「絵の練習頑張るぞ!」とTwitterで宣言しない方がいい理由

「今年は絵の練習頑張るー!こんな絵を描けるようになりたい!よっしゃ決意表明をTwitterでフォロワーに宣言しよう!サボってたら喝入れてもらおう!」

と考えている人向け【それやっちゃうと実現できないかもしれないので、宣言しない方がいいかもしれません】という記事。

年末年始、Twitterで「来年はもっと絵を描くぞ!」「来年は絵の練習頑張るー!」というツイートをたくさん見かけたんじゃないかと思う。

目標を立てること自体は悪くないけど、言った通りにここ数日で本当にバリバリ絵を描いてアップしている人ってあんまりいないんじゃなかろうか。(自分の経験です。バリバリ描いている人はこんな記事読まないで! そのままの素敵なあなたでいて……!)

そのうち上半期が終わる頃「上半期終わるとかうそでしょ……全然描けなかった〜」になり、推しの誕生日にも「今年もあんまり描けなかった〜去年絵ですみません」となり、年末「来年は絵の練習頑張るぞ!」の無限ループってこわくね?(自分の経験です)

全然描けてないのにオタク歴だけが嵩んで「もう私10年以上絵を描いてるのに上手くならない、才能がないんだ……」となってしまう。(自分の経験です)

その忌まわしきループを断ち切るために、まずは"Twitterとかで頑張るぞ宣言しない"をおすすめしたい。

この記事では、Twitterとかで頑張るぞ宣言してしまうとどういう弊害があるのか挙げていく。

「絵の練習頑張るぞ!」とTwitterで宣言しない方がいい理由

言っただけで、やった気になって満足してしまう

理由の一つがこれ。

「来年はもっと絵を描く! 練習頑張ります!」ってTwitterで言うと、応援なのか意外と多くいいねされたりして気持ち良くなって、満足感を得てしまう。描いてないのに。

「頑張ります!」っていうツイートに対してはいいねしたくなるのが人情ってものだから、普通の呟きよりも多くいいねが集まりやすい。

それでつい満足しちゃって実際の行動がおろそかになり、目標達成が遠くなるよねっていう話だ。

自己啓発系の人たちがよく挙げている、デレク・シヴァーズ氏のスピーチでもそう言ったことが述べられている。

このスピーチの中で、「目標を人に言う場合と言わない場合、どれくらい差が出るか」という簡単な実験が紹介されている。

163人の人に目標を立ててもらい、半数の人はそれを宣言し、半数は宣言せずに45分の作業をさせる。すると宣言した半数は30分すぎくらいで「もう十分やった」と作業をやめてしまった。宣言しなかった半数は時間いっぱいまで作業を続け、さらに「まだまだ目標には足りない気がする」と答えた。

実験によると「宣言したことで気持ちが満足してしまい、実際の行動がおろそかになる」ということのようだ。

人間って社会的に認められたい生き物なので、"絵が上手くなって注目されたい・認められたい"という目標が"がんばるぞ宣言することでフォロワーに注目してもらえたから気が済んじゃった"にすり替わってしまうのだ。

こういう感覚、実際に感じたことがある人も多いんじゃないだろうか。

「いいや宣言したぶんシャカリキに描いてるよ! 有言実行してます!」という人もいるのかもしれないけど、宣言したことで無意識で満足しちゃってるために自分ではシャカリキに描いてるつもりでそうでもない、ということも起こり得る。

実際これは自分でも感じたことがある。「宣言してそれを実際に行動に移したぞ! すごい! 偉い!」という満足感があるので、ちょっと普段より頑張っただけですっごく頑張った気になってしまうというか。

長い目で見ると、自分の満足感のわりに努力が足りてないってことになる。

「宣言しちゃったから守らないと……」と焦ってしまう

真面目な人に多いのが「宣言した手前、ちゃんと描かなきゃ」と焦ってしまうということ。

例えば「毎日絵を描いてアップします!」と宣言してしまうと、とにかく体面を守るために「質とかどうでもとりあえず描きゃいいんだ描きゃ」になってしまう。

それだと自転車操業というか毎日やっつけで、当然上達もしなければモヤモヤだけが溜まっていくんじゃなかろうか。そのうち負担が増してきて「絵描くのしんどい」「Twitterやめたい」になってきたり。

自分で自分の首を絞めているというやつだ。

他人のよけいな一言でやる気をなくしてしまう

世の中いい人ばっかりじゃないし、いい人のはずのフォロワーさんだってたまたま虫の居所が悪くてギスギスしていることもあるかもしれない。

エアリプとかで「頑張る宣言して実際描いてる人見たことないわ」とかよけいなことを言われてしまう可能性もないことはない。(私もそういう修羅場見たことある)

そりゃ「なにくそ!」って奮い立つ人もいるのかもしれないけど、そんなこと言われたらたいていの人はしょんぼりしてしまわないかしら。下手したらしばらく絵描きたくなくなっちゃう。

あと、「こちとら夢語っとんじゃい!」みたいなツイートにあんまりリアルで現実的なアドバイスをされても萎えちゃったりとか。

それから「今でも全然上手いですよー!」みたいなお世辞をいただいてしまうことで「じゃあ今のままでいいか」って努力しなくなったりというのも見たことある。

これはアレですよ、女が女に「え〜、そんなに細いのに! これ以上どこを痩せるの!?」って言ってダイエットをじゃまするのと同じアレですよ! 気をつけて! 悪気なくても害はある!

人に見える場所で宣言することでよけいな一言をもらってしまうのは、場合によっては致命的。

他人の目が気になってつらくなってしまう

「宣言したのに全然描けてない……」と恥ずかしく思ったり自分を情けなく感じたりする人もいるかもしれない。

「このフォロワーさん、宣言ツイートにいいねしてくれたけど『こいつ全然描いてないじゃん、嘘つき。いいねして損した』とか思われてないかな……」

「フォロワーさんたちに『口だけで何も描かない』とか思われてたらどうしよう」

それが次第に、

「やっぱり私はセンスも才能もない上に努力もできないクズなんだ、まわりにもきっとそう思われてるに違いない、恥ずかしい」

みたいにエスカレートしたらそうとうつらくなっていくと思うし、疑心暗鬼でまわりともギクシャクしてしまう。

目標を人に言うと萎えてしまう

これは自分の場合なんだけど、目標を人に話すと気持ちが萎えてやる気が薄れてしまう。

誰にも言わないうちは自分だけの大事な目標なのに、人に言っちゃうと世俗にまみれて汚れてしまう気がするというか。神秘性がなくなる。

本当に頑張りたいことは自分だけでひっそり大事にしておきたいというか。

この感覚わかる人、きっといるんじゃないかしら?

目標宣言は陽キャに任せとこ

上に書いてきたように、目標を宣言することでやる気が中途半端になったり、できないときに人目が気になったりして、無駄に挫折感を大きく味わうことになる、というのがあると思う。

挫折感が積み重なるほど、絵を描くのはつらくなる。

だから"目標を宣言するのをやめてみる"のも一つの手かなと自分は考えている。

「でもでも、目標は宣言するべし! みたいな風潮なかった?」

確かに一昔前の自己啓発系では「目標は人に話すべし! 自分の尻に火をつけて逃げ場をなくせ!」とか「まわりに目標を話すことで監視してもらおう! サボってたらケツを叩いてもらおうね!」みたいな感じが一般的だったと思う。

でもそれはさ。

「テヘッ☆目標宣言したけどできてません!」とか「目標には到達せずでしたー(絵文字)思うようにならないのが人生ですよね(絵文字) 次こそはさらなる飛躍を(絵文字)」とか、すがすがしくFacebookとかで言っちゃえるような陽キャの場合はそれでもいいと思う。

(※ここで使っている陽キャとか陰キャはただの概念です)

「目標達成できなくたって私は素敵なの」と思えるなら、"目標に向かって頑張ること"自体が楽しいのなら、それはそれで素敵だもの。いい人生だよ。

だけど「あー張り切って宣言したのにできなかった、自分は努力が足りない、恥ずかしい、どう思われてるだろう……」とソワソワしてきちゃう我ら内省型陰キャとしては、他人に目標を宣言するメリットなんかひとつもないわけです。

張り切って目標を宣言して「みんなー! 私がサボってたら尻叩きしてね! そのかわりがんばってたらイイネで応援よろしくお願いしまーす! 頑張りまーす!」ってツイートするのは陽キャに任せて、まず一年黙って自分の心だけに火を灯してやってみるというのもいいかもしれない。

自分の心にサンクチュアリを作って、大事なことはそこから出さない。

このほうが、オタクの気質に合っている気がするんです。

「目標は人に話さないほうがいいかも」って当時では珍しいスピーチをしたデレク氏も、ひょっとしたら本質的には陰キャだったのかもしれませんな。

※このブログを書いている高橋がTwitterを始めました。 → @tkhs_bsdz

Twitterでブログ更新のお知らせをしていくので、気軽にフォロー&声をかけてもらえればと思います。

タイトルとURLをコピーしました