絵が上手い人は絵が上手い人としか交流しない? その理由について。

「絵が上手い人って、絵が上手い人同士でしか交流しないよね……なんで?」

「底辺絵師やROM専は相手にされてないってこと?」

という人向け、【絵が上手い人は、絵が上手い人同士でしか交流しない理由】について。

※ROM専:自分では絵を描かずに見る専門(read+only+member)の人。

「絵が上手い人って、絵が上手い人としか交流しないよね」

「エアリプで、ROM専に絵を褒められても困るって言われた」

「絵が上手いと思って威張ってるの? だから底辺絵師やROM専とは交流しないの?」みたいな感じで、絵が上手い人への憎しみを募らせている人をよく見かける。

なぜ絵が上手い人は絵が上手い人としか交流しない(ように見える)のか。

答えはシンプルなのだ。

なぜなら、絵を描く人は絵を描く人同士の方が話が合うから。

もっと言えば、絵が上手い人は絵が上手い人同士の方が話が合うから。

この記事では、その理由についてまとめている。

どうして絵師は絵師同士で交流したがるのか

絵師はもっと上手くなるために刺激が欲しい

絵師がSNSをやる目的はなんだろうか。

作品をたくさんの人が見てくれたらいいなあ、というのももちろんあるだろうけど、「上手い人と交流して刺激を得たい、そしてもっと上手くなりたい」という目的が大きいと思う。

他の人の作品や製作過程、創作に関する考えなどを知りたい。

自分のちょっぴり進歩した部分などを分かってほしい、より上手くなるためのヒントが欲しい。

例えばいつもとブラシツールを変えたとか、外腹斜筋がうまく描けたとか、今まで使ったことないクリスタの機能を試してみたとかを見てほしい。

そういった細かい部分にかかっている労力は、ある程度の同レベルで絵を描く人にしか気づけない。

またデッサン会の情報を交換している絵師さんたちも自分の周りには多いので、単純に、絵を描かない人より共有できる情報が多い。

「あなたの描く筋肉はずっしり重量感があるけれど、何を参考に練習したんですか?」「私プロレスが好きで、選手の模写をするんですよ」「なるほど!」「あ、おすすめの選手は誰々で……」「そこまで聞いてないw」とかいう会話もできるので、どんどん親密になれる。

はためにはただの雑談でも、絵師同士にはヒントの交換になっていることも多いのだ。

これがはたから見ると、「絵が上手い人同士だけで仲良くして、それ以外とは交流しないってこと?」という感じに見えてしまうのかもしれない。

アマチュアなので受け手の反応があまり気にならない

「アマチュアとして好きに描いているだけだから、受け手の感想はあまり気にならない」という絵師も多いようだ。

私は仕事として絵を描いていたとき、感想や反応がめちゃくちゃ気になったし、「絵好きです」とか「買いましたよ」という一言一言はどんなにシンプルな言葉でも嬉しかったしありがたかった。

なので普段からフォロワーさんと交流するのを楽しみつつ、世間がどんなものを求めているかを感じ取ろうとしていた。

仕事として描くものは「受け手に満足してもらう」ということ(=「その絵好きです」と言ってもらうこと)がいちばん重要な目的だからだ。

満足してもらうために描くし、満足してもらえなければ失敗、仕事の責任を果たせなかったことになってしまう。

一方、アマチュアや同人活動などをするときは「好きなものを好きに描く」ということ自体が目的だ。

なので受け手の反応を窺う必要はないし、「受け手の反応を考える作業は仕事でやってるし、趣味では自由に描きたい!」という人も多い。

「あなたの絵が好きです」「描いてくれてありがとう」とか、そういう反応は副産物というか、目的外のものであり、ただ描くために、もしくはごく親しい友だちと分かち合うためだけに描いている。

なので想定外の方向から熱い感想をもらっても「え、あっ、ありがとうございます(キョトン)」となってしまうんじゃないかと思う。

これがはたから見ると「一生懸命褒めてるのに喜んでくれない。何様?」ということになるのかもしれない。

過去にROM専から傷つけられた経験がある

あとは、過去にROM専の人から心ないことを言われたりして、距離を取っている、という人もいるだろう。

私の場合、趣味で漫画を更新していたときに一か月全く反応がなくて、「これは誰も読んでないのかもしれないな」と思っていたら、最終回後に「終わり方が気に食わない。残念」という感想をもらって一周まわって面白かったことがある。「人、いたのかよ!」ってなった。

「だからROM専は嫌なんだー!」とはならなかったけど、「絵を描く労力を経験したことない人の中には、そういうことを簡単に言っちゃう人もいるのかもなあ」とは思ってしまった。

私よりも積極的にSNSなどで作品を上げている人は、その分そういった経験が多いかもしれない。

絵師を敵視するROM専がいるように、ROM専を敵視する絵師もいるかもしれない、ということ。

ROM専の人と絵師が仲良くなるパターン

ではROM専と絵師の交流は成り立たないのか? というと、そんなことはない。

絵を描かなくても刺激になる存在はいる

「絵師同士は刺激があるから交流したがる」と書いたけど、絵を描かなくても創作の刺激やヒントをくれる人はたくさんいる。

例えば私の場合だと、SNSに載せてる写真が素敵な人、犬を飼っていて犬あるあるで盛り上がれる人、RTするツイートがことごとくツボな人。

絵は描かない人たちだけど、そんなの関係なく好きだし刺激を受けるし、「すごいなあ」と思っているし、「もっともっと話してみたいな」と思っている。

そういう尊敬する人たちに絵の感想をもらうと、幸せな気持ちになる。

もちろん相性もある

SNSに写真を載せてても犬を飼っていても、私はその全員に心惹かれるわけではないので、相性もあるのかもしれない。

なので、一人の絵師と交流が噛み合わないことがあったとしても、他の絵師とはなぜかめちゃくちゃ惹かれ合う、みたいなこともあると思う。

「絵師なんか(ROM専なんか)みんなこんなやつなんだ」とお互い断定してしまわず、気の合う人に出会うタイミングを楽しみに、ゆるっとSNSをやっていこうじゃないですか。

タイトルとURLをコピーしました