Twitterで無断転載されていたら、著作権侵害の申立てをしよう

「自分のイラストがTwitterで無断転載されてた! でもどうやって注意すればいいだろう……」

という人向け【直接対決はトラブルの元にもなりやすいので、Twitterの著作権侵害専用フォームから申し立てをしましょう】という記事。

Twitterで無断転載されていたら、著作権侵害の申し立てしよう

無断転載って多くの場合、その人のTwitterのホームから直接絵を取るのではなくて、Googleの検索などで見かけて取っている

だから、「特定の絵描きさんの絵を勝手に盗んで使っている」という感覚はなく、「ネット(Google)に落ちてたから拾って使ってるだけ」という感覚の人も多い気がする。

作者が直接注意することで「え、そうなんだ! 知らなかった、ごめんなさい」となる人もいれば「は!? ネットに落ちてたのを拾って何が悪いの!? 泥棒呼ばわりするな! 嫌ならネットに上げるなよ! 絵描きって偉そう! 自己顕示欲の塊でキモい!」という人もいる。そのキモい私の絵を使っているんですけどアナタ……。

後者のような人だと、こっちも疲弊してしまう。

注意して聞き入れられなかった場合、あるいは直接注意してトラブルになるのが面倒・こわい場合など、各サービスに著作権侵害の申し立てができます。

※「無断転載されていないか確かめたい」という人は、こちらの記事も参考になるかも。

直接注意をする元気がある場合

悪意のない相手なら……

私が知る限りでは「SNSを始めて間がなく、単に無断転載という概念を知らないだけ」という人もかなり見かける。

ネットで見つけたいい感じのイラストを「拾って」アイコンにしている、という人ってけっこう多い。

「そのアイコンは私が描いたイラストです。使用の許可はしておりません。どこで入手されましたか? 速やかにアイコンを変更してください」

といった感じでリプで先方に伝えているかたがいて、すんなりと解決していた。

毅然とした態度ではっきりと。「突然すみません、それ私の絵なんですけど……アイコンを変えてくれると嬉しいです、ごめんなさい」みたいに無駄にへりくだるのってあんまりよくない気がする。「絵描きが頼み込んできたから消してあげた」みたいな感じになるし、こちらは複製権を侵害している相手に正当な主張をしているだけなので。

悪意があるかないかって難しいけど、その人のホームを見て察するしかないんだけど……。

「悪意がないただのSNS初心者さん」だなと私が判断するポイントは、

  • プロフィールがフレンドリーで、きちんと自己紹介している
  • 推しジャンルのRTや懸賞系のRTなど、日頃のツイートが無難
  • 「おはようございます」とかの挨拶、お庭の写真、改行が多い

こういうかたは、きちんと説明すればブチ切れてくることはない。気がする。

相手に悪意がある場合

上手い絵を転載しまくって「けっこう上手くかけた」とか言ってTwitterに投稿していて、フォロワーを増やしている人もいる。無断転載プラス自作発言タイプ。

謎のプライドとじゃっかんのフォロワー数のパワーで「なんか言いがかりつけられた。うるさい。無断転載して何が悪いの?」「二次創作は犯罪なんだから盗まれても文句言うな」などと反撃してくる。

私が見たケースでは、

「このアカウントは無断転載アカです。「○○(ジャンル名)」の絵がたくさん転載されています。ご注意を。私の絵も無断転載されていました」という注意喚起ツイート

ジャンル民がこぞってサイレント通報

アカウント消滅

という流れが多い。

フォロワーさんに無断転載された場合

私も無断転載されてそれを注意した経験があるけど、「フォロワーさんが私の描いたものをダメだとは知らずにアイコンに使っていた」というケースだった。

なので、リプではなく「イラストの転載は許可しておりません。(転載とは、アイコンやヘッダーへの使用を含みます)」とツイートすることで解決した。

「はあ……なんか無断転載されてるんだけど……注意しにくいし……やめてほしい……」とかではなくサクッと言えばそんなにやな感じにはならないと思う。フォロワーさん全体への注意喚起になる。

直接対決する元気がない場合

「無断転載やめてください!」と直接注意しても解決するケースばかりではない。

また相手が日本語が分からない場合、「英語でどう言えばいいの? っていうか英語も通じない国の人か?」となってストレスが多い。

Twitterの著作権侵害申し立てフォームを使う

上で書いたような「ジャンル民が団結して通報→アカウント消滅に追い込む」みたいなことができない場合もあると思う。

そういう場合、Twitterの「著作権侵害申し立て用専用フォーム」というのがある。

DMCA

Twitterの運営に報告すると、真偽の確認が取れれば転載ツイートの画像を差し替えてくれる。(転載ツイートの画像が「これは無断転載なので表示できません」という画像に差し替わる。)

ただし、申立てフォームに記載した情報は全て向こうにも渡る

そのため、以下のような点を考慮しておくといいかもしれない。

  • メールアドレスはこのためにフリーメールを取得する(捨てアド)
  • 詳細な住所は入力しない(住所は「日本」のみでもOK)
  • もちろん本名は入力しない(アカウント名でOK)

Instagramで無断転載された場合

こちらでは、Instagramで無断転載された場合の申し立て方法をまとめてくださっています。

本名や住所は不要で、「自分が描いた本人です」という強力な証拠があると強いそうです。(この方はプロクリエイトを使っていて、タイムラプスを抽出して提出したとのこと。)

無断転載されないために、できるだけの対策をする

ネット歴25年のオタクとしてみると「ネットに上げてればまあ転載はされるよな……」というのが本音。

でも「なるべく無断転載をされにくくするために最低限やっておくとまだマシかな」くらいの、おまじない程度の対策はある。

  • プロフィールに「無断転載禁止」の注意書きをしておく
  • イラストにサインを入れる(連絡のつくIDやURL)

詳しくはこちらの記事にも書いています。

タイトルとURLをコピーしました