Twitterで【お気持ち】を表明すると、どうして嫌われるのか?

「最近よく見るネットスラングの【お気持ち】ってどういう意味?」

「Twitterで【お気持ち表明】すると揶揄されたり嫌われたりするのはどうして?」

と疑問に思っている人向け【お気持ちって何? Twitterでお気持ち表明するとどうして嫌われるのか?】という記事。

Twitterで見かける「オタクのお気持ち表明うざい」とか「うわー、また公式にお気持ちリプライしてる人いるよ……」とか「めんどくさいお気持ちマシュマロ届いた」などの、【お気持ち】というワード。

「良い意味で使われる言葉ではなさそうだな」というのはなんとなく分かると思う。

この記事では、

  • 【お気持ち】ってなんなのか
  • 【お気持ち表明】はどうして嫌われるのか

について書いていく。

Twitterで【お気持ち】を表明すると、どうして嫌われるのか?

【お気持ち】とは?

【お気持ち】というのは文字通り、その人の気持ちを書き表したもの。

ただし、ネガティブなものを指す。

例えば二次創作をしていると、こんな【お気持ち表明マシュマロ】が届くことがある。

あなたが適切なタグをつけていなかったせいで、地雷カプをうっかり見てしまい不快になりました。○○△△って書いてあれば見なかったのに……本当に気分悪いです。棲み分けは大事だと思いますルールを守ってほしいです。

例えば公式の有料コンテンツに対して、公式アカウントにこんな【お気持ち表明リプライ】がされることがある。

お金を払って視聴したのに期待外れで悲しい気持ちになりました。無料ならまだしも、こっちはお金を払っているんですよ? がっかりですせっかく楽しみにしていたのに気持ちを踏みにじられた気分です

例えば今流行っているジャンルについて、Twitterや匿名ブログでこんな【長文お気持ち】が話題になることがある。

今流行っている○○(作品名)が嫌いなんです。なぜなら私が好きだった世界を汚した作品だから。他にもこういう許せない点があります分かってくれなくてもいいですけど吐き出したいだけです。

「あー、【お気持ち】ってアレかぁ! うんうん見たことあるある」ってなると思う。

二次創作をしていると、解釈違いの人から突然【お気持ちマシュマロ】をぶつけられたりそれが元で学級会になったりすることもある。

逆に、公式の運営方法に対して「えー、そりゃねえよ〜!」と思うことがあったりして、うっかり【お気持ちリプライ】をしたくなっちゃうことがあったりする。

【お気持ち】が嫌われる理由

人間だもの、気持ちは揺れ動く。

どんな気持ちを抱いたっていいはずだ。

でも【お気持ち】になると嫌われちゃうのはどうしてなのだろう。

「私を不愉快にさせた責任を取れ」って横暴じゃない?

たとえ言葉は一見ていねいでも、要するに「私を不愉快にした責任を取れ」「私のこの不愉快を衆目の中で吐き出したい」ということに他ならない。

個人の気持ちというのは、他人にはどうしようもないものだ。

自分の気持ちに関して他人に責任を取らせようというのは、あまりにも無理がある。

【お気持ち】を見かけたら、

「とにかく私の不愉快の責任をとりなさいよ!!!!!」

って言ってるんだなあ……と副音声を当ててみてほしい。

どの【お気持ち】にもしっくりくると思う。

「ふう…………自分はやらんとこ。」という戒めになってくれる。

「私の気が済むまで謝罪し続けろ」って横暴じゃない?

【お気持ち】をぶつけてくる人は謝罪や補償(だけ)を求めているわけじゃない。

"私の不愉快の責任をとってなんとかしてほしい"わけなので。

だから、謝罪されても損失を補填されても"私の不機嫌が収まらないかぎり"無限にゴネることができる。

先日私も購入して観ていたとある有料配信で不具合があったんだけど、公式アカウントに対してものすごい【お気持ち】をぶつけている人がいた。

「お金を払っているのにこの仕打ちはどういうことですか? バカにしてるんですか? ユーザーはこんなの許しませんよ」みたいな攻撃的な言い方から始まって(私もユーザーだけど一緒にしないでくれ〜! と思った)、謝罪があっても「謝罪だけですか? それで結局どうしてくれるんですか?」。

公式は素早く再配信をしてくれたんだけど「再配信されても気持ちが踏みにじられたのは変わりません、ひどいです、悲しい、とても残念です」。

謝罪はあったのに、再配信を約束してくれたのに、さらにその予定を繰り上げて素早い再配信を実施してくれたのに、それでもまだ収まらない……。

いやいや、じゃあどうしろっていうんだよってなりませんかこれ。

「私の気持ちが収まるまでサンドバッグになれ、私の機嫌をとれ、謝罪し続けろ」ってことかい?

店員に土下座をさせる悪質クレーマーではないか。あれも炎上したよね。

世間ってけっこう横暴なものに対して厳しい目を持っているから、【お気持ち】の中の横暴さも敏感に察知するんだと思う。

「私はユーザーとして正しいことを言ってあげてる」って横暴じゃない?

また【お気持ち】というのは「わたしふきげんになったの! せきにんとってよ!」とそのまま言うのはあまりにも幼稚で恥ずかしいので、何重にももっともらしい理由で武装している。

「ルールを守ってくれないとみんなが迷惑するんですよ(本当は自分が許せないだけ)」とか、

「有料配信でこのクオリティは金額に見合っていないのでは?(本当は自分が許せないだけ)」とか、

「○○という作品はこういう問題点がある。社会的にも企業的にもいかがなものなのか……(本当は自分が許せないだけ)」とか。

「わたしふきげんになったの! せきにんとってよ!」という幼稚な感情を、「一人のユーザーとしてまっとうな指摘をしていますよ」という大義名分でくるんだもの、それが【お気持ち】だ。

【お気持ち】が嫌われるのは、この点がいちばん大きいかもしれない。

「もっともらしいこと言ってるけど、結局あんたがそれを許せないっていうだけでしょ」

別に【お気持ち】言ったっていいけど

受け止める側の人はたいへんだけど、別に言ったっていいと思う。法律で禁止されてるわけじゃないし。

その【お気持ち】を読んで納得する人もいるかもしれないし、考えを変える人がいるかもしれないし、参考になったと感じることもあるかもしれない。

私もこういう記事を書いている時点で、「【お気持ち】はこういう点が嫌われるよね」という【お気持ち】を表明しているわけだけど。

ただ「わたしきげんわるくなっちゃった、せきにんとってよ!」っていう2歳児レベルのカンシャクをもっともらしい言葉でくるんで他人にぶつけていないだろうか、というのは、自覚していきたいと思う。本当に。こわい。知らずについやらかしてそうで。

「だってお金払ってるんだしこれは正当な主張だよ」

「だってルールは守るべきだしみんなが迷惑してるからハッキリ言わなきゃ」

「だって本来こうあるべきでしょ? それとズレてるからこれは直すべき」

と、一見"もっともらしい理由がある(ように思える)"ときこそ、これって【お気持ち】になっちゃってないか? というのは立ち止まって考えたい。

受け止める側の人に申し訳ないのもあるけど、何より自分で自分が恥ずかしいから……。

最後ほとんど自問自答というか自戒になってしまったけど、過去にやらかしてきた【お気持ち】を思い出して今恥ずかしくなってるけど、人の振り見て我が振り直しまくりたい所存です。

タイトルとURLをコピーしました