「自分の絵に自信が持てない…」もっと絵に自信を持つ方法について。

「自分の絵に自信が持てなくてつらい。Twitterでもコンプレックスばかり感じてしまう」

「もっと絵に自信を持ちたいけど、どうやったら自信が持てるようになるんだろう……?」


という人向け、【自分の絵にもっと自信を持つ方法】について書いていく。

「十分上手いから大丈夫だよー」とか「もっと自分に自信を持って!」とか言われると「それができれば苦労はしないっつーの!!と昔の私は心の中でブチ切れていた。

そもそも絵の評価なんてあって無いようなものだから、他人から何を言われても言われなくても、結局は自分自身の問題だし。

また「自信を持とう!」みたいな話って精神論になりがちで、「他人を気にしないこと!」「楽しく描くこと!」とか言われてもなんの参考にもならないよね。

この記事では、精神論ではなく、私自身が経験して効果があったと感じている、【自分の絵に自信を持っていくための具体的な方法】について書いていく。

「自分の絵に自信が持てない…」もっと絵に自信を持つ方法について。

お金をもらって絵を描いてみること

知らない人から仕事の依頼を請け、納品し、お金をもらう、というのをぜひやってみてほしい。

(知り合いだとまたちょっとニュアンスが変わってくるので、できれば知らない人のほうがいい。)

「そんなに簡単にお金をもらって絵なんか描けないよ!」と思うかもしれないけど、今はネットでイラストのスキルを出品して仕事を請けられるサービスもいろいろある。

その気になれば誰だって今すぐにできるのだ。

メジャーなところでは【ココナラ】とか【SKIMA】など。

ギャラをもらうといっても、別にそんなに大仕事じゃなくていい。

私は小さい頃から絵を描いてきたけど、ずっとギャランティーの発生しない環境で描いてきた。絵に自信が持てずに悩んでいるほとんどの人がそうだと思う。

美大受験で合格しても、先生に褒められても、何かの賞を貰っても、作った同人誌にステキな感想をいただいても、Twitterでいいねをもらっても、どこか自分の絵に自信を持つことができなかった。

しかしひょんなことからデザインの仕事をさせてもらうことになり、納品して請求書を出してギャラが振り込まれたとき、「私の絵にはちゃんと価値があるんだ」「私は絵を通して社会とつながっているんだ」と実感することができたのだ。

「上手いねー」「すごいじゃん」といくら口で言われてもお世辞かもしれないけど、納品したものに対してお金を払ってもらえるというのはお世辞ではない。お世辞でお金は発生しない。

また、自分の描いたものを通して社会と関わっている、という実感は、私に強い自信を与えてくれた。

自分の描いたものへ"ギャラ"という形でハッキリと対価をもらうことで、自信というのは確実についてくる。

自信が無い部分と自信がある部分を分けて考える

「自分の絵に自信がある」と言っても、人体も風景もメカも、デジタルもアナログも線画も着彩も全部自信がある! なんて人はいない。

逆に、「絵に自信がないな……」と感じている人でも、どこかしら「ここは描けていると思う」とか「これを描くのはちょっと自信がある」という部分はあるんじゃないだろうか。

まずは自分の「自信がある部分」と「自信がない部分」を分けて考えることがおすすめ。

自信がある部分を意識できれば絵を描いていてもむやみにオドオドしなくて済むし、自信がない部分を意識できれば「ここが苦手だからもうちょっとこういう練習してみようかな」みたいに冷静に前に進める。

「自信がない!!」となってしまっている人は、自分の絵にどこが足りないか怖くてハッキリ見ることができていないことが多い。

そのため「私は絵に自信がない、丸ごと全部自信がない! どうせ全然ダメなんだー!」になってしまっているんじゃないだろうか。

0か100かで判断するのは認知の歪みを引き起こし、無駄に気持ちを消耗させるので、そのクセはすっぱりやめよう。

ちょっと怖いけど、自分の絵と向き合ってどこに自信がないかをハッキリさせることで、怖さがなくなる。

自分の絵をたくさんの人の目に触れさせる

自信がないと、Twitterにアップするにもドキドキしてしまって「やっぱりやめておこう……」となってしまいがち。

けど、自分のイラストをたくさんの目に触れさせるだけでも自信というのはついてくる

というか、人目に触れさせなければいつまでたっても自信がつかない。

人の目に触れれば少しずつでも反応が集まり、作品を通して自分と外とが繋がることができる。

自己満足(だけ)しているうちは自信というものはつかない。

作品を通して他者と繋がることでしか、自信はつかない。

先に述べた"お金をもらって絵を描く"というのは、それの最たるものなのだ。

「お金をもらって絵を描くのはちょっとハードル高すぎるな……」という人は、積極的に自分の絵をTwitterにアップすることから始めてみよう。

長年描く

「人って、何かを一定以上のレベルで修めるためには10000時間かかるんだってよ」という記事を以前書いた。

長年描き続けることで、自分の中に実績が積もっていく。

練習量が増えるのはもちろんだけど、作品を人目に触れさせたり、自分の絵の得意不得意と向き合う機会も多くなる。もしかしたら私のように、ひょんなことから絵の仕事をもらうこともあるかもしれない。

  1. 【ココナラ】とかでお金もらって絵を描いてみよう!
  2. 自分の絵の得意不得意と向き合ってみよう!
  3. Twitterとかにどんどんアップして人目に触れさせよう!

といろいろ書いてきたわけだけど、多分みんなどれもやらないでしょ???

「お金もらってイラスト描くのなんか私には無理だし……」とか「Twitterにアップするの恥ずかしいし……」とか「あー、突然自信が降ってこないかな、なぜか憧れの神絵師にフォローされるとかないかな……まあ無理だよね、はあ……」とか考えて、結局何もやらないでしょ? 私もそうだったから分かる。

でも、そんな引っ込み思案な言い訳ちゃん(私みたいな人のことね)でも、長年描き続けてさえいればなんか機会はある。

ただ、気が遠くなるような時間はかかってしまう(私の場合は30年とか)ので、早めに行動を起こしちゃえば早く結果が出てお得ですよ! 絶対に!

絵に自信を持つと、別のことにも自信が持てたりする

私は自分で自分のことを「絵を描くくらいしか取り柄がない」と思っていたので、その絵が評価されないうちは自分自身にも価値を感じられずにいた。

もしかしたら、私みたいに思っちゃっている人はけっこういるんじゃないだろうか。

絵なんか描けなくてもあなたは価値がある人なんだけど、こんなふうに他人から言われたところで信じられないでしょ?

だって自信なんて自分の内側からしか湧いてこないものだもの。

自信なんて自分の中の幻想だもの。

だったらあなたの得意な絵に自信を持つことができれば、自分自身にも自信を持つことができると思うの。

私はただ悶々と悩みながら積極的な行動も起こさず長年描いてきてしまって、時間がいっぱいかかってしまったけど、みんなには手っ取り早く、上に書いてきたような方法を試してみてほしい。

人生のうちで早めに自信が持てると、残りの人生かなり楽しくなるので。

タイトルとURLをコピーしました