毎日絵を描く習慣をつけるため、やる気をうまいこと出していく方法。

「毎日描かなきゃ上手くなれないのに、やる気が出ない……」

「絵を描くモチベーションが上がるコツってないかな」

という人向け、【絵を描くやる気を出す方法】についての記事。

絵は、毎日描けるならそりゃ描いた方がいいだろうけど、なかなかやる気が起きないこともある。

「やらなきゃ。でもやる気出ない。なんかモチベーションが上がる動画とかないかな」なんて長々とネットしちゃったりして。

モチベーション、つまりやる気って、自分の脳の【側坐核】から出すものなんですってね。

根性とか性格は関係ない。ってことは、だらしなくてさぼりたがりの私でもなんとかなるってことだ。

毎日絵を描く習慣をつけるため、やる気をうまいこと出していく方法。

脳の【側坐核】から【ドーパミン】を出せばいいらしい

脳の仕組みはまだまだ全容は研究しきれていないけど、分かってきていることもある。

やる気を出すには【側坐核】という部分から【ドーパミン】という物質が出れば良い。

「いや、私のモチベーションはもっと複雑だから。そんな簡単な話じゃないから!」と思いたいけど、悲しいかな、どんな人間もドーパミンが出ればやる気が出てしまうのだ

脳研究者・池谷裕二さんの書籍がどれも分かりやすかったです。

側坐核からドーパミンを出すにはどうすればいいの?

これは有名なことなので聞いたことがあると思うけど、

"やる気は、まず始めないと出ない"

これ、「確かになー、そうかもな」と感じたこと、けっこうある。

池谷裕二氏も「やる気という単語はできない人によって創作された言い逃れのための方便です」と言っている。

つまり絵を描くやる気も、まずは描かないと出ないということになる。

でも作業を始めさえすれば、5分程度で側坐核が刺激されてドーパミンが出てくるとのこと。

これが【作業興奮】という現象で、この状態になれば集中力も増して効率的に取り組めるようになる。

「だから、その5分を始めるためのやる気が出ないんだよ!」

だよねわかる……。

そこで、最初の5分をなるべくヌルッと始めるコツを考えてみた。

ルーティンを決めておく

自営で商売をしていて毎日忙しい叔母に「毎日いろいろやるのってたいへんじゃない?」と聞いたときに、「やることは決まってるから自動でやるだけだよ。なにも考えてない。気付いたら全部終わってる」と言っていた。

それを思い出して、毎日のルーティンを決めてみた。(夕食後にやってます)

iPhoneの壁紙にしてあった写真を見る

iPadのメディバンペイントを開く

Apple Pencilを手に取る

模写

最初はカメラロールの写真を表示させていたんだけど、私くらいのめんどくさがりになるとこの数秒の手間がおっくうになっちゃってもうダメなのだ。

なのでより一瞬で参照できるように壁紙にした。

昼間SNSなどを見ながら「あ、今日はこれ描こう」と決めて壁紙にしておく。

毎日とはいかないけど、なにかイレギュラーなことが起こらない限りはやれています。

続けやすい環境づくりをする

ルーティンを決めてもそのルーティンをやるのがめんどくさい、というのがある。

なので極力無駄を排除する。

カメラロールではなく壁紙にしておく、というのもそのためだった。

あとはこんなこともやってみています。

  • iPadやApple Pencilは充電しておく(手の届く定位置に置いておく)
  • 机の上にiPadとiPhone置く程度の空きは作っておく
  • サブとしてコピー用紙を置いておく

小刻みに達成ポイントをつくる

私の場合「毎日全身絵を1枚仕上げる」とかだとちょっと荷が重いと感じてしまう。

だから「手だけでもいい」「衣装だけでもいい」みたいに小刻みに達成ポイントを作っている。

「手を描いたぞ! 今日のノルマはクリア! いやー私はエライね」とかやっていると気分が良くなり、明日も気分よくルーティンに取り組める。(私はノルマをこなしたら手帳に丸をつけている。)

また、「手だけならまあ描いてやるか……」と描いているとあっと言う間に5分がすぎて【作業興奮】が始まり、いわゆる"気分が乗ってきた"という状態になって「手だけと思ったのに全身描いちゃった」みたいな経験ってみなさんあると思う。

脳を気持ちよくさせて、うまいことおだてる。

ごほうびを用意しておく

"やる気"は"報酬"と密接な関係がある。

つまりごほうびを用意しておくとやる気が出やすく、やる気が出るとドーパミンが出てもっとやる気が出るという相乗効果。

「ごほうびを用意するといいってよく聞くけど、そんなに毎日用意できないよ……」と思っちゃうかもしれないけど、ささやかなものでもけっこう効きます!

「ノルマをこなしたら更新されてた動画見るぞ!」「1枚模写したらチョコ食べるぞ!」くらいのことでもいい。

私はダイエットをしているときに「ノルマをこなしたらレーズンひとにぎり食べよう!」とかやっていたんだけど、びっくりするほどやる気出たしびっくりするほどレーズンが美味しく感じた。

または「こうやって毎日がんばって、もう少し全身を描けるようになったら同人誌を作ってみるぞ!」みたいに長期的なごほうびと併用するとか。

運動や音楽を聴くのもいいらしい

ドーパミンを出しやすくするには、こんなことも効果的だと言われている。

  • 軽い運動をする
  • 好きな音楽を聴く
  • 瞑想する
  • 【チロシン】を含む食べ物(アーモンド、牛肉、大豆食品、チーズ、おかか)を食べる

こういうことって、実際の効果にプラスして「最近アーモンド食べてるからやる気出るわ〜!」「音楽聴いてやる気出すぞ!」みたいにポジティブ自己暗示にも使えると思う。

なお、音楽は「作業の前に」、「好きな音楽を」聴くのがいいようです。

作業用BGMを決めておく

作業用BGM(音楽や動画)を流しておくと、私の場合は長い時間続けられることが多い。

でもこれはモチベーションを上げるというよりは、モチベーションがいったん上がった状態をぼーっと維持するのに役立つ感じ。

ゲーム実況の再生リストや、レベル上げ配信などのまったりしたライブなどを作業用BGMにしています。

やる気を出すための工夫が大切

読んでて「よし自分も絵をがんばるぞ!」と燃えてくるような作品はたくさんある。

自分が好きなのは、日本橋ヨヲコ先生の『G戦場ヘヴンズドア』。

でも、いくら熱い作品を読んで心のうちでやる気が燃えても「私もやるぞ! やらなきゃ! やらなきゃいけないけど……」で行動せずに終わってしまうと、かえって罪悪感が芽生えてしまうというか。

実際に行動に移すために大事なのは、気持ちじゃなくて環境づくりな気がする。

  • まずは5分やればいいんだ、と気軽に
  • なるべくめんどくさくないルーティンを決める
  • 邪魔になるものを極力排除しておく
  • 記録をつけて達成感を味わう
  • ごほうびや目標を決めておく
  • お気に入りの作業のお供をたくさん持っておく

続かないのは根性のせいではない。

続かないときは自分の根性や性格を責めるのではなく、やり方を変えればいいだけ。

脳の仕組みを利用して合理的にやってみてそれでもダメなら、

  • まだ何か無駄な工程がある(ペンが使いにくいとか、机の高さが合ってないとか)
  • 心理的な抵抗がある(ジャンルに嫌な人がいて描いても投稿しにくいとか、本当は絵なんか描きたくないとか)
  • 心身が疲れていて絵を描く余力がない

みたいなこともあるのかなと思います。

いずれにしても自分を責める必要はない。

タイトルとURLをコピーしました