右向きの顔を描くと歪む←左右反転に頼らず正しくアタリをとろう。

「右向きの顔を描くと歪んでしまう……」

「右向きの顔が苦手で上手く描けない!」

という人向け、【右向きでも歪まないコツと、歪んだときの直し方】について。

※右向きというのはキャラから見て右ということで、描き手からすると左向きということです。

「左向きの顔はうまく描けるのに右向きの顔が苦手」「右向きの顔を描くと歪んで変になっちゃう」というお悩みは、右利きの人に多いんじゃないかと思う。

この記事では、

  • なぜ右向きを描くと歪むのか?
  • 歪まずに描く方法について
  • 歪みを直すにはどうすればいいか

この3点について書いている。

なぜ右向きの顔を描くと歪むのか

アタリをきちんと取っていないから

"左向きの顔は上手く描けるのに、右向きの顔が歪んで下手になる"という場合、アタリをきちんと取っていないんじゃないだろうか。

「アタリって顔の十字のやつでしょ? ちゃんと描いてるよ!」と思うかもしれないけど、ごくシンプルな絵柄でない限り、顔に十字を入れるだけでは十分なアタリにはならない。

正しいアタリのとり方については後述。

そもそも右利きの人は左カーブを描きにくい

意識して描いてみると分かるけど、そもそも手の関節の構造上、右利きの人は左カーブを描きにくい。

やってみると分かる通り、右カーブは親指の力でスムーズに描ける。

でも左カーブを描くとき、鉛筆を動かす人差し指や中指に無理な力がかかる。肩もこってくる。

なので、右向きの顔を描くと歪みがちなのは自然なことなのだと思う。手が無理してるのだから。

ペンの持ち方が普通と違う神絵師ってけっこういるけど、それって人差し指や中指の負荷を減らして全方向にきれいな線を描くためにそうなったんじゃないかと私は思っている。(ちなみに私は普通の持ち方の凡才絵描きです)

歪ませずに描くコツとは

まず、アタリのとり方を変えてみる。

円のアタリではなく球のアタリをとるようになって、自分は右向きの顔もじゃっかん安定して描きやすくなった気がする。

目の位置、鼻の位置を決めるだけのアタリではなく、頭蓋骨全体を意識した補助線としてアタリをとるということ。

これはルーミスの『やさしい人物画』の模写なのだけど、頭蓋骨の骨格を把握するために球の補助線を入れて描かれている。

アタリについてはこちらの記事にも書いた。

こんなふうに頭蓋骨を球でとらえた補助線を入れて描いてみることで、「あ、耳の位置を前に描きすぎてた……」とか「今まで描いてた絵、鼻が長すぎたな」みたいなアラが発見できることもあった。

また、アタリってシャシャシャッとラフに描く人が多いと思う。

「アタリなんか必要ないくらい感覚的に描けるけど、一応アタリもつけておくか」くらいな人はそれでも問題ないけど、そうでない場合はアタリもゆっくりと丁寧に、補助線を書いているんだと意識しながら描くといいかもしれないです。

左カーブを描く練習をする

左カーブの曲線は手の関節の構造上、描くのが難しい。

けど、ある程度は慣れなので、描いていればだんだん自然な左カーブも描けるようになる。

普段から意識して描くようにするほか、絵を描く前に、円を描く準備運動をしてみると描きにくいなりに慣れてくると思う。(描きにくいのはゼロにはならない)

※円を描く練習をすることで自分が描きにくい線の向きを把握できるというメリットもある。描きにくい向きのときは紙を回して描くようにすれば良いので。

右向き顔の歪みを修正するには

デジタルなら左右反転、アナログなら裏から見てみる

右向きの顔を描いていて「なんか変だな」と思ったときは、みなさんおなじみの左右反転

「読者は左右反転しないんだから、描き手も左右反転なんかしなくていい」という意見(確か、マンガのプロの編集者のかただった)も拝見したけれど、それはたぶん「微細なズレを左右反転してまで重箱の隅をつつくみたいに見つけなくていいよ」ということなんじゃないかと思う。

自分で自分の絵に違和感を感じていて、それを直していきたいという場合は反転して直してもいい。はず。

デジタルの場合には左右反転、アナログの場合は、紙の裏から見ると歪みが分かる。

「明らかにおかしいから反転して確かめよう」というときはもちろんだけど、「上手く描けた」と思っていても反転させるとびっくり! みたいなこともあるので、自分はいつもチラッと確認するクセがついてしまっている。

アタリをとりなおして修正する

歪んでることがハッキリしたら、改めてアタリをとってみる。

上の例の場合、

  • 鼻の位置が引っ込んでしまっている
  • 顔の中心も逸れてシャクレ気味になっている
  • 耳の位置が下すぎ・前すぎ

など、アタリとのズレがハッキリと見えてくる。

デジタルなら、ちょっとしたズレは移動ツールなどで修正できる。

アナログで描いている人は、紙を裏にしてアタリを描き入れ、表から修正する。

描き直したほうが早いなら潔く描き直す

移動ツールでパーツを動かして修正するのはとても便利で、ついつい頼ってしまう。

でも目をずらし鼻をずらし、あれ? あれ? とやっていると、だんだん「おかしいのは分かるのに、どこを直していいか最終的に収拾つかなくなった……」みたいなことってないですか。おかしさに目が慣れてしまって、見失ってしまうというか。

左右反転を繰り返してチマチマ移動ツールで修正していると、絵も死にがちになってしまう。

一度描いた絵を全部無しにするのは勇気がいることなんだけど、自分としては描き直すほうが早いかなと感じる。(「仕事で描いていて納期が差し迫っている!」とか「同人誌の早割の締め切りが明日までなんだよー!」とか切羽詰まった状況でなければ。)

まわりを見ても、絵が上手い人ほど、惜しまず潔く描き直しているように思う。

後から歪みを修正するよりも、歪ませず描く練習を

デジタルだと「少々歪んだって、左右反転して移動ツールでちょいちょいっと修正すればいいんだよ」と思ってしまう。

でもそれだといつまで経っても画力がつかないし、絵は死にがちだし、無駄に時間もかかってしまう。

もしかしたら「デジタルだと上手いのにアナログで描いたら全然ダメ……」みたいな人は、このパターンが多いかもしれない。

まず自分に合ったアタリのとり方を見つけて見直すことで、最初から歪みのない右向きを描けるようにするのが最終的にはいちばん早くて良いと思う。

タイトルとURLをコピーしました