絵師にどんな感想を送れば正解なのか

SNSで絵やまんがを描いてアップしている人が「感想や反応もらえると嬉しいです!」と言ってることがありますよね。

特に二次創作をしている人は「感想が欲しい」と公言していることが多いです。ちょっと度を越した感じの人だと「感想ください!(感想や反応がないと描く気しないからやめちゃうかも……)」みたいな人もいます。

それは困る! あなたの絵が好きだからもっと描いて欲しいな! と思って一生懸命感想を送ったら反応なし……。なんかよけいテンション下がったみたいなツイートをしていた……。

「何か気に触ることを言ってしまったのかな?」

と気にしちゃう人もいるかもしれません。

そうではないよ! あなたは悪くないので気にしなくてよし! という記事です。

「感想は欲しいけどどんな感想も嬉しくない」という絵師

「感想が欲しい、反応が欲しい、反応がなければ描くのやめます」という人は、どんな感想をもらっても嬉しくないかもしれません。

だからどんなにあなたが心を込めて、丁寧に、言葉を選び、熱く(とはいえ熱すぎず)、長く(しかし長すぎず)、自分語りを挟まないよう注意し、具体的に好きな部分を挙げてこの上なく褒める感想を書いたとしても、

無駄になってしまうかもしれません。

自己満足できていない絵師の「感想が欲しい」は、承認欲求なだけの場合があります。

絵を描くのが楽しくなくて「いいね」をいっぱいもらっている周りの人を羨んだり、そのくせ自分は同じ向きの手癖の絵しか描いてない、自分がやる気でないのは反応をくれない周りのせいだ、と感じているかもしれません。

そんな人に時間をとって感想を伝えたり、当て擦りみたいなツイートを気にして悩んだりするのは無駄なので、やめましょう。

「感想欲しい」とすごく言う割に、いざ感想もらっても嬉しそうじゃない……そんな人はもし仲良くなっても面倒くさいだけではないでしょうか。

本当にその人の絵が好きなのか考えてみましょう。

コミュニティ内で不機嫌な人がいるのがいやだから、気を遣って無理をして構ってあげていませんか?

「本当はあのもっとすごい上手い人と友達になりたいけど無理っぽいし、でもこの程度の絵師なら友達になってくれるかもしれないから感想を書こう」と心の奥底で妥協していませんか?

長らくオタクをしていると、そういう人間関係をたくさん目にしてきました。「あー、あるある」と感じる年季の入ったオタクの方もいるのではないでしょうか。

こういう絵師にどんな感想を送ればいいかというと、「何を書いても、どんなに長く丁寧に書いても喜ばれないのでやめるべし」が正解です。

「感想をもらえるだけで嬉しいからどんな感想も嬉しい」という絵師

逆に、感想をもらえるなんて思ってもいなかった! 感想もらうとそれだけで嬉しい! という絵師もいます。こちらの方が圧倒的に多数派だと思います。

ただそういう絵師は「感想欲しい」とあまり言わない気がするので、感想用のマシュマロやお題箱を用意していなかったりも。

なのであまり「感想を送ろう」と思い立つことも少ないかもしれません。

こういう絵師は、自分で絵を描くこと自体が楽しいので(うまく描けない苦悩さえも楽しい)、承認欲求があまりないのかもしれません。

そこへ例え短い言葉でもポジティブな感想がもらえれば、楽しいの上乗せになってそりゃもうしあわせな気持ちになります。

こういう絵師にどんな感想を送ればいいかというと「なんでもいい、短くてもいい、どんな感想でも喜ばれる」が正解です。

「感想で喜ばせてあげたい」という考えは捨てる

「自分の感想でやる気を取り戻させてあげたい」「喜ばせてあげたい」という考えは、持たない方が良いかもしれません。

たとえ100%善意でもSNSでは人間関係がこじれやすいです。

「早く続きを描いて欲しいから」「喜ばせてあげよう」という意図がある場合、不思議と全部伝わってしまいます。

また、あまりに「感想ください! がんばって描いたので感想ください! 時間がないなか睡眠時間削って描いたので感想ください!」と言われると、感想を書かなきゃいけないような追い詰められ感を感じるかもしれません。

でも、追い詰められて「じゃあ送ろう…」と書いた感想は、やはり追い詰められ感が出ます。どっちも幸せになりません。

「この人の絵が好きだなあ……」と心から思ったときだけ、思ったことだけを手短に伝えるのが、最高の正解かと思います。

タイトルとURLをコピーしました