【絵柄パクリ】はどこからアウト?絵柄パクリに腹立ったら読んでみて

「フォロワーの絵描きさんに絵柄パクリをされた! ムカつくし気持ち悪いんだけど!」

「絵柄パクリされてる気がするんだけど、これって注意したほうがいいのかな?」

とモヤモヤしている人向け【絵柄パクリの定義と対策方法(私なりの)】に関しての記事。

※この記事で【絵柄パクリ】と表現しているのは、ほかの作家さんの目の塗り方を参考にするとか、誰かのシワの描き方に影響を受けて自分の絵にも取り入れる、といったような【表現の模倣】です。

※作品自体を模倣するのは【表現の模倣】ではなく本当の【盗作】なのでそれはやってはダメだし、盗作されたら毅然と対処しましょう。

今はSNSで他の人の絵を見放題だから、知らないうちに他人の絵柄が頭に刷り込まれてしまうというのはよくある。

それを知らず知らずのうちに自分の絵に反映してしまって描いたりすることもあるだろう。

また、意識的に特定の作家さんの目の表現を参考にするとか、色の塗り方を参考にするとかということもあると思う。

例えばたいへんおこがましいのだけど、私は和田誠さんの描かれる似顔絵がとても好きで影響を受けている。

シンプルな線と色使い、目を点で描き表す手法など"和田誠さんの表現方法に影響を受けて模倣"しているけど、盗作ではない。

「言われてみれば和田誠さんっぽいかもね(何言ってんだ全然レベルが違うだろ……)」くらいなものだと思う。

こういった【表現の模倣】を、最近では【絵柄パクリ】なんて表現する言葉もあったりして、「パクる側」でも「パクられる側」でも過剰に気にしてしまっている人もいるかもしれない。

そもそも絵柄自体に著作権はなく(そりゃそうだよね、点目の始祖は誰かなんて立証しようがない)、表現を模倣することは個人の自由なのであって、誰にも咎める権利はない。

プロの漫画作品などを読んでいても、「この漫画家とこの漫画家、絵柄が似てるな。きっと影響を受けてるんだろうな」と感じた経験がある人も多いんじゃないだろうか。

例えば鳥山明先生っぽさを感じる絵柄って、プロでもアマでもたくさん見かけると思う。

ただもちろん「じゃあ真似してどんどん描いていいんだね」というわけではなくて、明らかにこれはアウト、という場合もある。

この記事では、

  • どこから【絵柄パクリ】はアウトなのか
  • 明らかに盗用されたらどう対処すればいいか
  • そうは言ってもモヤモヤするよ…という人へ

について自分の考えをまとめている。

どこからが絵柄パクリになるのか&絵柄パクリをされたときの対策方法

まずは、腹立っちゃうこともあるよね分かる。

なんで絵柄パクリされてモヤモヤするのかっていうと、「自分が苦心して生み出した表現を簡単にパクられた!」と感じるからだと思う。

かと言って絵柄の模倣はなんの罪もないしそもそも証明もできないし、「パクったやつが楽してのうのうとおいしい思いをしている! そいつはズルをしているのに!」と思ってしまうとそりゃモヤモヤするだろう。

自分のアイデンティティを奪われちゃったような気持ちになるのかもしれない。

自分も模倣された経験はあるので感情的には分かります。

【絵柄の模倣】は法的にもマナー的にも問題はない

ただ、創作なんてそもそもがお互いに影響を与え合い、影響を受け合うもの。

ネット上ならなおのこと。

繰り返しになるけど【絵柄】に著作権はなく、模倣するのも個人の自由。

※ただし【作品】自体の模倣は【盗作】です。

「法的にはそうだけど常識的に考えて一言おことわりを入れるべきでは!? マナーとして!」という考えの人もいるだろう。

「法的に問題ないんだからおことわりを入れる必要はないし、そんなマナーは知らん」という考えの人もいる。

どちらの考え方も個人の自由。

つまり、絵柄の模倣に対して何か言う権利は誰にもないということになる。(しつこく書きますが作品自体の模倣はダメです。)

絵柄パクリ、許されないレベルとは?

もうしょうがない、創作って影響を与え合うもんだよね。

それにこれだけ毎日浴びるように人の作品見てれば、意図せずとも多少絵柄は似るし似せちゃうこともあるよね。

というのが自分の結論で私はそういう考えでいるんだけど、「ここまでやったら明らかにアウト」というレベルはある。

たとえば構図まで同じだったり、線の一つ一つが同じだったりと"明らかに模写・トレースしてる"というもの。

インスパイアされたとか表現を模倣したとかというのではなく模写・複製をした場合、【複製権】に抵触する可能性がある。

こういったツイートをお見かけしましたが、これは【絵柄パクリ】ではなく完全に【模写】であり【盗作】ですよね。先方と話がつき、早急に解決されることを願っています。

【複製権】についてはこちらの記事にまとめている。

さらにそれを販売して利益を得ているようなら完全にアウト

場合によってはTwitterやpixivに申し立てをすることで対応してもらえることもある。

また最近では人のイラストを勝手にグッズ化してAmazonやメルカリで売るみたいなことも多くて、それも完全にアウト中のアウトなので運営に申し立てしましょう。

逆に言うと、それくらいの明らかに模写・複製・転用でない限り、「目の描き方を真似された!」とか「色の塗り方をパクられた!」くらいであると法律的になんだかんだするというのはきわめて難しいということでもある。

絵柄模倣されても「自分のほうが上手いしw」でいい

「絵柄パクリは盗作だ!」という考えでいると、毎日たくさんの創作物が飛び交うSNSで創作活動をするのはしんどいと思う。

誰だってたぶん、意識していなくても他の誰かの絵柄から影響を受けている。

「自分がオリジナルだぞ!」と言い切ることはできない。

もし自分の絵柄を模倣している人を見つけてモヤモヤして、感情が処理しきれなかったら、

「あはは〜、私の絵が素晴らしすぎて影響を与えちゃったんだな〜〜!」

くらいに思っておけばいい。

人の絵柄の模倣しかできないような人は遅かれ早かれ描くのをやめて消えていくし。

もしその人が実力者なら、今こそあなたの模倣をしていても自分の絵柄を生み出してどんどんあなたを追い越していく。

いずれの場合も、あなたの絵を模倣しているのは今だけだ。

まるまる複製されてしかもそれをグッズにされたとかいう場合を除けば、静かに見守っていくのがよい、と私は考えている。

そうは言ってもモヤモヤしちゃうとき、私はあだち充先生の名作『タッチ』の、上杉達也の台詞を思い出すことにしている。

浅倉南が新田由加に特製スタミナ丼のレシピを教えてあげたところ、孝太郎に「あの料理は南ちゃんだから作れるんだと思ってた。なーんだ、誰にでも作れるんだ!」と言われてモヤモヤ。

そこへ達也が、

「いいじゃねえか、得意なものが一つくらい減ったところで、南のすごさは変わらねえよ」

と言うのです。

あなたが模倣された絵柄のエッセンスは、あなたのすごさのほんの一部に過ぎない。

あなたの絵の素晴らしさを全部模倣できるわけないし、ちょっとやそっと模倣されたところであなたの絵の素晴らしさは変わらないのです。

タイトルとURLをコピーしました