無断転載対策に薄いグレーで目立たない【透かし】のサインを入れよう

「イラストの無断転載を防ぐためにサインを入れたいけど、目立たないサインの入れ方って無いかな?」

「イラストの邪魔をしないサインの入れ方を知りたい」

という人向け、【目立たない透かしでサインを入れる方法】について。

イラストをそのままSNSにアップすると心無い人に無断転載されたり自作発言をされたりすることがあるけど、サインを入れることで無用なトラブルを防ぐことができる

でも、大きくサインを入れると興醒めだし「なにこいつ、サインなんか入れて神絵師気取り?」と思われそうでイヤだ……。

そんなときにやってみてほしい、【透かし】で目立たないサインを入れる方法について。

Twitterでも以前話題になったこの方法を実際に試してみた。

ごく薄いグレーで【透かし】のサインを入れる方法

目立ちにくいグレーのサイン

イラストの白い部分に、ごく薄いグレー(R252 B252 G252)でサインを入れておく。

スマホなどでコントラストを下げると……

背景に入れたURLが浮かび上がってくる仕組み。

(※使っているモニタ、明度によって見え具合は多少変わります。)

もっと目立たなくするには、背景ではなくイラストの中の白い部分にサインを入れる。

シャツの襟に薄いグレーでサインを入れている。

同じくコントラストをいじると浮かび上がってくる。

グレー透かしの詳しいやり方について

やり方は本当に簡単で、薄いグレーでサインを入れるだけ。

サインは名前ではなくSNSのIDやURLなど、自分が描いたと証明できる文言を入れるのもポイント。

グレーの薄さは、R252 G252 B252くらいからR249 G249 B249程度。

それ以上濃いと悪目立ちするし、それ以上薄いと白になってしまう。

それぞれの見え方はこんな感じ。

R249 G249 B249だとだいぶ濃いので背景にぎっしり入れると目立つけど、上の例の襟など小さな部分に入れるなら見えにくいので、作品や入れるスペースとの兼ね合いで。

【グレー透かし】のメリットとデメリット

メリットはなんと言っても目立たないこと。

作品に目立つサインを入れるのはイヤだ、でも無断転載されたときの対策はしておきたい……という人におすすめ。

デメリットは、無断転載を防ぐ為の抑止力にはならないこと。

パッと見るとサインが入っているのは分からないので、普通に転載されるかもしれない。

ただ転載、自作発言をされたときなどの対策にはなる。

イラストにサインを入れるのが大切な理由

ネットではもはや、無断転載されるのが当たり前になってきている。

下手すると自作発言をしたり、人のイラストを勝手に商品化して売って利益を得る奴もいる。

そういう輩に対処するために、ぜひイラストには自分のサインを入れておくことをおすすめする。

もちろんプロフィールなどに【無断転載禁止】の注意書きもしておくこと。

もしできるなら透かしではなくハッキリとサインを入れると、より抑止力になると思う。

自分の考えに応じて、いろいろな方法を試してみてほしい。

タイトルとURLをコピーしました