上手いのにつまらない絵は、テーマがないのかも。絵のテーマって何?

「絵は上手く描けてるのに、イマイチ目をとめてもらえない」

「クオリティの高い絵をまとめてアップしてるのに、イマイチ反応が薄い」

という人向け、【それってつまらない絵=テーマがない絵になってしまっているのかも?】ということについて。

デッサンもしっかりやってるし、絵はそこそこ上手い。背景も描ける。着彩もきれい。

それでもイマイチ反応がもらえない……という絵ってある。

それって、いわゆる【上手いけどつまらない絵】になってしまっているのかもしれない。

【上手いけどつまらない絵】ってどんな絵?

どうしたら【上手いけどつまらない絵】を脱却できるの?

ということについてまとめている。

【上手いけどつまらない絵】ってどんな絵?

【上手いけどつまらない絵】というのは、伝えたいことが無い絵。

敢えて言うなら「私の絵、上手いでしょ?」しか伝わってこない絵。

つまり【テーマがない絵】はつまらない絵になってしまう。

また、絵が上手い人ほどこの罠に陥りやすい気がする。

モチーフ(キャラ)とテーマ(そのキャラの気持ち)は違う

「そんなこと言っても、伝えたいことって? 世界平和とかいじめ反対とかを絵に込めるの?」

けっこう、こういう誤解をしている人がいるけどそうじゃない。それはメッセージ。

作者の言いたいことをキャラに代弁させている手法で、場合によっては鼻につく感じになりがち。(また二次創作で行うとキャラ改悪で反感を買うこともあるので注意しよう)

テーマというのは「そのキャラがどんな気持ちで何をしようとしているか。」

物憂げなイケメンが首に手を当ててただ立っているだけ、みたいな絵って、まあなんとなくポーズがついてて動きがある気がするし、上手く見えるからつい手癖で描きたくなってしまう。わかる。

わかるけど、それってモチーフ(物憂げな首の痛そうなイケメン)は描けていても、テーマがない。

首の痛そうなそのポーズが、「うーん困ったなあ」なのか「(照れて)へへへ、参ったなあ」なのか、「首が痛いなあ」なのか、だとしたら前後にどういう出来事があってその瞬間が生まれたのか。

それがテーマだ。

けっこう、何も考えず描き始めて後付けで表情をつけてしまって、似た感じの絵ばっかりになっちゃう人って多いんじゃないだろうか。

テーマ(キャラの気持ち)がない作品は苦痛

これは実際、経験したことがある人もいるんじゃないかなと思うんだけど、

「pixivですごく上手い人のログが20枚くらい上がってたけど、しっかり見たのは最初の1、2枚で、なんか、途中からパパッと飛ばしちゃった……」

「二次小説読んでて、下手じゃないんだけどなぜか目が滑って頭に入ってこない」

多分それは"描く技術はそこそこ高いけど、伝えたいことが無い作品"なんだと思う。

なんのテーマもない作品というのは、たくさん見ていると次第に苦痛になってくるのだ。

脳は目の前のことから情報を読み取りたい。

そのために熱心に目を使ってその信号を脳へ送って解析しようとしているのに、何も情報がないのでは脳が「ちょっとー、何の情報(刺激)もないじゃん。この労力、ムダ!」と放棄し始めてしまう。

だからせっかく上手く描けていても脳が拒否するので、興味を持って見てもらいにくい。

これはとてももったいない。

また上手い人ほど、手癖で描けるポーズを成り行きで描いても、なんとなくいい感じに形になってしまう。

【いいね】は「上手いね!」ではなく「わかる〜!」

上手いだけの絵にいいねがつきにくいのも、「伝えたいことが見えてこないから」という理由の場合が多いと思う。

なぜならいいねというのは「上手いね!」ではなく「そうそう、私も!」「分かる〜!」という共感によるものだから。

反応してくれない人も意地悪なわけじゃなくて、何を言いたいのか分からないから反応しようがないだけなのだ。

テーマがないただの上手い絵に対して反応しろと言われてもせいぜい「上手いね〜」しか言いようがない。

でも「上手いねと言われるの不愉快です〜」みたいな絵師もいるし、そうするともう何も言えなくなってしまう。

キャラの気持ちや前後の脈絡を考える習慣をつけてみよう

「絵にテーマを!」と言われると難しそうでめんどくさい気がするけど、そんなにたいした話じゃない。

テーマというのは「そのキャラがどんな気持ちで何をしようとしているか。」だと上にも述べたとおり、複雑なことではないのだ。

描く前にちょっとだけ「こんなことがあってこんな状況で、キャラはこんなふうな気持ち」と脈絡を決める習慣をつけてみるのがおすすめ。

細かく状況を決めれば動きやポーズも決まってくる

何なら背景や小道具だっていろいろ思い浮かぶ

描いたことのない背景やポーズ、小道具などを資料をもとに描くことで画力も上がる。

テーマを決めてから描くのは、飽きずに楽しく絵の練習をすることにもつながり、画力を上げることにもつながる。

テーマを決めるのが難しい人は、センス磨きをしてみよう

そうは言っても、そういう設定ってなかなか思い浮かばないよ……という人は、もしかしてセンスを磨きをサボっているのかも。

今まで通り描くだけではなく、テコ入れをしてみるのもいいと思う。

センスを磨くには、

  • 流行りや定番をたくさんインプット
  • 自分ではどう表現するかを考える
  • 実際にアウトプットして、足りない技術があれば補う

詳しくはこの記事にも書いている。

センスってつまり「自分は何をどんなふうに描きたいか」というのを見つけるためのものなので。

テーマの引き出しを作るのは、絵の練習より大切かもしれない

もちろん絵の練習をたくさんするのもいいことだけど、"自分が何をどんなふうに描きたいか"というもの、つまりテーマがなければ、絵を描く意味って薄れてしまうと思う。

だって、絵を描くのは自分の中にあるものを伝えるためだから。

「上手いね」と言われるために描くわけではないでしょう。

多くのインプットをして「何を伝えたいか」の引き出しを増やすことで、より豊かな表現につながっていくんじゃないだろうか。

タイトルとURLをコピーしました