【初心者向け】ネットでイラストの仕事をするためのポートフォリオ

「ネットでイラストの仕事を請けるためにポートフォリオを作りたい。なるべく簡単に作るにはどんなツールがいい?」

「まだ未経験だし、載せる絵がないよ…ポートフォリオに二次創作イラストって載せて大丈夫?」

という人向け【ネットでイラストの仕事を請けるためのポートフォリオの作り方】についての記事。

※この記事では、クラウドソーシング(ランサーズやココナラ)、SNSなど、ネットでイラストの仕事を募りたい初心者さん向けの情報を書いています。アニメ制作会社やデザイン会社に就活に行くとかの場合はまた別なので、クリエイティブ系に強い就職コンサルタントに相談してください。

私自身「ポートフォリオを作って打ち合わせで見てもらう」という経験をしたこともあるけれど、「応募者のポートフォリオを見てお仕事をお願いするかどうかの判断をする」という反対の立場の経験もある。

その上で感じたのは、「ポートフォリオというのは"何が描けるか"を短時間で確認して判断するためのもの。体裁はどうでもよく、絵が見やすく見られればそれでいいな」ということだった。

自分の経験をもとに、どんなポートフォリオを作れば見やすく見てもらいやすいかについて書いていく。

【初心者向け】ネットでイラストの仕事をするためのポートフォリオ

「ポートフォリオって何を伝えるもの?」

依頼する側として、ポートフォリオで伝えてほしいのはこんなところ。

  • どんな絵が描けるのか
  • どんな絵柄が描けるのか
  • どんなソフトをどれくらい使いこなせているのか

ネットのイラスト仕事の場合、たいてい依頼人というのは、

「化粧水の広告用に4Pほどのマンガを描いてくれる人を募集したい。こちらのネームをマンガに起こせる程度にマンガのスキルがある人求む。女性向けの商品だから絵柄は萌え系よりもいまどきのすっきりかわいい感じがいい」

みたいに目的やイメージをはっきり持って、条件に合うクリエイターを探していることが多い。

その条件に合うかどうかを、ポートフォリオを見て判断したいということ。

この例であれば、ポートフォリオのイラストの画風が"大人かわいい"感じで、さらにクリスタを使用して作成したマンガの作例画像が載っていれば「このクリエイターさんは条件に合いそうだ!」ということになる。

絵をぱっと見ることができればそれで十分。

(できれば見やすく見ることができればもっとありがたい。)

体裁がどうだとか、テンプレートがどうだとか、有料ツールを使って作成されているかとか、依頼するがわはそんなケチくさいところは見ていない。

「まだ未経験で、アピールできるイラストがないんだけど……」

何も、仕事として描いたイラストしか載せてはだめ! というわけではない。

上でも書いたとおり、依頼人は、「どんな絵が描けるのかを見たい、そして判断したい」。

ポートフォリオはそのための手段である。

趣味で描いたイラストでも練習で描いたイラストでも、依頼人のニーズに沿うもの、判断のよりどころになるようなもの(※1)であれば、どんどん使ってアピールしてもらえると参考にできてありがたい。

※1 ラフイラストやらくがきなどは判断のよりどころにならない。線画→色塗り→エフェクトくらいの途中経過や、カラーバリエーションなどの差分を載せてもらうのは参考になる。

また、お仕事の実績の大小を気にしてしまうという場合。

実績というのは「私は企業や個人を相手にビジネス的なやりとりができ、問題なく納品できるクリエイターですよ」ということを示すためのものなので、プロジェクトの大小はそれほど判断材料にはしていない。(そんなでかいプロジェクト経験者を選考する機会もないですけど)

「ポートフォリオに二次創作イラストって載せていいの?」

これはいろいろな考え方があると思うけど、まず最初の原則に立ち返ってみると、

ポートフォリオはどんな絵が描けるのかを伝えるためのもの

である、ということ。

そもそも二次創作が禁止、というジャンルではダメだけど、禁止でないジャンルならポートフォリオに載せてもいいのでは、と私自身では考えている。(もちろんそのキャラ絵を販売するとかはダメなので、まずはジャンルのガイドラインを確認しましょう)

ただ、特定の作品の絵柄にそっくり似た絵しか描けないというようであれば、判断材料としては不利になる。

化粧水のネット広告に使用するマンガを、たとえば鳥山明先生にそっくりな画風で仕上げてしまったりしたら権利上の大問題が起こるからだ。

二次創作のイラストをポートフォリオに載せるにしても、キャラをそっくりそのまま描くのではなく、「キャラの誰々を自分の絵柄で描くとこんな感じにアレンジして描けますよ」みたいなことならば、力量も絵柄も判断できるし判断材料としては有用なのではないかと思う。

「ポートフォリオはどんなツールで作るのがいいの?」

ポートフォリオは見やすい・扱いやすいのが第一。

画像をまとめてフォルダに入れて圧縮してメール添付で送る、というのは送られたほうは見づらいし、それをまたどこかに保管しておかなければならない。

マンツーマンならいいけど、たいていいちどきにたくさんのポートフォリオを見なければならないのでけっこうしんどい。

その点、オンラインのポートフォリオならブックマークやフォローだけで済む。

SNSや無料のホームページサービスを利用すると作るほうも手軽だし、見るほうにとっても便利。

簡単な順に、

  1. SNS(pixiv、Instagram、Twitterのメディア欄など)
  2. Tumblr
  3. クラウドソーシングのマイページ(ココナラなど)
  4. Jindoなど無料ホームページサービス
  5. WordPressのホームページ

といった感じだけど、手間と労力からいって妥当なのは上の二つあたりかなと思うので、使い方の例や工夫するといいかもなことについて書いていく。

また最近はポートフォリオ用にいろいろなSNSをまとめられる『POTOFU』というサービスもある。すでに複数のSNSにイラストが散らばっちゃっているような人は使ってみると便利かも。

POTOFU™(ポトフ)
まとめよう、活動のすべてを。POTOFU(ポトフ)はSNSや作品投稿サイトの情報を集約して、公開プロフィールがサッとかんたんに作れるサービス。最新の作品や情報をひとつのページにまとめて、あなたの活動をサポートします。

Twitterのメディア欄をポートフォリオとして使う

自分の場合は準備もなく急にデザインの仕事をすることになったので、ポートフォリオとしてTwitterのメディア欄を使うことが多かった。

というか、打ち合わせで「Twitterやってますか? どんな絵描いてるか見ていいですか?(見ますよ?)」と聞かれてその場で見られるということがけっこうあった。

ビジネスもTwitterでやっちゃう、そういう時代なんだなと感じている。

ただしこの場合"ペットの写真とかソシャゲのスクショが大量に挟み込まれていてイラストが見つけにくい"みたいな感じだとポートフォリオとして機能しないので、それは日頃からなんとかしておく。

  • ポートフォリオとして残したくない画像はそのつど消去する
  • 見られたくないイラストは『ポイピク』などでよける
  • 仕事専用のアカウントを作る
  • モーメント機能でまとめて固定ツイートにしておく(モーメント機能は環境によって使えないこともあるので、そのあたりは注意)

tumblr(タンブラー)を使う

「Twitterをポートフォリオとして使うのは抵抗があるな……」「せめてなんかこうもうちょっとカッコつけたいんだけど」という場合はTumblrが手軽で便利だと思う。

Tumblr
Tumblr is a place to express yourself, discover yourself, and bond over the stuff you love. It's where your interests connect you with your people.

Tumblrって一昔前のSNSっていうイメージかもしれないけど、個人的にはこんな理由でおすすめしている。

  • 無料で使える
  • ポートフォリオ用のオシャレな無料テンプレートがたくさんある
  • 複数アカウントを作れるので、複数のポートフォリオを作れる
  • 独自ドメインが使える

意外と知られていないけどtumblrは独自ドメインが使えるので、「もし軌道に乗ったらのちのち本気出すかも」みたいな人は独自ドメインにしておくのもいいかもしれない。

Coca-Colaやadidas、GAPなどの企業もTumblrを使っているし、水野美紀さんの公式ブログもTumblrの独自ドメインで運営されている。

実は玄人好みで根強いファンやユーザーがいるSNSなのだ。

JimdoやWixなどの無料ホームページサービスを使う

タンブラーよりもうちょっと手はかかるけど、自由度が高いのがJimdoやWixなどの無料ホームページサービス。

自分のTwitterアカウントの共有ボタンを設置したり、スライドショーをつけたり、複数ページを作成できたりもする。

自分もJimdoを使っていたけど操作性が自分には合わず、ちょっと苦労しました。

Jimdo
国内最大級のホームページ作成サービスのジンドゥー(Jimdo)はホームページを無料で簡単に作れます。プログラミング知識も不要で、誰でも自分好みのホームページにデザイン可能。SEOやアナリティクスなど機能満載で集客に困らないウェブサイトを作れるビルダーとして大人気!
ホームページ作成 | 無料ホームページ制作ツール | Wix.com
世界1億ユーザー突破!Wixで無料ホームページを作成しよう。簡単ウェブサイトビルダーで自由にカスタマイズ。プログラミングは一切不要。自分だけの素敵なホームページをデザインできます。

ココナラやクラウドソーシングのマイページを使う

最近では、クラウドソーシングのマイページをポートフォリオとして使う人も多い。

例えば『ココナラ』のマイページにはポートフォリオ機能があるので、Twitterのプロフィールに自分のココナラのプロフィールページをリンクを掲載しておく、という使い方もできる。

(※ココナラにTwitterのアカウントを載せて誘導する、といった逆の使い方はNGだそうです。)

イラストの他にも使えるスキルやソフトの種類、経歴なども掲載できるので情報量の多いポートフォリオとして使えるし、ポートフォリオ作りの参考にもなると思う。

特にまだビジネスでイラストを描いたことがなく、感覚も何も分からない……みたいな人にとってはこういったサービスをのぞいてみると役立つことも多いんじゃないだろうか。

『ココナラ』の公式サイトで詳しく見る

WordPressでホームページを作る

この中では最大にめんどくさいしお金もかかるけど、WordPressで一からホームページを作るという方法もある。

ホームページ作るのに慣れている人や、自分のブランディングを独自ドメインでしっかりしていきたい人、がっつりイラストの仕事をしていきたい人ならばWordPressもいいかもしれない。

このブログもWordPressで作っているけど、最初がそこそこたいへんだったので手放しで誰にでもおすすめという気にはならない。

ポートフォリオでチャンスを得ることもある

イラストを仕事で描きたい、そういうチャンスがあったら生かしたい、という人なら、名刺がわりにポートフォリオを作っておくのもいいと思う。

自分自身も「趣味で絵を描いたりしてます」みたいな雑談をしていたら「そうなの? 何か描いたもの見せてよ」と言われてTumblrをその場で見せたら仕事が決まった、ということもあった。

逆に、イベント会場などで「私はこんな絵を描くんですが、何か仕事ないですか」とスマホの画像を見せてもらったこともある。

今のご時世ではリアルでそういうのは難しいけど、ネットの上でそういったやりとりをすることはできる。

「この渾身のポートフォリオで仕事を勝ち取るんだ!」みたいに気合を入れて作るのもいいのだけど、最初はそこまで気負わなくてもいいかも。

「名刺がわりに自分のイラストを見てもらえるように準備しておこう」くらいの気軽なポートフォリオから始めてみてはどうだろう。と思います。

タイトルとURLをコピーしました