこそあなた様のイラストTLでお見かけしていいなあと思っていました!よろしくお願いします(お辞儀の絵文字)」みたいな謎のめんどくさい儀式をしなくて済む。

プロフィールで"テキトウ感"を醸し出しておく

それでもTwitterのめんどくささにドキドキしてしまう人は、プロフィール欄で"私のTwitterはテキトウです感"を醸し出しておくのをおすすめしたい。

「TL全部追えてないときがあります」

「好きなツイートにいいねしまくっちゃいます」

「フォロー・リムーブはご自由にどうぞ!私も好きにしちゃってます」

「フォロー返しは気づいたときに気まぐれです(漏れがあったらすみません)」

みたいな感じで。

"もともと私はTwitterを適当にやってる人ですよ〜"ということを明示することで、相手が「フォロー返ししてくれないじゃないの! なにこの人!」とか「この人私の絵に反応してくれない! ミュートされてるのかしら!」といっためんどくささを出してくることもなくなる。

プロフィールにテキトウ感を醸し出すことで自分の中でも「Twitterなんて適当でいいんだよなあ」「私はTwitterを適当にやる人だぞ!」という健全な気持ちが育ってくる。

Twitterをやめちゃってもいいけど、悔いが残るくらいならシフトチェンジを

思いつめちゃうくらいならTwitterをやめるというのも選択肢の一つ。

もうこれで全部スッキリした! めでたしめでたし! ならいいんだけど、「でも本当はもっと絵を見て欲しかったなあ……」「Twitterも途中で諦めてしまったしやっぱり私はコミュニケーション苦手なんだ」とモヤモヤや苦手意識が残ってしまうと、それはそれでスッキリしない。

また、これからもっとネットでの交流ってどうしても避けて通れなくなって、苦手意識があるとどんどんしんどくなっていくかもしれない。

ここは一つ「これからはもっと適当にラクチンにコミュニケーションをしていくように、考え方を切り替えてみよう」とシフトチェンジしていくのも一つの選択肢だと思う。

シフトチェンジって言っても、上に書いてきたような「交流なんて"いいね"で成り立つ。だって"いいね"もらったら私うれしいもん」「適当感を醸し出しとけばなんとかなるさ」みたいなことでいいと思うんです。

そのほうが気持ち的にもラクだし、苦手意識や遺恨も残りにくいんじゃないだろうか。

自分もコミュニケーションに苦手意識が強かったけど、考え方を変えてから結構ずぶとくなれたと思っているので……。もし何か参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました