Twitterで【お気持ち】を表明すると、どうして嫌われるのか?

「最近よく見るネットスラングの【お気持ち】ってどういう意味?」

「Twitterで【お気持ち表明】すると揶揄されたり嫌われたりするのはどうして?」

と疑問に思っている人向け【お気持ちって何? Twitterでお気持ち表明するとどうして嫌われるのか?】という記事。

Twitterで見かける【お気持ち】という言葉がある。

「オタクのお気持ち表明うざい」とか「うわー、また公式にお気持ちリプライしてる人いるよ……」とか「めんどくさいお気持ちマシュマロ届いた」みたいな感じで使われることが多く、良い意味で使われる言葉ではなさそうだなというのはなんとなく分かると思う。

この記事では、

  • 【お気持ち】ってどこまでが【お気持ち】なのか
  • 【お気持ち表明】はどうして嫌われるのか

について書いていく。

Twitterで【お気持ち】を表明すると、どうして嫌われるのか?

【お気持ち】とは?

【お気持ち】というのは文字通り、その人の気持ちを書き表したもの。(ただし、ネガティブなもの)

例えば公式の有料コンテンツに対して、公式アカウントにこんな【お気持ち表明リプライ】がされることがある。

お金を払って視聴したのに期待外れで悲しい気持ちになりました。無料ならまだしも、こっちはお金を払っているんですよ? がっかりですせっかく楽しみにしていたのに気持ちを踏みにじられた気分です

「あー、【お気持ち】ってアレか! うんうん見たことあるある」ってなると思う。

(※是非はまた別としてこんな感じの表明がお気持ちと呼ばれることが多いということです。)

【お気持ち】は、ネットではつい、お互い日常的に言ったり言われたりすることなんじゃないだろうか。

どこまでが【お気持ち】なんだろう?

では【気持ち】と【お気持ち】のさかいめってどこなんだろう? と自分なりの線引きを考えてみた。

例えば「誰々が結婚した」というネットニュースについて自分の気持ちをつぶやくとする。

「へえー、おめでたいじゃん!」

→【気持ち】だけど【お気持ち】ではない。

「誰それ知らん、そんな人のニュース興味ない」

→【気持ち】だけど【お気持ち】ではない。

「そんなニュースより報道すべきことがあるはず、今どこどこの国ではこういう政変が……」

→【気持ち】だけど【お気持ち】ではない。

「ファン(自分)が傷つくからこの記事は削除してほしい」

→【お気持ち】っぽい?

「結婚できない人が不快な気持ちになるからもっと配慮すべき」

→【お気持ち】っぽい?

自分の【気持ち】を守るために他者に(利益や都合を無視して)要求をしたり、【気持ち】の主語を自分以外に広げたりすると、なんとなくよく見る【お気持ち】っぽくなる気がする。

※あくまでも自分の感覚です。

【お気持ち】が嫌われる理由

ただ単に自分の【気持ち】を表明しただけならば、それに対して賛否両論あったとしても「あの人やーねー、自分の【気持ち】なんか表明しちゃってさ(ヒソヒソ)」なんてことにはならないと思う。

けどそれが【お気持ち】になったとたん、「あらやーね、【お気持ち】言ってるわよ(ヒソヒソ)」になってしまうのはどうしてなんだろう。

「私を不愉快にさせた責任を取れ」って横暴じゃない?

上の例で考えてみたところ、【お気持ち】の場合、たとえ言葉は一見ていねいでも「私を不愉快にした責任を取れ」「私だけじゃない、みんなそう思っていますよ! (だから私の言う通りにしなさい)」みたいな要素が強いのかもしれない。

「私を不愉快にした責任を取れ」と言われても、個人の気持ちというのは他人にはどうしようもないもの。さらに、一人一人それぞれの【気持ち】に配慮していたのではキリがない。

自分の気持ちに関して他人に責任を取らせようというのはどうしても無理がある。

【お気持ち】というのはその無理難題を要求することなので、横暴だと受け取られるんじゃないだろうか。

「私の気が済むまで謝罪し続けろ」って横暴じゃない?

【お気持ち】をぶつける人は、謝罪や補償(だけ)を求めているわけじゃないことが多い。

"私の不愉快の責任をとってなんとかしてほしい"わけなので。

だから、謝罪されても損失を補填されても"私の不機嫌が収まらないかぎり"無限にゴネることができることになる。

先日私が購入して観ていたとある有料配信で、途中で止まってしまう不具合があって、「これは公式アカウントに抗議が殺到しているのかもな」と思って覗いてみると予想通りだった。

【要望】と【抗議】と【ねぎらい】と【お気持ち】が入り混じっているという感じ。

「途中○時間○分で配信が止まってしまいました。可能であれば後日改めて配信をしてもらいたいです」(報告と要望)

「いいところで止まったんだけど!? そりゃないでしょ! 対応してくれるよね!?」(感情的な報告と抗議)

「急きょ決まった配信だったのでいろいろ準備も大変だったと思います。私は現地に行けなかったので、ここまで観られてありがたかったです」(ねぎらい)

「お金を払っているのにこの仕打ちはどういうことですか? バカにしてるんですか? ユーザーはこんなの許しませんよ。謝罪もないんですか?」(お気持ち?)

ありましたよお手本のような【お気持ち】が。

「ユーザーは許しませんよ」みたいな主語の大きい言い方から始まって(私もユーザーだけど一緒にしないでくれ〜! と思った)、公式から謝罪があっても「謝罪だけですか? それで結局どうしてくれるんですか?」と、一向に収まらなかった。

結局、公式はすぐに再配信をしてくれたんだけど「再配信されても気持ちが踏みにじられたのは変わらない」というような意味のことを言って、最後まで公式を非難し続けていた。

謝罪はあったのに、再配信を約束してくれたのに、さらにその予定を繰り上げて素早い再配信を実施してくれたのに、それでもまだ収まらない……。

いやいや、じゃあどうしろっていうんだよ……と当事者でもないのにドギマギしてしまった。

「私の気持ちが収まるまでサンドバッグになれ、私の機嫌をとれ、謝罪し続けろ」ってことかい?

店員に土下座をさせる悪質クレーマーに世間からのバッシングが殺到したニュースがあったけど、

世間ってけっこう、横暴なものに対してシビアな目を持っている。

一般的に【お気持ち】が嫌われるのも、【お気持ち】の中に隠れた横暴さを敏感に察知するからなのかもしれない。

「私はユーザーとして正しいことを言ってあげてる」って横暴じゃない?

つまり【お気持ち】というのは平たく言えば「わたしふきげんになったの! せきにんとってよ!」という感じなんだと思う。

しかし、これをそのまま言うのはあまりにも幼稚で恥ずかしいので、何重にも、もっともらしい理由で武装していることが多い。

「みんなが迷惑するんですよ(本当は自分が許せないだけ)」とか、

「有料配信でこの不手際はユーザーを舐めているのでは?(本当は自分が許せないだけ)」とか、

「わたしふきげんになったの! せきにんとってよ!」という感情を、「私は一人のユーザーとしてまっとうな指摘をしています」という大義名分でくるんでもっともらしく、反論しにくい形でご提供される。

「もっともらしいこと言ってるけど、結局あんたがそれを許せないっていうだけでしょ」という点が、見た人の気持ちにモヤモヤを残すんじゃないだろうか。

【要望】なのか【抗議】なのか【お気持ち】なのか

「だから【お気持ち】はやめるべき!」と言いたいわけではない。

その【お気持ち】を読んで納得する人もいるかもしれないし、考えを変える人がいるかもしれないし、参考になったと感じる人もいるかもしれない。

そもそも、それが【気持ち】なのか【お気持ち】なのかなんてはっきり線が引けるわけでもないし。

生きている限り、人の気持ちに触れずに&自分の気持ちを出さずに生きるのは無理なんだし。

"自分がどう思って、どうしてほしいのか"というのはきちんと言わなければ伝わらないし。

ただ自分の気持ちや意見を表明するときに、

「わたしきげんわるくなっちゃった、せきにんとってよ!」っていう2歳児レベルのカンシャクを、もっともらしい言葉でくるんで他人にぶつけようとしていないだろうか。

というのは私は自覚していきたいな……と、この記事を書いていて思った。

「だってお金払ってるんだしこれは正当な主張だよ」

「だってルールは守るべきだしみんなが迷惑してるからハッキリ言わなきゃ」

「だって本来こうあるべきでしょ? それとズレてるからこれは直すべき」

と、一見"もっともらしい理由がある(ように思える)"とき、"〜するべき"と言いたくなったときほど、これって【お気持ち】になっちゃってないか? と立ち止まって考えるようにしていこうと思った。

受け止める側の人に申し訳ないのもあるけど、もし【お気持ち】をぶつけちゃってたら何より自分で自分が恥ずかしいから……。

最後ほとんど自問自答というか自戒になってしまったけど、人の振り見て我が振り直しまくりたい所存です。

タイトルとURLをコピーしました