絵がうまい人と友だちになりたいのに無視されちゃう理由

Twitterやpixivで自分好みの素敵な絵に出会い、思わず熱いリプやコメントを送った。

でも返信はもらえなかった……ちょっとがっかり……。

って落ち込んだことないですか?

他の人には返信してるのに! 絵がうまい人同士だけ交流して底辺絵師のことは無視ですかあーそうですか! ってムカムカきたことないですか?

絵がうまい人は絵がうまい人しか相手しないの? ということについて書きます。

Twitterやpixivで返信がもらえない理由

人間、無視されることがいちばん堪えると思います。「なんで返事くれないの?」ってがっかりしたり腹が立ったり、自分が惨めになったり、恥ずかしいな……ってなるかもしれません。

なぜ返信がもらえないのか、考えられる理由をいくつか挙げます。

ひとりごとみたいなリプ、コメントだったからスルーされた

「○○(キャラ名)かわいいよ……最後のオチ吹いたwww」「こういうの描けるってのが才能なんだろうなあ……色使いが最高」みたいなリプやコメント最近よく見ませんか?

褒めてるじゃん、何が悪いの? って感じる人もいるかもしれませんが、こういうひとりごとみたいなリプやコメント、返事に困ります。失礼だと感じる人も多いようです。

家の前で聞こえよがしに立ち話されてる感覚でしょうか。

家の前でひとりごと言われても、わざわざ出て行って「ありがとうございます!」とは言いませんよね。

もし交流したいならせめてですます調で、話しかける口調でリプを送るといいかもしれません。

それでも必ず返事が来るとは限りませんが。

知らないうちになんか無礼があふれでてたのでスルーされた

これは絵を全く描かない人に多いのかもしれませんが、なんとも言えず失礼になってるリプやコメントをたまに見ます。自分もたまにもらいます。

「絵がうまいですね^^」

「これって犬?ですよね!まあまあかわいく描けてると思いますよ!」

どこがどうというか全体的になんとも言えない。

「は〜? 褒めてるんだから素直に受け取れや! そんで『感想ありがとうございます』だろ!」って思うかもしれませんけど、ちょっと無理かなと思います。

あと顔文字の「^^」もネットが長い人にとっては「煽り」の意味に感じられることも。

友達でもない相手に「笑」「w」もやめた方が無難でしょう。

自分の絵も見てくれと押し売りをしたのでスルーされた

絵を描く人ってそもそも上っ面の交流(褒め合いとかいいね付け合い)をめんどくさがる人が多い気がします。そういうのがめんどくさいから絵を描き始めたりするわけですし。

なので勝手に仲間意識を持って「私もこのキャラ好きで描いてるんです!(見て見て!)」「私もブログで絵を載せてます(URLバーン)」とリプやコメントをすると、ほぼ100%「うっとうしいな」と思われます。

Twitterやpixivなら相手の絵もすぐ見られるので、興味があれば向こうからTLなり投稿作品を見てきます。なんなら「えっ○○さん!こちらこそいつも絵を拝見しています!」ってすぐに交流が始まります。

そうならないってことはそうじゃないってことです。悲しいことですが。

絵がうまい人はうまい人としか交流しないのか?

結論から言うとそうです。

絵がうまい人は絵がうまい人としか交流しません。

わたしも長いこと、絵がうまい人同士の交流を隅っこで見つめながら、ネットでひとりぼっちでいました。

例えば、すごくがんばってがんばって、ダイエットをしたとします。それを自分より努力をせず太った人が「うわー! 細い! いいなー! わたしもそうなりたいー!」って褒めてくれたとして、何か心に響くでしょうか。

「あ、どうも。がんばりました」で終わりですよね。

それがもし、ヨガやジムできちんと体を作っているような人に言われれば、「あなたのような人が褒めてくれるなんて嬉しい!」となりますし、情報交換したり励ましあったりして交流もしたくなるでしょう。

絵がうまい人同士、と言うより、「絵を描くために同じくらいの努力をしている、熱量がある同士」です。

それはどこで判断されるかと言うと「その人の描いた絵」しかありません。

いくら言葉で褒めたり交流を求めても、同士にはなれません。

だからROM専(描かずに見てるだけの人)とは交流が成り立ちにくいんだと思います。判断材料がないので。ROM専を軽く見ているとかではなく、判断材料がないんです。

ROM専の人の「絵師と交流できない悩み」についてはこちらで書きました。

ROM専の人は絵師と交流できないの?
ROM専の人は絵師と友だちになれないの?という疑問について自分の考えを書きました。

絵がうまい人と友だちになるためには

自分もずっと絵うまな人の輪には入れず惨めな思いをしてきましたが、「そういうことなんだよな」と上に書いたようなことを悟り、絵うまな人たちとの交流はいったん諦めて一人で自分の描きたいものを描いてきました。15年くらい。

絵って楽しいなと思った頃、絵うまな人たちと交流したいなんて気持ちは忘れた頃に、少しずつ「こんなすてきな絵を描く人が褒めてくれるなんて!」というようなことが起こり始めました。そしていつのまにか、ゆるやかな交流の輪に入っていました。

でも、それほどあの頃より絵が上手くなったとは思えないのです。

絵が上手くなったんじゃなく、絵に対する努力や熱量がやっと釣り合ったのかなと思っています。

「絵のうまいあの人と交流したい!」とよこしまな邪念があるうちは無理なんですよね、きっと。

タイトルとURLをコピーしました