【毎日30分】短時間だから続けられる、イラストの練習メニュー例。

「イラストの練習をしたいけどあまり時間が取れない」

「毎日続けられるイラストの練習メニューを知りたい」

という人向け、【毎日30分で続けられるイラストの練習メニュー例】について。

「時間が取れなくて毎日イラストの練習ができない」という人って多いと思う。

でも絵を描くのって筋トレみたいなもんで、しばらく描かないとどんどん思うように描けなくなってしまうよね……。

がんばりやさんほど「納得いくまで練習を長時間がっつりしたい」と考えてしまいがちだけど、それだと毎日は難しいし、負担になって挫折もしやすい。

だったらそれこそ筋トレみたいに、毎日少しでもやるほうが安定してくると思う。

自分自身も飽きっぽいため、なんとか毎日少しの時間でも絵を描くような工夫をしている。

この記事では、なるべく短時間でなるべく毎日できる練習メニューについて書いていく。

【毎日30分】短時間だから続けられる、イラストの練習メニュー例。

部分模写30分×1本

「模写をするといいよ」というのはよく聞くけど、模写って時間がかかるしすごく疲れる練習だと思う。

なので私は時間がないようなときは、手だけとか耳だけみたいな部分模写をする。

手は特に、練習すればするほど絵が上手く見えるパーツでもあるので。

自分の手を見ながら描くのはあまり意味がない(ポーズや角度も限られちゃうし)ので、手のポーズ集を使った模写がおすすめ。

毎回描くページを探す手間を省くため、私は描くページを撮影してカメラロールに入れておくようにしている。

クロッキー10分×3本

時間がないときできるのがクロッキー。

「クロッキーやらなきゃ」と思うといやになっちゃうけど、「30分しかない!」となるといやになる暇がないので却って取り組みやすい。

10分くらいでやれば、3本できる。

ただ、30分しかない場合10分×3本やるとどれも中途半端になりがちなので、自分の場合は同じポーズを3回描いてみるようにしている。

同じものを隣に並べて3回描くことで「次はもっとここをこう描こう」と改善していけるし、「1回目より3回目の方が上手くなってるな」と納得や満足も得られるので。

クロッキー嫌いな人、苦手な人におすすめの方法かもしれない。

クイックスケッチ5分×5本

クロッキーとはまた少し違って、人体の動きをとらえるクイックスケッチも短時間の練習に向いていると思う。

絵ときちんと向き合って描く気がしない……なときはダラダラっと動画を観ながら、テレビを観ながら、目についた人間の動きをパパッと描きとめるだけでも練習になる。

実際のモデルさんを呼んで描くクイックスケッチ会などもあるけど、YouTubeを観ながらちょこっとやる"なんちゃってクイックスケッチ"もけっこう楽しい。

5分×5本やれば30分くらいは絵を描いたことになるし「今日もちゃんと絵を描いたぞ」という達成感にもつながるのでそれもメリットかも。

クイックスケッチの詳しいやり方についてはこの記事に。

初心者なら『sensei』の無料動画講座もおすすめ

初心者なら、pixivが運営するお絵描き講座『sensei』の無料動画でレッスンをするのもペース作りにいいかもしれない。

イラストの描き方を動画で学ぶ! - sensei by pixiv
pixivが運営するお絵かき学習サービス「sensei(センセイ)」。3分動画でお絵かき上達!いますぐ無料ではじめられます。

一つの動画が3分なので、それを見てから『pixiv sketch』で描いてみてアップするまでだいたい30分くらいでできると思う。

『sensei』を利用した"6ヶ月で絵が上手くなろう計画"についてはこちらに書いた。

すぐに描けるよう日頃から準備しておくといいこと

毎日たった30分といっても、そのためにいちいち準備をしていたのでは時間も食うし億劫になってしまう。

なのでその30分を続けるために、日頃から準備をしておくといいポイントがある。

  • 今日の練習の終わりに、明日やることを決めておく
  • やる時間帯を決めておく(朝活時間、夕食後など)
  • 描くものはカメラロールに保存して、すぐ見つけ出せるようにしておく

つまり、その時間になったら何も考えず始められるようにしておくこと。

今日の分の練習が終わったら明日やることを決めておく。

例えば、

「今日は部分模写で手を描いたから明日は◯◯の本のp35に載ってる写真でクロッキーやろう」とか、

「明日忙しくて時間なさそうだから、バラエティ観ながらちょこちょこっとクイックスケッチできればやろう」とか。

明日のことを決めておくと、心の整理がつきやすく続けやすい。

小学校の帰りの会みたいな感じ。

毎日続けるための気持ちの持ち方・ポイント

また、完璧に描かなきゃ、上手く描かなきゃ、と思ってしまうと30分という短時間だと難しい。

しかし「30分とにかくやりゃいいんだ」って感じでも上達しにくいし、達成感も得られない。

そこで気をつけるといいポイント。

  • 一部分でも満足できたらそれでよし
  • 消しゴムを使わず、隣へ描く
  • 描けなかったら無理せず次へ持ち越す

例えば手を模写するにしたって、30分では満足する仕上がりにはならないことが多い。

なので、

「爪を上手く描くコツがつかめた気がするぞ」とか、

「お、親指の関節の位置が上手く描けたんじゃね?」とか、

一部分でも満足できる箇所があればそれでよしにする。

だって毎日描くんだから、ほんの些細なことでも満足できたらそれで十分。

あとはボールペンやコピー用紙を使うなどして、消さずにたくさん描くのがおすすめ。

消しゴム使ってると時間もかかるし、消して描き直しちゃうとよくなってるかどうかも分からなくなってしまう。

それから、どうしても波はあるので描けないときは無理をしない。

そこで「描けない! だめじゃん……」となるのではなく、「明日やろう! 明日ならスルッと描けるかもしれん」というメンタルが大切になってくる。

実際、どんなにがんばってみても描けなくて焦ったものが、次の日あっけなく描けるってことはよくある。

これは1日で上手くなったとかではなく、時間をおくと脳がリセットされるので。

日によって波があるこのあたりの感覚も、30分の短時間練習を毎日続けるとつかみやすい。

毎日描くのは技術面でももちろん効果があるけど、自分のバイオリズムを知る意味でもかなり有用だと思う。

時間があるときがっつりやろう、ではなく、毎日少しずつ続けてみてほしい。

タイトルとURLをコピーしました