【感想がこない】それたぶん下手だからとか嫌われてるとかじゃないよ

「絵を描いても感想が全然もらえない…よっぽど私の絵ってダメなんだな…」

「感想くださいっていつもお願いするのに誰もくれない、フォロワーさんたちに嫌われてるのかな…」

と悩んでいる人向け【下手だからとか嫌われてるとかじゃないよきっと、感想がこない理由っていうのは】という記事。

私自身、個人サイトの時代から【かんこな(感想来ない)】をこじらせてだいぶ悩んだことがある。

その頃はweb拍手が主流だったんだけど、【ぱちこな(拍手すら来ない)】っていう言葉もあった。

毎週マンガを更新してたんだけどなんの反応もなくてガッカリして、まわりの絵描きさんたちが「拍手のお返事ですー!」って日記上でいっぱいお返事してたりすると「私の絵はそんなに下手なのか? この邪悪さが染み出してるからダメなのか? こんな醜い心で、私は生きている価値があるのか……?」と黒いものが胸に渦を巻いてきたっけ……。

今となれば「全然そういうことじゃなかった!」というのが分かる。

そう、全然そういうことじゃないんですよ……。

この記事では、

  • 感想がこない理由について
  • どうしたら感想をもらいやすいのか

ということについて書いていく。

【感想がこない】それたぶん下手だからとか嫌われてるとかじゃないよ

まず書いておきたいのは一般的に「絵に感想をください」ってけっこうな無茶振りだということ。

"自分の思ったこと・感じたことを文章にして人に伝える"

というのはなかなかの高等技術だと思う。

それを、普段から思ったことを文章や絵にし慣れている人はつい忘れがち。

自分の気持ちを文章にするのがそもそも難しい

普段創作をしない人にとっては、自分の思ったこと、気持ち、感じたことを文章化して相手に伝えるってなかなか難しい。

だって普段手紙なんか書かないし、LINEとかでも自分の気持ちって伝えないし。「りょ」「草」とかで通じるし。

気持ちを正確に言葉で出力するって、みんながみんな簡単にできるわけじゃない。

しかもマンガならまだしも、絵に対する感想ってだいぶ無理難題だと思う。

【感想文】を書くことに苦手意識がある人が多い

小学校の夏休みにやらされた読書感想文、苦にしていた人も多いんじゃないだろうか。

作者の気持ちを読み取って、教師の意図をチラチラ窺いながら、「主人公は親を亡くして悲しかったと思います。私も両親を大事にしなければいけないと思いました」みたいないい子ちゃんぶった道徳的な文章にまとめなければならない。

「〜だと思いました」「〜と感じました」しか書けなくて、我ながら幼稚で恥ずかしくなっちゃったり。

そりゃ感想苦手になるわ。

「感想ください」って簡単に言われても「いやいや無理無理! 書くのに一ヶ月半(夏休みいっぱい)かかっちゃう!」ってなる。

「間違ってたら恥ずかしい」と思っちゃう

感想に間違いもヘッタクレもないはずなのに、「自分の感想がもし間違ってたら恥ずかしい」と思ってしまう人もいるかも。

自分の時代は読書感想文も賞があって、感想に優劣が付けられていた。

四苦八苦して自分の感じたことを文章にしたのに「はいあんたの感想はダメ」ってなかったことにされてしまう。それじゃもうイヤになるよね……。

絵描きに感想を送りたくても、見当違いのことを言ってしまってたら恥ずかしい、間違ってたら恥ずかしいと思ってしまう。

作者をイヤな気持ちにさせたくない

SNSではたまに絵描きさんが「こういう感想来たけど傷ついた……」「これって褒めてるつもりなんだろうけど不愉快だわ」みたいなことを言ってることがある。

例えば「誰々の絵に似てますねって感想もらったけどモヤモヤした」とか「上手いですね!ってコメント来たけどなんで上から目線なの?」みたいな。

「えー、そういうふうに受け取られることもあるのか!」って、送る側からすると怖くなっちゃうかもしれない。

こういう言い方、イヤじゃないかな? 怒らせないかな? なんて考えていたら疲れてしまう。

謙虚でシャイな人が多い

私もそうなんだけどオタクは「好きなもののことをいっぱい語りたい!」と思う反面「でもこんなこと今さら私が言わなくてもみんな知ってるよね」と、前に出かけては引っ込んでしまう習性がある。(人もいる。)

「このコマってあの映画のオマージュになってるんだ! これはすごい! でも私が気付くことなんてみんな気付いてるだろうし、作者さん言われ飽きちゃってるかもなあ……」

と思うと、「私が送らなくてもいいか……」とマシュマロを閉じてしまう。

これを全員やるので、絵描きさんのところには一通も届かない。

テーマがない絵には感想を言いづらい

最後に、絵自体に問題があるケースについて。

テーマがない絵には感想って言いづらい。

例えば稲が実った田んぼの写真があるとして、何でもいいから感想を言えと言われたらちょっと困るんじゃないだろうか。

感想文が得意な人なら「黄金の波のようです。大地の実りに人間は生かされてるんだなって感じますね」とかなんとか言えるかもしれないけど、苦手な人は「田んぼですね」くらいしか言うことない。

これが、同じ田んぼでもアニメキャラを模した案山子がいっぱい立ってる風景なら、

「農家さんが○○のファンなのかな?」

「○○が守ってくれれば田んぼも安心ですね」

「夜見たらちょっとびっくりしそう笑」

みたいに、気軽に誰でもいろいろ言えると思う。

"のどかな田んぼに一見場違いなアニメキャラの案山子が立っているアンバランスさが面白い"というテーマがある、つまり"この写真の面白ポイントは一目瞭然、ここですよ!"というのがあるので、見た人が安心して「ここが面白い!」と反応することができるのだ。

絵でも同じで、単に上手い絵だと「上手いですね」しか言えないから感想を言いにくくなってしまうということです。

逆に言うと、絵にテーマを持たせる、あるいはツッコミどころを持たせると感想を言いやすくなるのではなかろうか。

あとは、同じ構図や同じ表情ばかりでも感想を言う側も困ってしまう。

「アンニュイな横顔がいいですね……ってこれこないだも言ったしな……」になってしまう。感想もらう側は気にしなくても送る側が気にする。

【感想】のハードルを下げるといいのかも

「感想ください!」と何度言っても、シャイガールたちをさらにシャイにさせちゃうだけ。「絵描きさんが感想欲しがってる〜! でもあーんごめんなさい私には無理……」で気まずくなって距離を置いちゃう……なんてことも。(そういう経験ないですか、私はある)

なので【感想】のハードルを下げる。

よく「一言でもいいので!」とか言う人もいるけどそれよけい難しくないですか?

「一言でもいいのか、じゃあ『おもしろかったです!』以上!」ってわけにはいかないでしょう。

そうではなくて、

  • 匿名の感想ツールを使う
  • 選択式のアンケートを使う
  • まずは雑談から楽しむ

こんな感じ。以下の記事にまとめている。

あとは、誰でも気軽に一言言いたくなるようなテーマやツッコミどころがあることも、感想をもらいやすくするポイントなのかも。

感想こないのは、下手だからとか嫌われてるとかじゃないです。なのに勝手にそう思い込むことでよけい変な溝ができてしまって本当に敬遠されてしまうので、ただちにその考えをポイして楽になってほしい。

タイトルとURLをコピーしました