模写すると絵が上手くなるおすすめ書籍。デッサン・クロッキー編

「デッサンやクロッキーをやってみたいけど、何をしたらいいの?」

「デッサンとクロッキーのおすすめ書籍ってないかな……」

な人向け、【デッサンとクロッキーのおすすめ書籍5冊。模写することから始めよう】という記事。

デッサンやクロッキーはできることならやりたくない、という人って多いのではないだろうか。

特にデッサンは、自分の下手さや描けてなさをまざまざと見せつけられる練習法なので、苦痛に感じるかもしれない。

でもデッサンって作品じゃないから下手でいいの!

上手い人だってみんな自分のデッサンで「うおお……なにこれ下手……自信なくなるわ……ガッカリ……」となっているのだ。

デッサンなんてそもそもそんなもの。

自分の下手さに笑っちゃうくらいで大丈夫。

ただ、デッサンって筋トレみたいなものなので、それがじわじわ画力として効いてくる。

「デッサンだから上手く描けなくて当たり前〜!」という気持ちでガンガンやっていきたい。

模写すると絵が上手くなるおすすめ書籍。デッサン・クロッキー編

「でもデッサンとかクロッキーってやり方わからないし……」

「モデルさんを雇って描かなきゃいけないんでしょ?」

と思うかもしれないけど、デッサン本やクロッキー本の模写をするだけでも十分練習になる。

この記事ではおすすめのデッサン本を紹介するけど、正直なんでも大丈夫

ただし、読むだけ、見るだけじゃなくて模写することが大切になる。

一冊きちんと模写するならどれでもいいし、自分好みの作例の本だとなおよい。(好みの方がたぶん模写しやすいので)

デッサンのおすすめ書籍

まずは有名どころのルーミス『やさしい人物画』。

ルーミスのなにがいいかというと、とにかく古い本であること。

古くから愛用されてきているということは、それだけ間違いなく役に立つ本だということなので。

ただルーミスは全部海外のモデルさんなので、日本人らしい顔つき・体つきを描く練習をしたい場合はこの書籍もおすすめ。(※こちらは女性モデルのみ)

男性モデル編もある。

ちょっとがんばってみたい、という中級者以上の人にはこちらもおすすめ。(中級者以上がこのブログを読んでいるかどうか、ちょっと不明なのだけど)

この本の最大の特徴でありいいところは、モデルの写真と作例が両方載っているところ。

写真を見ながら自分で描いてみる、優れた作例を模写して描いてみる、という二通り(もしくはそれ以上)の使い方ができるので。

美術解剖学を身につけるおすすめ書籍

もっと本格的に美術解剖学を身につけたい、という場合はこちら。

骨格と筋肉全て掲載されていて、もうこれいっそ図鑑だよって感じ。

絵を描いてて「腕のここの筋肉ってどうなってんだっけ?」というときにも使える、心強い一冊。ちょっとお値段が張るけどそれ以上の情報量がある。

クロッキーに慣れる・コツをつかむおすすめ書籍

クロッキーのコツをつかみたいならこの本。

線の強弱や息遣いが見えるような作例で、「イキイキとした線ってこういうことか」というのが分かる一冊だと思う。

動きのある絵を描けるクイックスケッチおすすめ書籍

デッサンやクロッキーはどうしても静物的な人物を描くことが多い。

もっと動きのある人体を描く練習をしたいということなら、たてなか流のクイックスケッチ本。

アニメーターによる"魅せる動き"の描き方がつまった一冊。

正確に描くというより動きをとらえて描くので、絵を描く楽しさが感じられるかもしれない。

どれでもいいので一冊まるごと模写してみるのがおすすめ。

正直、世に出ているデッサン本はどれもクオリティが高く、後は好き嫌いみたいなものだと思う。

ただ「これに決めた」と選んだ一冊をまるごと全部模写してみることがいちばん大切。

「あれも買って読んでみた」「これも買ってパラパラっと見てみた」では何冊買っても意味がなくなってしまう。(お金もむだになってしまう。)

「安いからこれにしよう」とか「表紙が好みだからこれにしよう」みたいに安易に選んで全然かまわないので、とにかく全部模写してみること。

まずは一冊模写してみて、「もっと別の本もやってみたい」と思ったら次の一冊に手を出せばよいのです。

タイトルとURLをコピーしました