「無断転載禁止」という文面は逆効果かもしれない

先日、「無断転載禁止です」って書いてある人のコメント欄(pixiv)で衝撃的なものを見てしまった。

「○枚目の○○(キャラ名)、Twitterのアイコンに使わせてもらいました!無断転載禁止だそうなので報告しますね♪」

というコメントを……。

無断 ムダン

相手に断らないこと。承諾や許可を得ないこと。

コトバンク
デジタル大辞泉 出典 小学館

ご本人に許可をもらってない限りそれは「無断」!

無断転載して欲しくないのに、なんて書いておけば伝わるんだろう……。

老若男女、ネットの仕組みも分からないような誰もが、スマホでSNSをやっちゃう時代。

「無断転載」について新たな対策を考える時代が来たのかもしれない。

それでもまずは基本の文面を掲載しよう

転載は、こっちがまず「禁止」と示しておくことが重要。

「禁止」と明言しておくことで初めて、「やめてって言ってるのにやったよね?」と言える。権利の侵害が発生するのだ。

日本以外では「禁止と書いてなければ転載していい」という認識の人はもっと多い。これは民度が低いとかではなく、文化の違いなので知っておくとよい。

敢えて強めの言葉で記しておく

まずは基本の文面を掲載しておく。

一般的な判断力のある人間なら理解できる(であろう)、標準レベルの文面。

Twitterやpixivならまずプロフィール欄のいちばん先に記すのがおすすめ。

長いと最後まで読まない人が多いので。

当アカウントの画像の転載、複製等は禁止します

画像の転載、複製はいかなる場合も禁止

「無断転載は〜」と書いてしまうと「無断じゃなきゃいいんでしょ?」という人が少なからずいるので「無断」は書かない方がいいかもしれない。

むしろ「じゃあ一言コメント残せば転載していいんだねラッキー!」というヤカラが確かに存在する。

あと「転載はやめてくださいね」みたいな優しい文面だと「頼んだら許してくれそう」と思われてしまう。

転載禁止の文面は、取りつく島もないくらいでいい。

「禁止します」「いかなる場合も」など強めの言葉を使うことで、少しは気持ちを削ぐことができるかもしれない。

あとは、人の絵を転載して自分の絵だと言い張る人もよくいるので、

転載、複製、及び自作発言を禁止します

こんな文面も、その界隈の程度によっては付け足す必要があるかも。

もしネットリテラシーの低い人が多いコミュニティなら、もっと噛み砕いて言う必要がある。

私の絵をTwitterアイコンに使用しないで下さい。

私の絵を保存してTwitterに投稿しないで下さい。フォロワーにおすすめしてくださる場合は、RTでお願いします。

ネット経験の浅い小中学生、パソコンを使ったことがなくてスマホでネットを始めた人は、著作権の侵害だと知らずに転載してしまう人もいる。

ネットがない時代に同人活動をしていて最近出戻ったオタクなども、常識がアップデートされていなくてやらかしちゃう人もいる。

大きなジャンルは裾野が広く、驚くほど常識が違う人がいることもある。注意しすぎて損はない。

英語の注意喚起文も載せておく

世界中の人みんなが英語を読めるわけではないけど、載せないよりはかなりマシ。

同じくSNSのプロフィールに記しておこう。

Reproduction prohibited.

Do not share.

新しい作品の発表の仕方を考える

イラストをTwitterにアップしないという選択

個人のホームページが主流だった頃は、そこに「転載禁止」と書いてあれば「盗んじゃダメだな」という感覚があった気がする。

それにインターネットができるのは、PCが使えてネット回線に接続できる、ほんの一握りの人たちだった。

でもTwitterは「インターネットとか全然わからないけど自分のスマホに絵が勝手に流れてくるから保存して使ってる」という感覚の人も多い。

なので、転載に対応するのが疲れてしまったというような場合は「Twitterに絵を載せるのをやめる」というのも一つの選択かと思う。

「えっやだ! せっかくたくさん見てもらえてるのに!」「私は悪くないのに、転載ヤローのせいで自分の居場所を失うなんておかしいじゃん!」って反射的に思うかもしれない。

Twitterはすぐにいいねがついて拡散されるので確かに気持ちがいいけど、誰が描いたとか誰の作品とかはどうでもいい、という消費の世界

自分の作品が、いいねをつけられ拡散されながら転載されてもみくちゃにされて、作者の手の中から剥ぎ取られていく、それだけのツールなのかもしれない、と最近は思う。

「100日後に死ぬワニ」という作品も大きな話題になったけど、結局作者の手の及ばぬところで炎上してしまった。

だいじな作品が持ち上げられて落とされて、作者は非難されて、深く傷ついたのではないかと思う。

Twitterの「共感ビジネス」の是非について書いた記事はこちら。

「100日後に死ぬワニ」炎上に学ぶTwitterの共感ビジネス
「100日後に死ぬワニ」という作品がTwitterで流行し、炎上しました。Twitterの共感ビジネスについて記します。

そんなものに巻き込まれて疲弊するのは、割りに合わないんじゃないかな。だいじなあなたとだいじな作品なのだから。

もっと不便に絵を見てもらう、という選択

そもそも、イラストを見てもらうのって、もっと、もったいぶっていいと思う。

時代に逆行して、不便にしてもいいんじゃないかと思う。

ネットに作品を載せるのはサンプルだけにして、デザインフェスタみたいなイベントで販売するようにするとか。

二次創作なら、一般人の目に触れないようオフライン活動(同人誌を作って販売は即売会と一部通販のみ)とかにしている人もけっこう多い。

どうしてもSNSで交流したい、というなら、鍵をつけてフォロワーを厳選するとか。

クリエイターの心の安寧のためにも、ちょっと作品の発表の場を考えるべき時代なのかなと思っている。

タイトルとURLをコピーしました