【twitter】無断転載を防ぐ対策をしておこう

自分が描いた絵を無断転載されることは、今や前提として考えなければならない。

Twitterで勝手に使われるのはもちろん、YouTubeの「鬼滅の刃イラスト集」みたいな無断転載動画に入れられたり、中には勝手に商品化して売られたりすることもある。

百円ショップのダイソーが「もにまるず」という癒し系フィギュアシリーズの無断コピー商品を販売して騒動になったこともある。

人は盗む。

びっくりするほど簡単に、悪びれもせずに盗む。

こういうときに法的に対処するためにも、「これは自分が描いた絵です」と著作権を主張しておく必要がある。

効果的なサイン(IDやURL)の入れ方

イラストの場合、サイン(IDやURL)を入れておこう。

理由その1 入れないよりは多少、盗まれる確率は減るから。

邪魔な文字が入っていることで、泥棒にとって使い勝手が悪くなるので。

そのまま転載すれば「それあなたの絵じゃなくて転載ですよね?」と周りにバレるし、加工したいならサインを消さなければならない。

泥棒は少しの手間でも惜しみたがるのだ。

理由その2 見かけた心ある人が連絡してくれることがあるから。

pixivやTwitterでも、このパターンで転載を報告されている人をけっこう見かける。

「あなたのイラストがYouTubeのまとめ動画に入ってましたけど、これって無断なんじゃないの? と思ったので報告します」とか。

ただの名前のサインではなく、ホームページのアドレスやTwitterのIDなど、本人を探せて連絡がつくようなサインを入れておくのがおすすめ。

サインは消しにくいところへ入れること

せっかくサインを入れても、ベタ塗りのところに名前を入れると簡単に消せてしまう。

そこで、人物にかぶせたり、背景ならグラデーションになっているところへ入れる。

Hirosue-Ryoko
左肩部分にかぶせてURLを入れています

せっかく描いた自分の絵に名前をかぶせるのはもったいない気がするかもしれない。

でもあまりに小さいと通報してくれる人にも判読できなくなってしまうので、意味がない。

作品内の色をうまく選んでサインを入れれば、割とでかめに入れてもそんなに気にならない。

瞳の中にサインを入れる人や、隠しサインを入れる人もいるけれど、それだと泥棒とその周辺は気付かずふつうに転載してしまう。転載されたあと法的に争う段階では役に立つが、転載を防ぐ効力が薄い。

IDやサインが入っていることで、泥棒に「めんどくさいな」「こいつ転載を警戒してるな」と思わせることができる。

実はこの「私は転載を警戒してますよ」というポーズが重要なのだ。泥棒でもそうでしょう。

最近はステッカーで消す奴もいるぞ

Twitterに画像をアップするとき、なんかワンポイントなんだか知らんけど、消したいところにステッカーを貼る機能がある。

自撮りの口元を隠したりなんかするやつ。

あれでサインを消す輩もいる。

なので横長とか縦長とか、ステッカーで消すと不自然になるようにサインを入れると良い。

どんな絵でも無断転載されるリスクはある

「自分の絵なんか無断転載する人はいないだろう」「私なんかが無断転載禁止とか言うのは身の程知らずで恥ずかしい」と思ってしまう人もいるかもしれない。

いや油断や遠慮をしてはいけない、どんな絵でも無断転載されることはある。

絵を描いてる人はみんな対策したほうがいい。

泥棒にとっては、神絵師の絵もヘボ絵師の絵も同じ。

100万円でも100円でも置いとけば盗まれるでしょ?

プロフィールに警告文を入れておく

海外では「無断転載禁止」を明文化していないものは転載OKとされることもある。

日本でも「転載って、何が悪いの?」という考えの人もいる。

twitterやpixivなら、プロフィールのところに必ず警告文を入れておくとよい。

転載禁止の警告文についての記事はこちら。

「無断転載禁止」という注意書きは逆効果かもしれない…効果的な文面とは?
「無断転載禁止」という文面は、「無断でなければいい」と誤解を与えて逆効果なこともあるようです。書かないよりはマシな注意喚起の例文を挙げています。

おまけ:二次創作の「無断転載」についての考え方

「自分は違法な二次創作をしておいて、無断転載するなっておかしくない?」という論争はちょいちょい起こる。

しかし、二次創作だろうが何だろうが著作権というのは描いた人にあるので、「無断転載しないでください」と言う権利は法律的にある。

なので、「こいつは二次創作なんだから転載しまくっていいだろ」というわけにはいかない。転載してはいけないのは、二次創作も同じことなのだ。

二次創作というのは、昔はひっそりと行われることだった。インターネットができてから、関係ない人の目に入り、あちこちで衝突やイザコザの元になっている。

これはいずれ整備される問題だろう。しかし今の段階で言えるのは、「二次創作でもそれを描いた著作権は描いた人にあり、転載はダメ」ということ。

「自分のキャラでもないのに描いたものをTwitterに載せていい気になりやがって」という気持ちもわかる。

それがいいねをいっぱいもらっていればよけいに腹が立つのもわかる。

だからといって無断で転載すると法的に自分が損をするだけなので、おすすめしない。

ただ、描くほうの人も「これは二次創作なんだ」ということを常に意識しておくのはとても大切だと感じる。

二次創作は、「これは自分の作品だ」と大いばりで主張できるようなことではないので、アカウントに鍵をかけてクローズドにするなど、一般の目に届きにくくする工夫はいつもしていたい。

タイトルとURLをコピーしました