下書きはうまく描けたのに、ペン入れしたら下手になる理由

絵を描いている人の悩みで、「下書きはうまく描けたのに、ペン入れしたらなんか思ってたのと違う……」というのがある。

下書きのときはメリハリもあって、立体感もあって、すごくうまく描けたと思ったのに。

でもペン入れしたらスカスカだし、表情もなんだかマヌケに見えてしまう……。

そういう人は、下書きの線を丁寧に描けていないのかもしれない。

「そんなことない、丁寧に描いてるつもりだよ!」

「じゃあ丁寧な線ってどういうこと?」

という人は、まず「丸と直線の練習法」を試してみてほしい。

そして自分がいつも丁寧な線を描けているのか、ぜひ確かめてみてほしい。

丸と線を思い通りに描く練習をしてみる

紙と鉛筆を用意する

必要なものは紙と鉛筆、かシャープペンシル。

紙はコピー用紙でもクロッキー帳でも何でも良く、鉛筆は持ちやすいBとか2Bなど柔らかめのもの。

鉛筆の持ち方だけど、正しく持てればそれに越したことはない。一般的に、それがいちばん力を入れやすくて描きやすいからだ。

が、「ちょっと変な持ち方なのにめちゃくちゃ字がうまい!」みたいな人は別に構わない。その持ち方で思い通りに線を描けているということなので。

鉛筆を正しく持てず、かつ字が下手、という場合は、「その持ち方だと思った通りの線が描けていない」ということなので直してみてもよいかも。

紙に小さな正円をゆっくりたくさん描く

用意した鉛筆で、紙に丸をゆっくりと描いていく。

ポイントは勢いをつけないこと。

なるべく正円、きれいなまん丸を繰り返し描く。

線の濃さや太さもなるべく均一を保ち、一つ一つの丸も揃えて整えて描いてみる。

これが意外と難しくて、円がいびつになったり不揃いになったりして、イライラしてくるかもしれない。

まっすぐな線をゆっくり描く

丸だけでなく、ゆっくりと丁寧に直線も描いていく。

自分の体感だけど、絵がうまい人は、フリーハンドでも丁寧に直線を描くことができる。

逆に、絵がうまくない人はシャッシャッと勢いでごまかしたりして、均一な直線が描けていないことが多い。

丸と直線の練習で得られるもの

この練習は「いかに思い通りに線が描けていないか」ということを自覚するためのもので、絵を習うときなんかに最初に教わることも多い。

ただの丸でさえ思い通りに描けないなら、もっと複雑な人間の顔やからだが思うように描けないのは当然だ。

でも繰り返していれば確実にきれいな線が描けるようになる。

絵を描くときも、この練習の感覚を思い出してゆっくりと丁寧に線を描くことを心がけてみる

そうすると、今まで「勢い」で描き飛ばして、気づかなかった自分の絵の欠点に気づけるようになる。

絵を描く前の「手ならし」としてもおすすめ

この練習は、絵を描く前に毎回ちょっとやってみるのも良いと思う。

丸と直線で自分のコンディションがわかる

絵をよく描く人は、日によって「なぜか今日は描いても描いてもうまくいかない!」というときがあると思う。

腕を使う力仕事をした後なんかはもちろん、気持ちが昂っていたりしても線に出てしまう。

絵を描く前に丸と直線の練習をすることで、「あ、今日ダメな日だ」とコンディションを計ることができるのだ。

絵を描く前に分かれば無闇にイライラしなくても済むし、そんな日は丸と線だけ描いて終わりにしても良いし、「ダメな日なりに何か描くか」と描いても良いし、休んでも良い。

自分の描きたいイメージを寝かせる一呼吸にする

絵を描く前に丸と線のルーティンをすることで、気持ちを落ち着けることもできる。

「パッとイメージが浮かんでガッと描く」と、あまり満足いく出来にならないことが多いのではないだろうか。

いわゆる「勢いで描きたいとこだけ描いた」になってしまい、これでは上達もしにくい。

描く前に一呼吸おくことで、構図を練ったり、描けない部分の資料どうしようかと考える余裕が生まれ、結果として良いものが描ける。

丁寧な線を描くことの大切さ

ペン入れしたら下手になってしまう理由

さて、ふだん絵を描くときの線も、こんなふうにゆっくり丁寧に描いているだろうか。

「絵が下手で悩んでいる」という人の絵は、線の雑さが目につくことが多い。

シャッシャッと勢いだけで線を引いているため、例えば人物の顔の輪郭なんかがやたら太線になってしまっている。

それを消しゴムで消して細く調整したりしても、もうそれは生きた線ではなくなってしまう。

これだと清書をするときにどの線を拾えばいいのか分からなくなって、「下書きのときはうまく描けたと思ったのに、ペン入れしたらなんか違う……」となってしまうのだ。

絵やマンガを「勢いがある」なんて褒めることがあるので誤解されがちだけど、線を雑にシャッシャッと描くのは、勢いとは違う。

人体なら皮膚や筋肉の張りを意識しながら、集中して一息で描ききるような線、例えばそれが「勢いのある線」だと思う。

雑な線は自分の目をごまかしてしまう

上でも触れたけど、シャッシャッとたくさんの線で下書きをすると、自分ではなんとなくうまく見えることがある。

でも線が多いことで目がごまかされているだけで、上達しているわけではない。ペン入れしたら変になってしまうのがその証拠だ。

勢いだけで「なんとなく自分にはうまく見える」下書き状態の絵ばかり描いていると、上達にはつながらない。

「絵は必ず完成させろ」とよく言われるのはこういう理由もあるのだろう。

さらにそれを「下書きだけどうまく描けたので」とSNSにアップして、いいねがつかずに落ち込んでしまう……。

そんな負のループにハマっている人も少なくないと思う。

ループを抜け出すには、

  • ゆっくり丁寧な線を描くようにする。
  • 下書きで終わらさず、ペン入れまでする。

丸と線のルーティンは、そのきっかけづくりになると思う。

タイトルとURLをコピーしました