デフォルメ=ちびキャラじゃない。デフォルメの深い歴史について。

「よく聞くけどデフォルメってどういう意味?」

「デフォルメとちびキャラってどう違うの?」

という人向け、【デフォルメの定義】について。

「デフォルメキャラ描きたいんですけど、描き方が分からなくて……」と相談されることがよくあるんだけど、よくよく話を聞いてみると"デフォルメ=ちびキャラ"のことを指していた、なんてことが多い。

確かに、デフォルメってかなり意味が広くて捉えづらい言葉かもしれない。

ということで、歴史を絡めて説明してみようと思う。

デフォルメという言葉の意味とその歴史

デフォルメというのはフランス語で「déformer」、"変形させて表現する"という意味の言葉。

英語だと分かりやすいけど、「deformation」、つまり「de(否定)+formation(形成)」で、そもそもは"形の崩れ"とか"不格好"という意味合いだ。

デフォルメは古代エジプトから始まっている

最近ではメジェド様ブームなどで、古代エジプト美術も一般的に知られるようになった。

古代エジプトでは「王の権威を示すために大きい建築を!」という方針で、巨大建造物がいろいろと遺されている。

実はデフォルメの歴史は古代エジプトから始まっていて、とにかくでかい彫刻を作るためにモチーフをシンプルな形に変える、というタイプのデフォルメだ。

スフィンクスなんかを思い浮かべると、「あ、確かにデフォルメだ」と納得できるんじゃないだろうか。

古代ローマ時代はデフォルメが流行らなかった

時代が進むと、写実的で正確、緻密な彫刻で偉い人の権威を示すようになる。

例えば古代ギリシャ、古代ローマの時代は精密な彫刻がたくさん作られた。(美術室にあった石膏像、見たことあるんじゃないだろうか。)

とにかくでっかく! な古代エジプトと違って、デフォルメをせず、正確さや緻密さで権威を示そうとした表現方法

「デフォルメの反対語は?」と聞かれたら、「写実的、リアル、正確、精密、つまりローマ帝国時代の作風だね」ってところだろう。

マンガ的デフォルメのマニエリスム

西洋ではルネッサンスを経て、宗教画の歴史の中から【マニエリスム】という表現が生まれる。

手を伸ばしていることを誇張するために腕を長めに描いたり、子どもなのに頭身を高く描いたり、「そこまで体は回らないだろ」というくらい体をひねって描いたり。

これは伝えたいことをより強調して、主張するためのデフォルメ

作者の意図が強く出た、今のマンガ的な表現に近いと言えるかもしれない。

マンガ的表現というか悪く言えば骨折絵、今なら「画力が低い宗教画家ワースト5」とかまとめサイトでまとめられてしまうかもしれないね……。

マニエリスムが生まれた背景としては、

  • 宗教画なので、肉体のリアルさよりも精神性に重きを置いた表現が良しとされた
  • ヒューマニズム(人文主義)という思想により、リアルよりも画家(人間)を通した世界に価値が置かれた

といったことも挙げられる。

世相を風刺するポンチ絵やカリカチュア

さらに時代が進んで、画家は世相を風刺する絵を描くようになる。

日本でも【ポンチ絵】という風刺画のジャンルがあって、これがのちのマンガ文化につながっていく。

似顔絵を誇張して描く【カリカチュア】というのも生まれた。

これはデフォルメの中でも特に人物の欠点などを悪意を持って誇張したり、歪めて描いたりする技法で、今も似顔絵の人気ジャンルだ。

その人物を風刺するために敢えて醜悪に形を変えて描き、民衆の溜飲を下げる、という意図があるデフォルメ。

先日、浦沢直樹さんが安倍首相のマスク姿の似顔絵を描いて一悶着あった。

この記事の流れで言えるのは、「これは風刺(マスクを小さめに描いてる)ではあるけど、カリカチュア(人物の欠点などを悪意を持って誇張したり、歪めて描いたりする技法)ではない。だからジャンルとしてはポンチ絵である」ってことくらい。

マンガやアニメのちびキャラは「Super deformation」

そして、マンガやアニメのちびキャラ。これもデフォルメの一種だ。

デフォルメ=ちびキャラ、なのではなくて、今まで解説してきたようないろいろなデフォルメのうちの一つの技法と言える。

英語では「Super deformation」と言われることも。

マンガ絵自体がデフォルメなので、それをさらにちびキャラにデフォルメしてスーパーデフォルメ。

ギャグっぽいシーンを描くときなど、ユーモラスにタッチを変えて変化をつけるためのデフォルメ。

また、グッズにしやすいとか作画の手間が減らせるとか、他にもたくさんの意図があるだろう。

人間は成人だと標準で8頭身なんだけど、スーパーデフォルメでは2頭身や3頭身、5頭身などいろいろなパターンがあり、用途や意図によって使い分けられる。

デフォルメをする理由を考えて描いてみよう

「リアルな頭身の人体が描けないから、ちびキャラしか描けない」という人もけっこういると思う。

「ちびキャラしか描けないなんて逃げ」という意見もよく見かける。

確かに、既存のちびキャラを真似して描いても、そこには自分なりの表現や伝えたいことも無いよね、ってことになる。

この記事で解説してきたように、デフォルメというのは何かしらの意図を持ってリアルを変形させるものだ。

リアルを描くうちに、自分なりの省略や変形を加えて表現を豊かにし、より伝えたいことが伝わる絵にしていく。

これがデフォルメの意義だと思う。

そしてこういったデフォルメのオリジナリティこそが画力だと、自分は考えている。

いまはえ「ちびキャラしか描けない」という人も、デッサンなどでリアルを描いてみて、自分なりのデフォルメを見つけていくと楽しいかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました