イラストにサインを入れたい人におすすめの、便利な無料Webツール

※解説のため、画像が多めの記事です。

「無断転載を防ぐためにイラストにサインを入れておきたい」

「お絵描きソフト使ってない人はどうやって入れればいいの?」

という人向け、【お絵描きソフトや無料ツールでイラストにサインを入れる方法】について。

イラストの無断転載を防ぐには、【注意書きをすること】【イラストにサイン(SNSのIDやURL)を入れること】

どんなサインを入れたら効果的か、というのはこの記事に書いている。

「でも、サインってどうやって入れたらいいの?」という人向けに、

  1. お絵描きソフトで入れる場合
  2. Webの無料ツールで入れる場合

についてそれぞれ解説する。

お絵描きソフトで入れる場合

デジタルで絵を描いている人は、自分の使っているお絵描きソフト・アプリでそのままサインを入れるのが最も簡単。

イラストの上に別レイヤーを作り、文字を入れるだけ。

その際モードによって印象が変わるので、好みのもので入れるといいと思う。

上手く馴染む色を選べば【通常】でそのまま入れてもOKだし、【乗算】は存在感があり、【焼き込み】や【オーバーレイ】はイラストにも馴染みやすく、線を隠さない。

使っている人が多いのは【CLIP STUDIO】とか【メディバンペイント】だろうけど、他のソフトやアプリでも、レイヤーごとに合成モードが変えられるものなら同じように使える。

(ちなみに自分はメディバンペイントを使っている。ほとんどの機能が無料で使えて、A1サイズのポスターから同人原稿まで作れてしまう。)

メディバンペイント
メディバンペイント
開発元:MediBang inc.
posted withアプリーチ

Webの無料ツールで入れる場合

またアナログでイラストを描いていて、スキャンなり写真を撮るなりしてSNSにアップしているけど「原画はサインを入れずに残しておきたい」という人もいると思う。

あとは「サイン入れ忘れたまま出力しちゃった、もう一度ソフト立ち上げるの面倒だな」という場合にも。

そういうときは、Webの無料ツールを使って簡単にサインを入れることができる。

自分が使っているのはSYNCERさんの【Watermarkメーカー】。

Watermarkメーカー (画像に著作権マークを入れよう)
画像にウォーターマーク(著作権マーク)を入れるサービスです。SNSに投稿する画像、納品前のサンプル画像などにご利用下さい。

まずはサインを入れたい画像をアップロードして……

入れたい文字列、色、濃淡を設定。

大きさや位置を決めたら「作成」ボタンを押すと……

サインの入った画像が出力される。

"表示"させて保存。(自分のiPadだと"ダウンロード"ができなかった。)

"ロゴ画像"をアップロードすれば、テキストではなく画像を入れることもできる。

(落款みたいでいいなこれ、次から使っていこう……)

透かしツール以外にも、集中線ツールや吹き出しツールも使わせていただいている。

ツールを組み合わせて使うといろいろ遊べて楽しい。

デザインの一部として楽しくサインを入れよう

「無断転載を防ぐためにサインを入れておかなきゃ……」と思うとユウウツになるけど、デザインの一部として考えていくと楽しい。

「どんな色を使おうか?」「位置はどこがいいか?」「吹き出しツールで入れちゃおう」などいろいろ試すことで、デザインの感覚を磨くことにもなる。

作品に落款を捺す感覚で、SNSにアップする前の習慣にするといいかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました