手っ取り早く【上手いっぽく見えるイラスト】を描くポイントは?

「絵が上手いって言われたいけど、上手く見える絵ってどんなの?」

「上手い絵の条件って?」

という人向け、【このポイントを押さえるだけで、手っ取り早く上手い絵に見えるかも】ということについて。

"手っ取り早く、上手いっぽい絵を描くポイント"なんて言うと、なんだか不真面目に聞こえるかもしれない。

けど、本当に上手い絵を描くには一生、もしくはそれ以上かかる。

SNSで、趣味で、楽しみとして絵を描くなら、【本当に上手い絵】ではなく【上手いっぽい絵】でもいいじゃないか。

上手いっぽい絵が描けるとみんなに目に留めてもらえるし、何より描くことが楽しくなってモチベーションが上がるし、そこから少しずつ【本当に上手い絵】を目指したっていいじゃないか。

この記事では、

画力を上げなくても"手っ取り早く上手いっぽく見せる"ポイント

について書いている。

上手いっぽく見える絵の条件【お手軽編】

まずは、今すぐにでもできるお手軽なポイントを4つ。

  • 線を丁寧に、最後まで完成させる【難易度☆】
  • 手を使ったポーズを描く【難易度☆☆】
  • 流行りの顔を取り入れる【難易度☆☆】
  • 色塗りの参考書籍を買って真似する【難易度☆☆☆】

どれもすぐ取り組めて、即効で効果が上がる。

線を丁寧に、最後まで仕上げる

これはすぐにでも取り組めることだけど、線を丁寧に描くこと。

そして完成させること。

丁寧に完成させられたイラストというのは、それだけで目を留めてもらいやすい。

「いいねがつかない」と言っている人ほど、ざかざかっとしたラフっぽい絵=落書きの大量生産をしちゃっていることが多い。

線が多いと下手に見えるだけでなく、雑音だとみなされて目を留めてもらいにくい。自分も上達しないし良いことがない。

逆に、たいして上手くなくても線を丁寧に最後まで仕上げることで、雑な落書きよりは目を留めてもらえるようになっているはず。

  • 多線を重ねず、一本一本丁寧に
  • アタリもきちんと丁寧に取る
  • 描けない部分を雑でごまかさない
  • 「飽きた(オワタの顔文字)」をしない

ポーズ(特に手のポーズ)が描けている

ポーズが決まっている絵は、多少デッサンが狂っていようが上手く見えやすい。

デッサンの狂いではなく、まずはポーズに目が行くからだ。

特に手のポーズを描けるようになるのが手っ取り早い。

手のひらをこちらに差し出しているポーズ、最近やたら見るでしょ?

あれも簡単に上手いっぽく見えるからやっているのだ。

まず、顔の前に手を出すポーズは遠近感が生まれるし、構図も作りやすい。

また手は情報量の多いパーツだ。指は左右で10本もあるし、複雑な形をしている。なので手に目線を誘導することができるのだ。

単純に手がきちんと描けていると上手く見えやすいということもある。

手を使ったポーズは、イラストのあらゆるアラをごまかせる。

ポーズ集を買うなら、手に特化したポーズ集がおすすめ。一冊参考にするだけで、断然上手いっぽい絵になる。

流行りの顔が描けている

「流行りの顔」ってなんぞやと思うかもしれないけど、目の描き方や髪の塗り方、歯の見え方、口の中の描き方なんかはかなり流行りの要素が高い。

pixivなどのランキングを長年見ていると、時々刻々と表現の流行りが変わっていくのが分かる。

流行りの絵=たくさんの人が見慣れて、上手いと感じる絵。

これを意識するだけで、簡単に上手いっぽくなる。

イラスト雑誌を定期的に購読するのでもいいし、お金がかからない方法ならpixivなどでランキング入りしている作品を参考にするのもいい。

ソフトを使いこなしていて、塗りの技術がある

よくSNSで「私の線画塗ってくれませんか」みたいな塗り絵企画があるけど、大したことない線画でも他の人が塗るとすごいイラストになったりする

色塗りは上手い下手じゃなく、単にソフトの使い方を知っているかどうかなので、これは知っておかない手はないだろう。

これも書籍を参考にするのが手っ取り早い。

いろいろな着彩タイプの作例が掲載されているこちらがおすすめ。

こういったポイントを抑えていくと、今まで「上手いなーすごいなー私には全然ムリだ……」とただ羨ましかった神絵師のイラストも、

「あ、あの本に書いてあったエフェクトを使ってたのか」とか、

「このポーズのせいで上手く見えてるんだな」なんて分かってくる。

"上手いっぽく見えるポイント"を見破って、上手くオイシイとこだけ真似する。

そしたらあなたも"なんちゃって神絵師"まであと一歩。それってめちゃくちゃ楽しくない?

上手いっぽく見える絵の条件【ちょいがんばる編】

ここからは、"そこまで手っ取り早くないけど、欲が出たら取り組んでみてもいいかも"なポイントについて。

最低限のバランスが分かっている

人体のバランスを分かった上で描いている絵は上手く見える。

それには、美術解剖学を一通り知っておくのがおすすめ。

「それってプロがやることでしょ? 本格的すぎて全然手っ取り早くないじゃん!」と思うかもしれないけど、言うほど難しいものでも本格的なものでもない。

乳首の位置は頭ひとつ分下、とか、下ろした腕のヒジはヘソの位置、みたいな、知っていると「へえ〜」となる、手っ取り早い面白知識の数々だ。

美術解剖学の書籍を何か一冊模写してみると、かなりバランスが身につくと思う。

模写するなら安定のルーミスがおすすめ。

……だったんだけど、最近はこちらの『人物を描く基本』がめちゃくちゃいい! と思った。ルーミスと違って日本人モデルなので、より分かりやすいし模写して描きやすい、すぐに自分の絵にも応用できる。

あらゆる人類はだいたい同じ位置に人体のパーツが付いていて、無意識でそのバランスを見慣れている。

それを紙の上で再現することで、「(違和感のない)自然な絵だ」「バランスが取れていて上手い絵だ」と感じやすい。

逆に、幼児のお絵描きのように手足が短すぎたり長すぎたり、頭が大きすぎたりするものは「バランスが分かってない」「下手だな」ということになる。

最低限の関節や筋肉が分かっている

これも上と同じ、美術解剖学の分野。

"無意識で普段目にしている、人体の動き"を紙の上に再現できれば「自然で上手い絵」ということになる。

例えば腕は内側には曲がるけど、外には曲がらない。

足も曲がる方向や稼働範囲は限られている。

筋肉が付く位置だって決まっていて、例えばどんなマッチョマンでも、鎖骨のすぐ下には胸筋はつかないとか。

これを知らないと(知っていても描けないと)骨折絵になってしまうのだが、骨折絵は見る人に違和感だけでなく嫌悪感や恐怖を与えることもある。

(この関節の動き方についても、前述の『人物を描く基本』は丁寧に解説してあるのでおすすめ。)

固有色以外を使って、まとまりがいい配色ができる

まとまりがある配色の絵は、「うわあ、なんだこれセンスいいし上手い!」と感じるんじゃないだろうか。

線画はたいして上手くなくても、配色が上手いと上手く見える。

フィギュアスケートのスコアに例えると、線画の技術点+配色の演技構成点みたいな感じ。

さて、「色塗りが苦手で……」という人は、【固有色】しか使えていないことが多い。

固有色というのはそのモノ自体の色で、例えば肌にはうす黄色いピンク、制服には紺、背景のソファは緑みたいなこと。

固有色を見たまま塗っていると、ガチャっとしてまとまりがない印象になってしまう。

そういう場合は、周囲の環境を意識するといい。

「顔はうす黄色いピンクだけど、ソファの緑が反射して緑がかっている」とか、

桜並木の下にいるから、紺の制服も薄桃の霞がかかっている」とか、

空の青さが髪に反射して、青みがかった薄茶色になっている」というような。

上手い人の絵を見て「なんでここにこんな色を使うという発想が湧くんだろう……?」と感じたことがあるでしょう。

たいていはこの考え方で、周囲の色を反映させていることが多い。

周囲の環境を意識し、固有色(肌の色や制服、髪などの色)のトーンを合わせることで、まとまりのある配色になりやすいのだ。

デジタルだと、お絵描きソフトの"オーバーレイ"とか"覆い焼き"を使いながら色味を足すことで表現している人が多い。

シンプルな絵柄でベタ塗り派の場合は、単に配色辞典などを利用してもいいと思う。

私もシンプルベタ塗りなので、このシリーズの書籍を揃えて参考にしている。

Amazon販売サイトより引用画像
Amazon販売サイトより引用画像

動きがある

そして、動きがある絵。

"動きがある絵"というと、アスリートが激しくアクションしているものを思い浮かべてしまうかもしれないけど、それだけじゃない。

前後の動きや流れが想像できる絵であること

動きがある絵というのは、前後の動きが想像できる絵のことだ。

写真を撮られるときってポーズを決めて静止してしまうけど、それは動きのないつまらない写真になるよね?

みんなでいっせいにジャンプしたところを撮ったり、何かしているところを気づかれないうちに撮ったりした写真のほうが、生き生きとして面白い写真になるんじゃないかと思う。

イラストも同じで、前後の動きが想像できるようなものの方が目を惹くし、「生き生きした絵だな」と感じる。

激しい動きを描く必要はない。

"この人は何をしている途中なのか"を意識するだけでもだいぶ違ってくると思う。

詳しく言葉で解説できる絵であること

その絵を詳しく言葉で説明できるかどうかもポイント。

つまり「テーマがある」というやつだ。

例1)「本を持った女の子がメガネのフレームに手を当てて、こちらを見ている絵」

例2)「読んでる途中のページに指を挟んでいったん休憩している女の子が、目が疲れたのかメガネを外そうとフレームをつまんでいる絵」

例1のようなイラストってけっこう多いけど、「本を持ってメガネっ子がポーズを決めている絵」にしかならない。

例2のほうは「今まで読書をしていて、疲れたからメガネを外そうとしている」という物語が見える。

きちんと物語が見えることも、動きのある絵の条件だと言える。

pixivのランク入りイラストを見ていると、バストアップの何気ない作品でもこういう物語が見えるものが多い。

自分にできるとこからやっていこう

前半の4つは、今すぐにでもできることばかり。

特に手のポーズと色塗り技術を身につけることでかなり絵が変わってくる。

  • 線を丁寧に描き、完成させる
  • 手のポーズをつける
  • 流行りの顔を描く
  • ソフトを使いこなして色塗りをする

「おおっ、自分の絵が上手いっぽく見えるぜ〜! 絵を描くの楽しい!」となってきてから、もしもっと欲が出れば、美術解剖学や配色に取り組んでいってもいい。

そうするとポーズを描くのもより上達するし、着彩がさらに得意になったりと、良い循環になっていくと思う。

けど最初は欲張らず、まずは"上手いっぽい絵"を描けることを楽しんでみてほしい。

タイトルとURLをコピーしました