「無断転載禁止」という文面は逆効果かもしれない〜からの脱Twitter

SNSで絵をアップしている人なら誰しも一度は悩むであろう「無断転載」について書きます。

恐ろしい世の中になりました……。

「無断転載禁止です」って書いてある人のコメント欄(pixiv)で見ちゃったんです。

「○枚目の○○(キャラ名)、Twitterのアイコンに使わせてもらいました!無断転載禁止だそうなので報告しますね♪」

というコメントを……。

無断 ムダン

相手に断らないこと。承諾や許可を得ないこと。

コトバンク
デジタル大辞泉 出典 小学館

ご本人に許可をもらってない限りそれは「無断」です!

誰もがスマホでSNSをやっちゃう時代、新たな対策を考える時代が来たのかもしれません。

それでもまずは基本の文面を掲載しよう

転載は、こっちがまず「禁止」と示しておくことが重要です。

「禁止」と明言しておくことで初めて、「やめてって言ってるのにやったよね?」と言えるんですね。

日本以外では「禁止と書いてなければ転載していい」という認識の人はもっと多いです。

まずは基本の文面を掲載しておきましょう。

Twitterやpixivならまずプロフィール欄のいちばん先に記します。

当アカウントの画像の転載、複製等は禁止します

画像の転載、複製はいかなる場合も禁止

こんな感じでしょうか。

「無断転載は〜」と書いてしまうと「無断じゃなきゃいいんでしょ」という人が少なからずいるので「無断」は書かない方がいいかもしれません。

「転載はやめてくださいね」みたいな優しい文面だと「頼んだら許してくれそう」と思われそう。(だって「無断じゃなきゃいいんですよね? アイコンに使いま〜す! はーい言った☆」って言う人がいるんですから)

「禁止します」「いかなる場合も」など強めの言葉を使うことで、少しは気持ちを削ぐことができるかもしれません。

あとは、人の絵を転載して自分の絵だと言い張る人もよくいるので、

転載、複製、及び自作発言を禁止します

こんな文面も、その界隈の程度によっては付け足す必要があるかも。

コピペでいいので英語の注意喚起文も載せておくこと

世界中の人がみんな英語が分かるわけではないですが、載せないよりはかなりマシ、というレベルです。

Reproduction prohibited.

Do not share.

Twitterは転載されやすいので絵を載せないという選択も

個人のホームページが主流だった頃は、そこに「転載禁止」と書いてあれば「盗んじゃダメだな」という感覚があった気がします。

でもTwitterは「自分のスマホに絵が勝手に流れてくる」という感覚の人も多いみたいです。(まあpixivとかもそうですけど)

書いてて気が滅入ってきましたけど……。

なので、転載に対応するのが疲れてしまったというような場合は「Twitterに絵を載せるのをやめる」というのも一つの選択かと思います。

「えっやだ! せっかくたくさん見てもらえてるのに!」「私は悪くないのに、転載ヤローのせいで自分の居場所を失うなんておかしいじゃん!」って反射的に思うかもしれません。

Twitterはすぐにいいねがついて拡散されるので確かに気持ちがいいんですが、誰が描いたとか誰の作品とかはどうでもいい、という消費の世界です。

自分の作品が、いいねをつけられ拡散されながら転載されてもみくちゃにされて、私の手の中から剥ぎ取られていく。

それだけのツールなのかもしれない、と最近は思うのです。

実際そこから仕事につながる人もいますが、Twitterでお馴染みの絵師の誰々! みたいに消費されて終わってしまう。

そんな一過性のらんちき騒ぎに巻き込まれて疲弊するのは、割りに合わないんじゃないかな。大事なあなたと大事な作品ですから。

仲良しの絵師さんたちと創作で交流したい場合は、鍵をつけてフォロワーを厳選するとか。

ちょっと考えるべき時代なのかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました