【絵が上手い】のバリエーション9種類。自分はどこを目指すのか。

「絵が上手くなりたいけど、何をすればいいか分からない」

「だいたい、絵が上手いってどういうこと? どこを目指せばいいの?」

そんな疑問のために、【絵が上手いってどういうこと?】についてまとめている。

まず、絵を描いていく上でのあなたの最終目標はなんだろうか。

「絵が上手くなりたい」というのは最終目標ではないはずだ。

そもそも絵というのは太古の昔から、宗教の教えを説いたり、偉い人の功績を称えたりなど"人に伝えるため"に描かれてきたもの。

今では、"自分の中にあるものを表現するため"に描かれることが多いと思う。(上手い絵を描いてチヤホヤされたいから、という理由はここでは置いておいて)

「絵が上手くなりたい!」というのはつまり、

「自分の中にあるイメージを、もっと上手く伝えるための手段が欲しい!」

ということではないだろうか。

つまり"自分の中にあるもの、表現したいものを描くために、どんな方法を磨いたらより良いか"ということ。

そうすれば、「上手い絵ってどんなもの?」という問いにもたくさんの答えが出るし、具体的にどんな方法をとればいいかも分かってくる。

絵が上手いってどういうこと?

(ここでは敢えて"人体を正しく描ける"という要素は抜いている。)

流行りの絵柄が描ける

まずは、流行りの絵柄が描けるということ。

主にpixivなどのイラスト系SNSでは、絵柄にも流行がある。

当然、流行りの絵柄はたくさんのいいねを集めやすく、いわゆる"神絵師"にもなりやすい。

「あんな絵、別に上手くない。流行ってるだけじゃん」と批判する人も多いけど、"アンテナを立てて流行りの絵柄をキャッチし、おおぜいに受け入れられるイラストを描く"というのはたいへんなスキルであり、重要なセンスだ。

一見高尚に見えるけど、芸術にだって流行がある。

西洋美術の歴史だって、さまざまな流行で成り立っているのだから。

動きのある絵が描ける

生き生きと動いているような絵が描けること。

人体はそこまで正確に描けていなくても、上手いと感じるのではないだろうか。

動きのポイントを押さえて表現することは、人体を正確にとらえることとまた別の能力が必要になる。

例えばジブリ作品などでは、キャラクターのささいな仕草も生き生きと表現するために、一枚一枚に心を砕いている。

漫画家やアニメーターを目指す人は、特にこの要素も重要になるだろう。

人目を引く配色ができる

色で魅せる、というのも絵の要素だ。

最近はSNSで海外のイラストレーターたちと交流することも多いけど、日本にはない色遣いでハッとすることも多い。

環境や文化、好みによって、使う色彩は意外と固定されてしまっている。

だからこそ磨かれた色彩感覚で、人目を惹く配色ができるというのは大きな強みだと言える。

表現したいことをガンガン伝えてくる

想いがガンガン伝わってくる絵が描けること。

人気マンガでよくあるパターンが、「デッサンは狂いまくってるけどアクションシーンが最高。デッサンの違和感を凌駕する」みたいなものだ。

画力が低い漫画家、なんて揶揄されたりするけど。

ルネサンスの後期にも、【マニエリスム】という流行があって、これも現代風にいうと「骨折絵だけど表現したいことがガンガン伝わってくる」。

そもそも絵というのは、何らかの想いを伝えるためのもの。

とすれば、画力が低い=絵が下手、なわけではないはずだ。

模写が正確にできる

模写が正確にできること。

「模写ができてもオリジナルが描けなきゃ意味がないよ」と言われるけど、アートの世界には【贋作師】という存在もある。

ベルトラッチという贋作画家は2000点のニセモノを描いて、その被害総額は45億以上だったと言う。

しかしその絵を「上手い」「素晴らしい」と思った人が多かったからこそ、美術界を騙し続けることができたわけだ。

よく見てディテールを描ける

よく観察し、見たものを写しとる表現力が優れていること。

小さい頃、図工の時間によく言われたのが「よく見て描きましょう」。

カブトムシの足に生えてる毛とか、松の木の樹皮一枚一枚、よーく観察してそれを画用紙に写しとることができる。

それは観察力、見たものを写しとる表現力が優れているからできるのだ。

小学生の一見つたないような絵でも、「ここの部分の描写すごい! よく見て描けてるなあ!」と感嘆することもある。

それの延長線上にあるのが、桂正和先生の描くパンツのシワ。

そのディテールが、人の目と心を惹きつける。

デフォルメ、省略ができる

適切なデフォルメ、省略ができること。

どれだけリアルに描こうが、しょせんはどんな絵も現実のデフォルメ。

"現実を紙の上にどうやって表現するか"というのが絵描きの命題だから、デフォルメや省略のスキルが高ければ高いほど【絵が上手い】と言える。

似顔絵なんかも、特徴を簡略化してその人物の顔を表すスキルだ。

正確でなくてもそれっぽく見せて、伝えることができる、ということ。

絵を描くためのソフトの知識がある

絵を描くためのハードやソフトの知識があること。

今やデジタルが主流で、絵の仕事をするならデジタル絵が描けないと難しい。

絵を描くためのソフトを使いこなせることも【絵が上手い】と言えると思う。

適切なブラシを選び、パース定規を使いこなし、印刷にモアレが出ないようなトーン処理をしたり、必要なエフェクトをかけたりする。

「デジタルなんて、絵が下手な人が楽してるだけ!」という人もいるけど、本当にそうだろうか?

視線誘導の勘がある

見る人の目を、誘導できる絵を描けること。

いわゆる"視線誘導が上手い絵"を描く人がいる。

構図だったり、モチーフの大小、空間の開け方、色選び、描き込みの粗密などで自然に見る人の視線を誘導し、大きな感動を与えるテクニック。

これはテキストなんかで学んで覚える人もいれば、多くの作品に触れることで知らず知らず身についてしまい、感覚でできてしまう人もいる。

"部分部分を見るとそれほどの画力ではないのに、イラスト全体を見たときについつい引き込まれ、見入ってしまう"みたいな経験は誰しもあるだろう。

自分の伝えたいことに応じて表現を磨こう

「絵が上手くなりたい」というのは漠然としすぎていて、何からがんばればいいかも分かりにくい。

だからつらくなったり、挫折したりもしてしまう。

「絵が上手くなりたい」は禁句にした方がいい。

まずは、自分は何を伝えたいか、見る人にどんなふうに感じさせたいかをはっきりさせよう。

見ていて心臓がギュッとなるようなアクションシーンが描きたいなら、人体の精密なデッサンより他に磨くべきことがある。

一瞬リアルの世界に引き込まれるような絵が描きたいなら、観察力や写しとる練習をしてみるとか。

パッと見て「似てる!」と笑ってもらえるような似顔絵を描きたいなら、線の省略をあれこれ試してみるとか。

「絵が上手くなりたい」と願ってしまうことで、にっちもさっちも行かなくなっている人ってたくさんいると思う。

上手い絵にも無限にバリエーションがあるんだってことを、意識してみてほしい。

その上で、自分はどのパターンの【上手さ】を目指すのかを考えてみてほしい。

この記事が少しでもヒントになればいいと思う。

タイトルとURLをコピーしました