【絵が上手くならない練習法】思い当たる人は改善してみるといいかも

「長いことイラストの練習をしてるのに上手くなってる気がしない」

「毎日絵を描いてるけど、このまま練習していて本当に上達するのかな?」

と不安になっている人向け【こんな練習法は上手くなりにくいかも】という記事。

自分は小さい頃から長いこと絵を描いてきた。

悩んで美大から逃げたり「イラストは一生趣味のままでやるんだ!」と同人活動をしたりと遠回りを繰り返した結果、性格も人格もドロドロの最悪になって長いこと暗黒時代を過ごした。

そこを恩人によって救われ、デザインの仕事を経験させてもらうことでおかしなプライドと闇の衣をやっと脱ぎ捨て、今に至る。

プライドが剥がれた今やっと「自分の絵の練習はムダが多かったな」と反省することができている。

「こんな練習をすると絵が上手くなりますよ!」ということは講師でもない私には分からないしそもそも人それぞれだし言えないけど、

「こんな練習をしていると上手くなりませんよ!」ということなら自信を持って言える。

だって私は技術・メンタルともに「上手くならない練習」のプロと言ってもいい。

そんな私がやっていた、上手くなりにくい練習方法について書いていきます。

絵が上手くなりにくい練習方法

手癖で量産は上手くならない

「毎日たくさん描くぞ!」と同じ角度でバストアップだけ描いても、紙と時間のロスのほうが大きい。

手癖で量産はなぜダメかというと、

  • 描けるものしか描かない
  • 一時的に楽しいけど飽きやすい
  • たくさん量を描いていることへの慢心
  • 上達の手ごたえがなく不安になりやすい
  • かわりばえがせず、見る方も飽きるのでいいねがつかない

特に"毎日たくさん描いてる=がんばってる"という気になってしまうのが最大のダメポイントだった。

がんばってるのに、上手くならない……

がんばってるのに、いいねがつかない……

という感じで、労力のわりに報われないのでだんだんイヤになってしまう。

「これじゃ成果が出ない」と分かってもなおやり方を変えようとしないの不思議。思考停止してたのか。

〈改善方法〉

描けないものを意識して、積極的に描いてみた。

「手癖を直そう!」と思って直れば世話ないわけなので、二次創作でパッションに突き動かされ、描けないものもむりやり描いた経験は良かったと思っている。

例)マンガを描く、二次創作をする

ノープランで描くと上手くならない

なんとなく描き始めてなんとなくできあがり、SNSにアップするところでキャプションに困る……というのはただの落書きになりがち

ノープランでなんとなく描いていると、

  • 自分の欠点を無意識で避けてしまう
  • イラストの仕上がりにムラができ、安定しない
  • 何が言いたいか分からないイラストなので、いいねがつかない

描くのが苦手なパーツをごまかしたりして欠点と向き合わないので、いつまでも絵に自信がつかず不安感がつきまとう

例えば、手を描くのが苦手だからって、手を描かなくていいようなポーズばっかり描くと、"自分は描けないものをごまかしてる"という意識があるので人から褒められても喜べない

一枚の絵を完成させない練習では上達しない

下書きだけでやめたり、マンガならネームを切って終わりにしちゃったりして、「飽きたw」とか言ってSNSにアップする。

線が多いと脳がごまかされて「なんとなく描けているように」見えやすく、自分では上手く描けているつもりになってしまうことが最大の問題だったように感じる。

思った通りに描けたかどうかは、ペン入れまでしないと自分では分かりにくい。

下書き量産がさらにダメなのは、

  • 自分には自分の絵が上手く見えるので、そこで止まってしまう
  • 「上手く描けてるのにいいねがつかない!」とモヤモヤ

多線でガシャガシャ描いた絵は、自他の認識の齟齬が大きくなりがち。

自分では上手く描けている気になっているから、まわりからの反応が薄いことに不満を抱く。

「自分では上手くかけてると思うのに、いいねが少ない! なんで?」という場合、たいていこのパターンのことが多いような気がする。

私は初心者に毛が生えたくらいのときにこのゾーンに入った。

〈改善方法〉

ペン入れまで終わらせるなど、最後まで完成させるクセをつけた。

資料を見ないで描いても上達しない

「絵が上手い人は何も見ないで描くのが当たり前」みたいな誤解をしている人、けっこう多い気がする。いやいや絵上手い人ほど資料をきちんと集めてますよね……。

なぜなら、資料も集めずに描くのは手癖で描いているのと同じだから。そうすると、

  • 想像やごまかしになる
  • 作品に説得力が薄く、引き込まれないのでいいねがつかない

絵が上手い人ほど、資料はしっかり集めてしっかり見ている。(どこまで忠実に見て描くかはまた別として)

〈改善方法〉

描けると思ったものでも資料を集めるクセをつけた。(自分を疑うようにした)

見ないで描けるくらいに描き慣れたものでも、資料は随時更新して確かめるようにした。

※ただし、ネットで集めた写真などは著作権があるのでそのまま作品に使わない。作品の一部にトレースして使うのもダメです。

自分の世界だけ描いても上達しない

「自分はオリジナルだけ描きたいから」「自分の世界を大事にしたい、他の作品に影響されたくない」と頑なにインプットしない人がいる。(もちろん私もそういう人間だった)

これだと……

  • センスが磨けない
  • 描きたいものも枯渇する
  • 絵に古臭さがただよう

自分の世界を描きたい、というのは悪いことではないけど、「私の描きたいものなんて、もう誰かがとっくに描いてるよな」ということくらいは分かっておいた方がいい。

理由をつけて練習方法のより好みをすると上達しない

「上達のためにデッサンやるといいよ」→「私が描きたいのはマンガだし、デッサン関係ないから」

「模写するといいよ」→「それは効果ないってネットに書いてあったからやりたくない」

「このアニメーターさんがこう言ってた」→「その人の実績は? 大したことないじゃん、あてにならない」

など、理由をつけて練習方法をより好みしていると上達しない。

自分はこれがいちばんの原因だと思っている。

他にもこんな弊害が。

  • プライドだけ高くなり、自分のヘボさから目を逸らす
  • 愚痴やマウントが増え、敬遠されていいねがつかない

書籍を買ったら一冊全部とにかく模写してみる。というのはメンタル的にも「私がんばったよ……! やり遂げたよ……!」という達成感があって良かった気がします。

くだらないプライドや慢心のせいでロスをするのはバカらしい。

どれも、私が今までやってきた間違った練習方法、間違った考え方。

絵が上手くならないだけでなく、まわりからも評価されないので二重の苦しみがある。

まとめてみたら、間違った練習法というのは技術的なものというよりほぼメンタルの問題だなと思った。

なので、気付きさえすればすぐにでも改善できることばかりなんだ。

私はなにも、「特別人より技術が劣っているせいでなかなか絵が上手くならなかった」のではなく、単に、こじれたプライドのせいでここまで時間をロスし続け、無駄に苦しんできたんだ。

もし、例えば高校生のときに気づいていれば「どうせ私はセンスも才能もないんだ、生きていたくない」とか長いこと暗黒時代を送ることもなかっただろう。

こんなにひねくれた性格にもならなかったかもしれない。

ただ、"上手くならない練習方法"をたくさんしてきたおかげでこうやってブログに書くことはできたので、ムダではなかった(と思いたい。)

けっこう、他人のアホさをみてハッとするみたいなことってあるので、誰かが「うわーこうはなりたくない!」と思ってくれたらそれでいいのかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました