絵が上手い人と比較して落ち込む理由&落ち込んだ後どうすればいいか

「SNSでは絵が上手い人が多すぎて、自分の絵と比較して落ち込んでしまう……」

「他人の絵と自分の絵を、どちらが上手いかつい比べて一喜一憂してしまう」

という人向け【他人と比較してしまう理由と、比較して落ち込んだあとどうすればいいのか】についての記事。

絵を長く描いていて、「今まで他人と比較して落ち込んだことなんかないよ」という人はいないと思うので、この記事では、

  • 人はなぜ他人と自分を比較をしてしまうのか
  • 比較するのはもうしょうがないので、比較したあとにどうするか

について考えてみました。

絵が上手い人と比較して落ち込む理由

絵に限らず、他人と比べて落ち込むことっていろいろある。

特に団体に属して行動をしている場合、常に比較がつきまとう。

団体というのは学校や会社、あと社宅とか、ママ友とか? 最近ではSNSのジャンル仲間や同担仲間みたいなものも含まれてくると思う。

こういった団体や仲間の中にいる場合、他人と自分をどうしても比較したくなる。

それってなぜなのか。

比較される教育の中で育ってきたから

小学校からすでに比較は始まっていた。

比較して順位をつけて、たまに傷ついたり、たまに喜んだりして生きてきた。

特に、他人と比較することで「私は平均より上だな、ホッ……」と安心してきたような人の場合、よけいに比較グセがついてしまっているかもしれない。

絵を描いていてつい他人と比較してしまう……という人は、もしかしたら今までなんでも平均より良くできていて、「自分はなんでも人並みにできる」ということに安心していたんじゃないだろうか。

逆に、いつも平均より下で「私の人生そんなもんだけど楽しいから大丈夫!」と思えている人は他人と比較する必要がないわけなので。

自分のいるグループの輪を乱さないための"順位づけ"

人間は社会的な生き物なので一人では生きられない。

社会の中で波風立てず暮らすには、「その中で自分がどの位置にいるのか」を順位づけしておかねばならない。

社宅では偉い人の奥さんはそれなりに立場が良く、そうでない奥さんはちょっと顔色を見て波風立てずに過ごす……とか。

SNSのジャンル内で何かもめごとが起こったとき、新参だから物申さずおとなしくやり過ごす……とか。

そこらへんの無意識の順位づけを無視すると、日常の平穏が脅かされる。

比較と順位づけは、居場所を守るための本能なのだ。

つい比較してしまうという人は、過去に自分の居場所で誰かが序列を乱したせいでイヤなことが起こった、もうそんなのこりごりだ……という気持ちがあるんじゃないだろうか。

比較することで、正しい情報を得るため

「複数の情報を集めて比較することで、より自分に合ったものを選択するため」という理由の場合もある。

ビジネスホテルの比較サイトで料金、立地、駐車場の有無、食事メニューなどなど、細かく条件を比べれば、より自分に合ったところで予約できる、みたいなこと。

同じように「私の絵はどういうところが長所なのかな? 私が得意な表現ってどういうところなんだろう?」と、いろいろな人の絵と自分の絵を比較し、情報を得ることができる。

つまり、どうせ他人と比較をするのであれば、この視点を意識するのがもっとも建設的だということになる。

落ち込んだ後どうすればいいか

比較するのは人間のサガだと割り切って、もう仕方ないとして。

そのあとどう考えればいいのか。

自分が悩んでいるときよく言われた・見かけた言葉が、「比べて落ち込む絵には、自分の理想がひそんでいるんだよ。私もそんな絵を描きたい! と思っているってことだよ」というもの。

比べて落ち込む絵には、自分の理想がひそんでいる

上手い絵を見ると何でもかんでも比較して落ち込むかと言うと、そうじゃないはずだ。

例えばアニメや漫画のキャラを描いている人が、水彩の風景画を見て「この人上手い!! 悔しい!! あー落ち込んじゃうよ」とは感じないと思う。

「ああ、私もそういうの描きたい!(でもまだ描けない!)」という絵に対して落ち込むんじゃないだろうか。

「比べて落ち込む絵には、自分の理想がひそんでいるんだよ。私もそんな絵を描きたい! と思っているってことだよ」ということ。

これは私の経験なのだけど、同じジャンルに「なんか嫌い、けむたい」と感じる人がいた。その人の絵は上手いんだけど、TLに流れてくると目にするだけで落ち込むようになった。

自分の中だけでなんとなく「絵は上手いけど性格悪そうだし、こういう人にはなりたくないな」みたいに思っていた。

嫌いな絵柄なわけでもない、地雷の要素があるわけでもない。

あるとき何かの気まぐれで「あんまりムカつくから、絵柄を真似て描いてみよう!」と思って描いてみた。そしたらなんだか面白くて楽しくて、「もしかして、私もこういう絵を描いてみたかったのかも」と気づいたわけです。

「私もこんなふうに描きたいけどどうせ描けないし。真似して描いてみて、もし描けなかったら落ち込んでしまうし……」という気持ちが「なんか嫌い、けむたい、見ているだけで落ち込んでくる」になっていたのだと思う。

実際描いてみると「なんだ! 私もこれくらいは描けるじゃん」という部分もあり、「あーこのへん私にはまだまだ描けないな」という部分もあり、なんというか、決着がついた。

河原で思いっきり殴り合って寝転んで笑い合う、みたいなすがすがしさがあった。(一人だけど)

比べて落ち込んだら、その絵をそっくり真似して描いてみるの、おすすめです。(※もちろんSNSにアップしたらダメです。)

自分の長所を探るための比較をしてみる

せっかく比較をするなら、自分の絵のいいところを見つけるための比較をする、という方法もある。

私は「自分がどんな絵を描きたいか」というのをはっきりさせることでかなり楽になると思っていて、それについてはこの記事に書きました。

上手いか下手かで比べるのは不毛なので、もっと、ビジネスホテルの比較サイトくらいに細分化して比較する。

例えば、

  • 原作らしさ
  • 今っぽさ
  • レトロっぽさ
  • 線の始末
  • 構図の多様さ
  • 落ち着いた配色
  • 派手な配色
  • 泣き顔の表現
  • 笑顔の表現
  • トーンの処理

みたいなところをそれぞれ比較して、自分が欲しい項目で負けたらそこを取り組む。

自分が欲しくない項目で負けても別になんとも思わなくていいし、気が向けば変えたり直したりしてもいいもんね。

落ち込むことがあまりにも多い人は……

上手い絵と自分を比べて落ち込んでしまう、というのはごく当たり前なことで、比較のしかたに気をつければそこまでイヤなものでもない。

考え方のクセに気づいて、やめてみる

しかし「落ち込みまくってずっと自分の絵も手につかない、この世のすべてが憎い」みたいな(昔の私のような)人は、健全な比較ができていないのだと思う。

「私は平均以上できているのかな? 自分に価値はあるかな?」

「これで私は恥ずかしくないかな? 生きていていいの?」

「誰かの気分を悪くしないかな?」

それらは上で書いてきた通り、今までの学校教育や団体行動で身についてしまった考え方のクセにすぎない。

ネガティブが気持ち良くなっちゃってたら、やめてみる

また、ネガティブ思考って、あるレベルを超えると気持ち良くなっちゃうというのがある。

ネガティブ思考をして胸がざっくり切れるみたいなあの苦しい感覚も、脳にとっては中毒性の高い刺激となる。

布団の中で「私なんてどうせダメだ……」と自分を傷つけてイジイジ泣くのが楽しい、っていう経験が私はあるのだけど、これは脳がネガティブ中毒になっていたんだと思う。

これって脳は気持ちいいからついやりたくなるけど心が死ぬので「私もそれやってるかも」と思ったらためしにやめてみてほしい……。

タイトルとURLをコピーしました