「無断転載禁止」という注意書きは逆効果かもしれない…効果的な文面とは?

先日、pixivで衝撃的なものを見てしまった。

「無断転載禁止です」と明記しているユーザーへのコメントで、

「○枚目のイラスト、Twitterのアイコンに使わせてもらいました! 無断転載禁止だそうなので報告しますね♪」

「転載はご遠慮ください」と明記しているユーザーへのコメントで、

「大丈夫、遠慮なんかしませんよ♪ Twitterのトプ画に使わせてもらいますー!」

おーい! 日本人にも日本語が通じない時代が来たぞ!!!!

「無断転載」について新たな対策を考える時代が来たのかもしれない。

「転載禁止」を分かりやすく伝える注意書き

転載は、こっちがまず「禁止」と示しておくことが重要になる。

「禁止」と明言しておかないと「禁止って書いてないじゃん。書いていない方が悪い。」と言いがかりをつけられて、こじれるから。

私が上の事件を見て感じたのは、強めに、シンプルな言葉で注意書きをしておくほうがいいなということだった。

画像の転載、複製、改変等は禁止します

画像の転載、複製、改変等はいかなる場合も禁止

こちらの意図をなるべく正しく伝えるためのポイントは、

「無断転載は〜」と書いてしまうと「無断じゃなきゃいいんでしょ? コメントで報告したから使っていいよね?」という人が少なからずいるので「無断」は書かない

「転載はやめてくださいね」「ご遠慮ください」みたいな優しい文面だと「頼んだら許してくれそう」「しても怒られないだろう」と思われてしまうので言い切りの形で。(「ご遠慮ください」だと意味が通じない人もいる)

長いと読まない人がいるので、短い言葉でプロフィール欄のいちばん先頭に記す。

あとは、人の絵を転載して自分の絵だと言い張る人もよくいるので、

転載、複製、及び自作発言を禁止します

もしネットリテラシーの低い人やSNS歴の浅い人が多い界隈なら、

私の絵をアイコン、ヘッダーなどに使用しないで下さい。

私の絵を保存してTwitterなどに投稿しないで下さい。フォロワーにおすすめしてくださる場合は、RTでお願いします。

これくらい噛み砕いた文章でないと伝わらないかもしれない。

また、日本人以外の人向けに英語でも注意書きをしておきたい。

英語の注意書きの文面については、こちらの記事に。

単に著作権の知識がなく、ネットに「落ちてた」いい感じのイラストを「拾って」使っている、みたいな人もいる。浜辺のきれいな貝殻を拾って自分のSNSにアップした、みたいな感覚なのかな……?

ち注意すると「え、知らなかった、ごめんなさい」とすぐに消してくれる人もいれば、突然の泥棒呼ばわりに感情的になって逆ギレしてくる人もいる。

顔も分からない相手とのいざこざってものすごく疲弊するので、トラブルに巻き込まれにくくするためにも最初からプロフィールにひとこと注意書きを書いておきたい。

またイラストにサイン(SNSのIDやURL)を入れておくのも、ある程度無断転載を防ぐ効果があると思う。というのは、邪魔な文字が入っていれば使い勝手が悪いから。消す手間がかかるから。

「転載対策にサイン入れろっていうけど、じゃあパンツに名前書いておけば盗まれないっていうのかよ!」みたいな意見を見かけたけど、どうなんでしょうかね……。

……名前入りのパンツならけっこう盗まれにくいのでは……?(特殊なこだわりがある人以外には)

少しでもやっておくといいかもしれないこと

  • クラスタの理解度に合わせた注意書きをする
  • 英語でも注意書きをする
  • イラストにサイン(SNSのIDやURL)を入れる

新しい作品の発表の仕方を考えてみよう

イラストをTwitterにアップしないという選択

今は「インターネットとか全然わからないけど自分のスマホに絵が勝手に流れてくるから保存して使ってるけど何か?」という浜辺の貝殻感覚の人も多い。

転載に対応するのが疲れてしまったというような場合は「Twitterに絵を載せるのをやめる」というのも一つの選択かと思う。

「えっやだ! せっかくたくさん見てもらえてるのに!」「私は悪くないのに、転載ヤローのせいで自分の居場所を失うなんておかしいじゃん!」って思うかもしれない。

でもTwitterって、言うほど良い場所だろうか……。

Twitterはすぐにいいねがついて拡散されるので確かに気持ちがいいけど、誰が描いたとか誰の作品とかはどうでもいい、コンテンツ消費の世界なんじゃないか。

自分の作品が、いいねをつけられ拡散されながら転載されてもみくちゃにされて、作者の手の中から剥ぎ取られていく、それだけのツールなのかもしれない、と最近は思う。

そんなものに巻き込まれて疲弊するのは、割りに合わないんじゃないかな。だいじなあなたとだいじな作品なのだから。

もっと不便に絵を見てもらう、という選択

そもそも、イラストを見てもらうのって、もっと、もったいぶっていいと思う。

時代に逆行して、不便にしていってもいいんじゃないかと思う。

ネットに作品を載せるのはサンプルだけにして、イベントに参加してみるとか。

アートイベント・デザインフェスタ | ART EVENT DESIGN FESTA
【公式】クリエーターズマーケット 名古屋発 東海最大級のアートイベント
ハンドメイドからアートまで。「東海地区最大級」のものづくりイベントで「つくるひと」を応援します!

今はリアルイベントが難しいので、オンラインイベントを利用している人も増えましたね。

pictSQUARE - オンライン即売会サービス
pictSQUAREでは、オンラインで即売会に参加できます。オンライン会場では、アバターでチャットでき、その場で頒布物を注文することができます。

二次創作でも、一般人の目に触れないようTwitterでは交流だけにして、作品を作るのは即売会のみという、昔ながらのやり方に戻している人も私のまわりにはけっこう多い。

pixivのBOOTHというサービスを利用すれば、通販も自分で簡単にできる。

BOOTH - 創作物の総合マーケット
BOOTH(ブース)とは、pixivと連携した、創作物の総合マーケットです。無料で簡単にショップを作成でき、商品の保管・発送代行サービスも提供しています!

SNSもいったん飽和した感があるので、これからちょっと作品の発表の場を考えてみてもいいのかなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました