楽しく絵を描けない人は、絵の仕事に向いてない?

「楽しく絵を描けない人は、絵の仕事には向いてない、なんてよく聞くけど、じゃあ私は向いてるのかな?」

という疑問について、【楽しく絵を描けるって具体的にこういうことだよ】というのをまとめている。

「楽しく絵を描けない人は、絵の仕事に向いてない」。

確かにその通りなんだけど、その言葉では不十分だと感じている。

だって、自分の描きたい絵を描くのは誰だって楽しいじゃん?

"楽しく絵を描ける"とはどういうことなのかというと、具体的にはこんな感じ。

  • 他人のイメージを形にすることを、楽しめるか
  • 自分の意向と違う要望をされても、楽しめるか
  • 依頼人とのコミュニケーションを、楽しめるか

自分の経験をもとに、それぞれ詳しく書いていく。

「依頼されたイメージを形にすること」を楽しめるか

仕事で好きな絵を描けるとは限らない

著名な漫画家からもよく「自分が描きたいことと編集が求めることが違って苦しんだ」などという話を聞く。

絵の仕事だって、自分が好きな分野や得意な絵が描けるとは限らない。

仕事で描くということは、お金をもらって依頼人のイメージを形にするということであり、好きなように絵を描いてお金になるなんてことはまず無い。

ここで「えー、好きな絵が描けないならいいや……描きたいものいっぱいあるもん」と思う人は、趣味でイラストを描いていた方が断然楽しいだろう。

自分の場合も、「これを描きたい!」というイラストは一度も描く機会はなかった。

しかしそれでも、描いたことないものを描くのも楽しかったし、「本当はこういうの描きたいんだけどな〜」なんて不満も一切なかった。

自分の描きたい絵より依頼人のイメージ優先

私が絵の仕事を続けていられたのは、「絵を描くのは好きだけど、自分の描きたい絵なんか別になかったから」だと思う。

絵に対するこだわりも少ない。

同人活動もやっているけどマンガだけでイラストは描かないし、学生のときも「好きな絵を描きましょう」なんて言われると「別に描きたい絵なんかないんだけど……」と途方に暮れていた。

自分には創作意欲がないのかと悩んだこともあったけど、だからこそ絵を仕事にすることを楽しめたのかもしれない。

我欲が無いから、依頼人のイメージを再現することに尽力できたのだと思うし、依頼人のイメージを叶えて形にしていくことに強く「楽しさ」を感じられた

つまり絵を仕事にするには、他人のイメージを形にすることを楽しめるか、ということだと思う。

SNSでお題のリクエストを募ってみるとわかるかも

そんなこと言ったって、実際に絵の仕事してみなきゃ分かんないよ……という人は、SNSでお題のリクエストを募ってみると、なんとなく分かるかもしれない。

誰からのリクエストでも、知らないキャラでも、ちょっと絵にするの難しいなと思っても「わーめちゃくちゃ言いよるなあ、よーし!」とワクワク取り組めるような人は、絵を仕事にしても強いと思う。

逆に、

「最初はリクエストに応えてたけど、描けないものをかくのはめんどくさくなってしまった」

「リクエストいっぱい来たけど描きやすいのだけ描いて投げ出しちゃった」

というタイプの人は、仕事にするのは難しいかも。

「いやいやお金もらえれば話は別だよ、仕事なら喜んでやるに決まってるじゃん」と思うかもしれないけど、自分の場合はお金ではモチベーションはどうにもならなかった。

お金をもらっても、自分が「よーしやるぞ!」と思えなければ、手なんかとても動かない。

依頼人の要望を取り入れることを楽しめるか

依頼人はたまにめちゃくちゃな要望をする

当然ながらプロで絵を描く場合、依頼人や取引先が存在する。

取引先は「お金を払って希望に沿う絵を描いてもらいたい」と思っていて、様々な要望をしてくる。

取引先の人は絵の素人だから、ときにはこだわりを持って描いた部分や「完璧だ」と思って描いた部分をめちゃくちゃにするような要望もしてくる。

例えて言うと、「このエルフの耳を普通の耳にしてください。我が社のコンプライアンス的にこの耳だと問題なので」みたいなことを言ってくる。

あとよくあるのが、「指は必ず5本描いて下さい」と修正を求められること。

イラストで手を描くときって、角度によっては5本の指が全部見えるとは限らないんだけど、「指が足りない人間を載せるわけにはいかない」と言うことらしい。(これは企業の看板やのぼりのイラストでよくある。)

そういうときにも、不自然にならないよう、自分のセンスや持ちうる全ての技術や知恵をぶっ込んで、上手いこと要望に応えなければならない。

全力で妥協案を作ることを楽しめないとキツい

絵の仕事をしていると、正直ここがいちばんストレスになると思う。

むちゃくちゃに思える修正要求があっても、自分の引き出しを全部開けて、何とかして妥協案を作れるかどうか。

そこを楽しめるかどうかが、絵を仕事にしてやっていけるかどうかのポイントだと思う。

こう書くと「そんなの無理。嫌な仕事だな……」と感じるかもしれないけど、あっちの意見とこっちのセンスでどうにか着地点を見つけるのは、知恵の輪やパズルみたいで楽しくもある。

うーんうーんと試行錯誤してなんとかなったときの快感も「楽しさ」の一つだろう。

依頼人とのコミュニケーションを楽しめるか

つまるところ、依頼人が「こういうイメージのイラストを描いてほしい」と言うのを汲み取るコミュニケーションを楽しめるかどうかだと思う。

何を求められているのか全身で探り、絵にしていく。

絵が描けない人から「こんな感じで」と言われても汲み取るのが難しかったり、「そんなの絵にならないなあ」と感じたりするかもしれない。

そんなイメージを商品にするために引き出しをひっくり返して全力で提案し、絵を描くことを楽しめるかどうか。

「自分は向いてないだろうな」って人ほど向いてるかも

絵を仕事にできるなんて思ったことはなかったし、向いてないと思っていた。

自分は描きたい絵もないし絵にこだわりも薄いから、「楽しく絵をかけます!」「絵を描くのが大好き!」ってほどじゃない。

っていうか「絵を描くのが好きだなあ〜」なんて思ったこと一度もない。

絵を仕事にする人っていうのはもっとこう、「これが描きたいんです!」みたいな熱いパッションがあって、「ここはこだわりがあるので直せません!」とか、そういうのが「楽しく絵を描ける人」だと思っていたし。

でも仕事っていうのはコミュニケーションだから、自分の描きたい絵やこだわりを貫くだけじゃ成り立たない。

安西水丸氏も、インタビューでこんなことを言っている。

僕がやっているイラストレーションというのは「絵」じゃないんですよ。

小さいときから絵は好きだったけど、それは自分の気持ち、感情や思ったことを視覚的に表現したかったから。

今も「絵」を描いているわけではなくて、依頼してくれた人の気持ちを自分の中でかみ砕いてビジュアライズしているという感じなんです。

リクナビ-就職ジャーナル(2011年7月27日)

自分の絵にこだわりを持つのがいけないわけじゃないけど、その上で"依頼してくれた人"とのコミュニケーションを楽しめないと、絵を仕事にするのは難しいんじゃないかと思う。

他人と積極的にコミュニケーションして要望を汲み取り、相手のイメージを形にすることに喜びを感じる。

それが、仕事において「楽しく絵を描ける」ということなんだろう。

意外と「別に私、絵を描くことにこだわりは無いしなぁ……」みたいな人が、絵の仕事に向いているかもしれない。

「私は絵なんか仕事にできないよ、ムリムリ」みたいに今思っている人も、選択肢の一つとして残しておいてみてほしい。

タイトルとURLをコピーしました