無断転載対策に注意書きとサインを入れよう。透かしサインの入れ方も

「イラストの無断転載をされたくない!」

「無断転載の被害に遭った人の話を聞いて、自分も怖くなったから対策したい」

という人向け、【無断転載を防ぐための、注意書きとサインの入れ方】についての記事。

自分が描いた絵を無断転載されることは、今や前提として考えなければならない。

Twitterで勝手に使われるのはもちろん、YouTubeの「○○二次創作イラスト集」みたいな無断転載まとめ動画に入れられたり、中には勝手に商品化して売られたりすることもある。

百円ショップのダイソーが「もにまるず」という癒し系フィギュアシリーズの無断コピー商品を販売して騒動になったこともある。

※ちなみにこれはツイートをブログに「転載」しているのではなく、ツイートそのものを「埋め込み」しているTwitter社の利用規約上許可されている使い方です。

例えばこういう「自分の作品が勝手に商品化されて売られていた」というときに法的に対処するためにも、「これは自分が描いた絵です」と主張しておく必要がある。

具体的には、

  • 転載禁止の注意書きをしておくこと
  • イラストに自分のサインを入れておくこと

まずは【無断転載禁止】の注意書きをしておくこと

海外では「転載禁止」を明文化していない作品は転載OKとされることも……というのは聞いたことがあると思う。

日本でも「転載の何が悪いの?」という考えも目立つようになってきた。

なのでtwitterやpixivなら、プロフィールなどに【転載禁止】のひとことを入れておく。

しかし最近は、

「無断転載禁止ならコメントで一言送れば無断じゃないし使っていいんでしょ?」

「私のTwitterに載せるのは転載じゃないよね?」(←意味不明)

「応援のために宣伝してあげてるのであって、転載じゃない」

「人の絵でお金儲けているわけじゃないから、転載じゃない」

みたいな人も増えてきている。

場合によっては、クラスタの理解度に合わせて警告文をかみくだく・練ることも必要になるんじゃないかと思う。

詳しくはこちらの記事に書いた。

またSNSではいろいろな国の人がいるので、せめて英語でも注意書きをしておきたい

英語の注意書きの例文についてはこちらにまとめている。

イラストにサイン(SNSのIDやURL)を入れておく

そしてイラストにはサイン(SNSのIDやURL)を入れておく。

「名前入れただけで盗まれなくなるわけないじゃん」確かに、入れないよりはマシですよね程度の話です。

理由その1 泥棒にとって使い勝手を悪くするため。

邪魔な文字が入っていることで泥棒にとって使い勝手が悪くなる。

そのまま転載すれば周りにバレるし、加工して使う(他人のイラストにポエムを書き込んで自分の作品として投稿する人もいる)にもサインが邪魔なので消さなければならない。

また、勝手に印刷して商品にしにくい。

理由その2 見かけた心ある人が連絡してくれることがあるから。

サインを入れることは、むしろこの役割が大きいと思う。

pixivやTwitterでも、このパターンで転載を報告されている人をけっこう見かけるので。

「あなたのイラストがYouTubeのまとめ動画(http://○○〜)に入っていたんですけど、これって無断転載なのでは? と思ったので連絡しました」みたいに教えてもらえることがある。

サインがないと誰の絵か分からないし、「誰々さんの絵に似てる気がするけど確証がないな」「あの人の絵だと思うけど連絡先が分からないから連絡しようがない」になる。

なので「転載を見つけたら教えてほしい」と思う場合、ただの名前のサインではなく、ホームページのアドレスやTwitterのIDなど、本人を探せて連絡がつくようなサインを入れておく。

「私は転載されてても戦いたくないし知りたくない」「IDやURLを広める方が恥ずかしいしいやだ……」という人もいると思うので、自分の意向に合わせて対策をしてみてください。

理由その3 警戒していることをアピールするため

IDやサインが入っていることで、泥棒に「こいつ転載を警戒してるな」「盗んだらめんどくさそう」と思わせることができる。

泥棒は防犯カメラやセンサー式ライトがついている家は避けるし、自転車の前カゴに盗難防止ネットが一枚かかっているだけでもターゲットにされにくい。

「私は転載を警戒していますよアピール」「盗んだらそれなりの対応をしますよアピール」になると思う。

サインは消しにくいところへ入れる

せっかくサインを入れても、背景に名前を入れると簡単に消せたりトリミングできたりしてしまう。

そこで、人物にかぶせたり、背景ならグラデーションになっているところへ、読解できる程度の大きさで入れる。(あまりに小さい文字だと、通報してくれる人にも判読できなくなってしまうので。)

人物にかぶせてサインをしていても、Twitterのステッカー機能で消す手法も見るので、消しにくいように横長とか縦長にサインを入れるとか。

他にも瞳の中にサインを入れたり、【透かし】のような隠しサインを入れる方法もある(※これについては後述)。

【無断転載防止効果の高いサインの入れ方まとめ】

  • SNSのIDやURLなど、連絡のつくサインを入れる←重要
  • 人物にかぶせて消しにくくする
  • 背景ならベタ塗りでなくグラデーションのところへ
  • 通報してくれる人のために読める大きさで←重要
  • ステッカーで消しにくいよう縦長・横長のサインを

お絵描きソフトでのサインの入れ方や、Web上で簡単にサインを入れられる無料ツールについてはこちらの記事で。

どうしてもサインを目立たせたくない人は【透かし】にする

「無断転載されるのはイヤだけど、イラストにURLなんか入れるのどうしてもイヤだ! 世界観が壊れるし興醒めだよ……」という人は、【透かし】みたいに入れておく方法もある。

やり方は、イラストの白い部分に、ごく薄いグレーでサインや文言を入れておくだけ。(R249 G249 B249、カラーコードなら#f9f9f9程度の薄いグレー)

例えばこのイラスト、背景には一見何もないように見えるけど……

見えないけど背景に薄いグレーでなんか書いてあります

スマホの画像編集機能でコントラストを-100にすると……

URLと恥ずかしい文言が浮かび上がる仕様。

詳しいやり方はこちらの記事に書いた。

ただ、これは揉め事が起こった後での解決法だってこと。

「そもそも盗まれる面倒に巻き込まれたくない」という人には不向きかもしれない。

どんな絵でも無断転載されるリスクはある

「自分の絵なんか無断転載する人はいないだろう」

「私なんかが無断転載禁止とか言うのは身の程知らずで恥ずかしい」

と思ってしまう人もいるかもしれない。

いやいや、油断や遠慮をしてはいけない、どんな絵でも無断転載されることはある。

「もしかして私の絵も無断転載されてるかも?」と思ったときの調べ方についてはこちらの記事に書いている。

泥棒にとっては、神絵師の絵もヘボ絵師(と自分では思っている人)の絵も同じ。

100万円でも100円でも置いとけば盗まれる。

無断転載って、対応するのにかなり気力を消費してしまう。

どんな対策をしていても万全ではないんだけど、なるべく巻き込まれないようにできることをしておくしかないなと思います。

タイトルとURLをコピーしました