【2019年4月】グーグルアドセンス審査通過時の記事数・アフィリエイト広告・文字数・PV数

独自ドメインを取ってサーバを借りてブログを作るとなると、月々お金がかかる。数百円ではあるが毎月赤字ということだ。

せめてその数百円は広告で賄い、トントンにしたいという気持ちで、Google AdSenseの申請をすることにした。

ブログ開設1ヶ月、グーグルアドセンス審査を通過

2019年4月、当ブログがグーグルアドセンス審査を通過した際の記録を残しておく。

2019年4月8日の午後21時に申請して、4月9日の午前11時にメールで審査通過の通知が来た。

審査通過時『ばしでざ』のスペック

記事数:13

文字数:1000文字〜4000文字、平均2500文字程度

カテゴリ数:3つ(それぞれに記事は2つ〜7つ)

PV:最大で10人/1日

アフィリエイトリンク:3つほど貼ったまま

画像:アイキャッチ画像と似顔絵のみ

プライバシーポリシー:有り

サイトマップ:有り

プロフィール:有り

ブログ歴:1カ月

文字数、カテゴリー数はほとんど関係ない

調べた情報では「審査通過のためにはまず30記事書くこと」というものが多かった。でも最近の記事ほど「記事数は関係ない」という記述が増えてきている。

「9記事でも通過した」という人も見かけた。(ただ、そのブログは英語学習についてのもので、専門性やクオリティがべらぼうに高かった。)

当ブログは申請時に13記事。文字数は少ないもので1000字ちょっと、多くて4000字ちょっと。平均すると2500文字ほどの記事が多かった。

また、『ばしでざ』のカテゴリー数は「似顔絵」「デザイナーとして生きていく」「自分の顔を好きになる」の3つ。それぞれに7記事、4記事、2記事とバラつきがある。

開設して1ヶ月、PVは一桁(たまにSNS経由で10人くらい)なのでブログの実績も関係ないようだ。

プライバシーポリシー、サイトマップ、お問い合わせページは作った

プライバシーポリシー、サイトマップ、お問い合わせページは作った。審査うんぬんより、ブログ運営していく上で必要だろうということで。ちなみにコメント欄は閉じっぱなしです。

アフィリエイト広告は貼ったまま

アフィリエイト広告に関しては、

「アフィリエイトが貼ってあったらNGだから申請までに外しましょう」という情報と、「いやいや広告だらけじゃなきゃOKだよ」という情報が錯綜していた。

でもアドセンスに通ったらまた貼るわけだしな、と思ったので貼ったままで申請した。

ただし「ココナラ」「ランサーズ」などのクラウドソーシングの広告と、エックスサーバの広告で、どちらもこのブログの記事に沿ったものだ。

画像は無理に入れなかった

記事に画像がなきゃダメ、という情報もよく見る。

このブログではアイキャッチ画像と、似顔絵の記事なら似顔絵のメイキング、図解が必要なことならその図などを入れているが、無理・無駄には入れていない。

アフィリエイトブログだとよく見るような、フリー素材の、男の人が腕組みして「困ったぞ(と斜め上を見ている)」みたいな写真とか、スーツの女の人がこっちに人差し指を立てて「ここがポイント!」みたいな賑やかし目的の写真は使っていない。

記事を書くにあたって心がけたこと

読む人の役に立つ情報を書く

『ばしでざ』は「ネットでデザイナー業をしたい人」のための情報を発信したり、「似顔絵を描きたいけどコツがつかめない」という人にコツを掴むコツを紹介するブログとして作った。

自分の経験をもとに、「昔の私だったらどんな情報を欲しがっていただろう?」というのを基準に書いている。

「こんな経験をしました」だけではなく、「こういう経験をもとに今はこうするようにしています」「このツールを使って改善しました」という解決方法を書くようにしている。

みんなが知りたいことを調べて書く

グーグル検索をする人は何を検索するか? 何を知りたくて検索するか? ということも意識して書く。

goodkeyword」というサイトでは、どんなキーワードが検索されているか調べることができる。

ここで調べたワードをもとに、どんな情報が求められているかを分析し記事を作る。たとえば単に「似顔絵のコツ」ではなく「似顔絵で鼻を描くコツ」の記事を書くなどだ。

これは審査に通るためではなく、検索されやすくするため、ひいてはPV数を増やすために行なっている。

広告収入のためだけにブログを作ろうとするから「条件が〜」「文字数が〜」と難しくなるわけで、基本的には「誰かのためになるブログ」ならいいのだと思う。

タイトルとURLをコピーしました