Twitterでの「いいね」の正体とは

自分より下手な人がTwitterでたくさんいいねもらっていて「あんな絵がなんで!? 私の方が上手いじゃん!」と悲しくなった……。

とてもよくある、よく聞く話。

そんなにたくさんの人を悲しませる「いいね」ってそもそもなんなんだ? どういう基準でつけてるんだろう? という疑問について、自分なりに答えを出してみた。

Twitterの「いいね」は「上手いね」ではない

一体感のご祝儀的な「いいね」

最近Twitterで、朝ドラや大河ドラマのファンアートをよく見かけるけれど、その投稿についたリプを読むことで、どういう人がどんな気持ちで「いいね」をしているかがだいたいわかる。

「私も毎週観てます!めっちゃ特徴とらえてる笑 すぐわかりました!」

「私もそのシーン号泣でした!」

「今週も目が離せませんでしたね!」

実際のコメントとは異なります

ドラマを見ながら片手間にTwitterをしていて、タイムラインに今ちょうど見ているドラマのファンアートが流れてくると、「あっ自分も今観てる〜!」という一体感でいいねがたくさんつくようだ。一人で観てるから、そのイラストにドラマの感想もリプしたくなっちゃう。

「今これ観てる」ってRTされたりするので、そこからさらに伸びたりね。

「私も今観てるよ!」「私もそのドラマ好きです!」のいいね

有名人のイラストにはとりあえずいいねの人も

知人で、プロのイラストレーターのツイートを通知オンにしていて、投稿があったらろくに見もせずとりあえずいいねを押す人がいた。

「見もせずになんで?」と聞いたら、「まわりがみんなフォローしていて、みんないいねしてるから私も一応。私だけいいねしてないと悪いから」。

なるほどわからん。そのイラストレーターさんと知り合いでもないのにね? あなたがいいねしなくても何百何千といいねがつくんだから、痛くも痒くもないと思うけど……。

「でも、なんかいいねしないと悪いから」(誰に悪いの?)

「みんなが褒める上手い絵だから私もいいねしなきゃと思って」(……???)

同調圧力に勝手に屈してる感すごいな????

でもこういう人はけっこういる。SNSがあまりわかっていなくて、みんながしていることはしないと怖い、という人。

「私もみんなと同じであなたの絵を見てますよ!いいねしてますよ!」といういいね。(謎)

「自分も同じ!」と強く感じるイラストにいいねしたくなる

「飼っているペットがこんな仕草をしてかわいいんだよ〜」という投稿には「うちのもやります!」「うちのはそれはやらないけど、別の仕草ならします!」というようなリプがたくさんついているし、

子どもを連れて電車に乗ったら舌打ちされた」という投稿には「うちもそういうことありました!」「うちもうちも!」「うちもです!上が何歳で下が何歳で、下の子を検診に連れて行くのに旦那が仕事だから上の子も連れて行くしかなくて……」というように、

とにかく「私も言いたい!」的なリプがたくさんついている。

「私も同じです!」「私にも言わせて!」という気持ちが、共感だ。

つまり「私も!」と強く思わせる投稿はRTも伸びるし、結果としていいねが増える。

最近は子育てあるある、ペットあるあるの漫画がTwitterで話題になることが多いのは、誰もが同じ経験をしやすく、たくさんの共感を得やすいテーマだから。

「あるある〜!」「わかります〜!」「そうそう私も……聞いて聞いて」のいいね

絵を見る側だって「いいね」で参加したい

自分が好きなアニメや漫画のファンアートにいいねする人もいる。

「そのキャラ私も好きなんです!」のいいね

あとは「タレントの誰々さんをジョジョ風に描いてみた」みたいなのも伸びてるのを見かける。

「その漫画私も知ってます! 確かにそういうタッチですよね〜!」

「私も好きな誰々さんがまさかジョジョ風にwww」

「ていうか違和感仕事しろwww」

実際のコメントとは異なります

絵を見る側の人は、その絵に自分も介入したいと考えている。

ただ絵を見せられるだけではなくて、「私もそれ知ってる!」とか「あるある!」とか「ちょ違和感なさすぎwww」みたいなツッコミをしたいのだ。

見る側だって何か一言言いたい、参加したい

なので、自分と共通点がない、ツッコめない、介入できないタイプのイラストには無関心なことも多い。

自分が入れない話題には、進んで加わろうと思わないのと同じで、自分が入れない絵には最初から目もくれない。だから、いいねの数は上手いとか下手とかを表すものではないのだ。

いいねイコール「絵がうまいですね!」ではない

「絵がうまいですね〜!」という意味でのいいねだってそりゃあるだろうけど、それ以外の要素があまりに多すぎるので、いいねの数に上手い下手は関係ないと思った方がよい。

絵に関しては詳しくない皆さんが、「その気持ち分かる〜!」「絵が描けるなんてすごい!」「あっそれ私も好きなんです!」と純粋に感じ、思わず参加したくなる。それがいいねの正体だ。

なのでなりふり構わず「何がなんでもいいねがたくさん欲しい! いいねさえあればいい!」というなら、好きでもない朝ドラや大河ドラマのファンアートをリアルタイムで描いたり、好きでもない人気コミックスのBL要素のある二次創作を描いたり、作り話でも感動エピソードをほんわかタッチの漫画にすればいい。

実際、そうしていいねを獲得している人もいると思う。

でもあなたは、そんないいねが欲しいわけではないんでしょう。

いいねのための間違った努力をしない努力

模写しただけのイラストにいいねがつかない理由

いいねがもらえるイラストを描くぞ! と、いいねのために有名人の写真の模写をがんばっている人は私の感覚ではあまり効果がなかったのでおすすめしない。

もちろん、「好きだから模写したい」「模写して練習したい」というならどんどんすればいいのだけど、「うまくそっくりに描けてるし、今話題の誰々さんだし、こりゃあいいねががっぽりつくぞぉ〜!」と思いながら模写をすると、反応の薄さに99%がっかりする。

模写って労力の割に人の心を打たない。いいね稼ぎにはなりません。

写真を見て描き写しただけのイラストには、見る人はなにを感じたらいいのか分からないからだ。同様に、風景写真やアニメ、漫画のキャラの公式絵をそっくり模写するのも同じ。

絵に興味がない人にとっては、せいぜい「へえ〜写真を見て描き写した? 3時間かかった!? はあ……セブンでコピーすればよかったんじゃね?」くらいしか感じることがない。

介入できないイラスト、何を感じたらいいかわからないイラストには、興味を示してもらえない。

「評価されたい」という動機だけのイラストにいいねはつかない

私もどっぷり通って来ている道なので、二次創作の例を挙げてみる。

「公式にそっくりに描けた! フフフこれは『野生の公式』タグ付いちゃうかも」「ここの色塗りめっちゃ上手く行ったからこれいいねとブクマ付きまくってデイリーランキング上位に行っちゃうんじゃない? やばい身バレの危機」みたいな動機で描いても、そこまで伸びなくてガックリ来てやる気なくなった‥…みたいなことが、初心者の頃ほど多いと思う。

二次創作ってそもそも、

「このキャラのこういうとこが好きなんだよね〜! このシーンのこのセリフとこの言動の食い違いは3巻と4巻の間に何かあったということでよろしいですかよろしいですよね!(早口)この思いの丈を、描き記さずにおけようか、いやおけない!」

というイラストに対して「わかります!」「あーそこ私も引っかかってました!」「なるほどその解釈なら納得!」みたいな応酬を楽しむもので、それこそ共感と介入がとても重要なジャンルだと思う。

キャラや作品への解釈や愛を込めた絵には「私も!」「わかる!」という反応が返ってくる。

だったら、「評価されたい」という想いを込めて描いた絵にはよくて「へえ、評価されたいんですね」としか反応はないだろう。

いいねにこだわって我を忘れる前に

いいねだけを欲しがってしまうと、怒りや嫉妬で頭がぐちゃぐちゃになったり、人のことを羨んで卑屈になったり、心が疲弊していいことはない。

それでもいいねが欲しければ、いいねのためにいいね狙いで絵を描いてもいいと思う。見る側の心理をついて共感を得るのは、プロなら無意識でやっていることだし、市場を知ることは決して無駄にはならないはずだ。

でも、好きな絵を描いた結果、共感を得ていいねがつけばそれでいいな、と思えたとしても、それならそれもいい。せっかく評価にとらわれなくていい、趣味というフィールドで描いているんだし。

いずれにせよ「いいね」の正体をきちんと知ること、そして考えることだと思う。

それは本当に欲しいものなのか。

自暴自棄になったりしないで。まわりに暴言もがまんして。「はあ……絵が下手ですみません……どうせ私が描いても意味ないよね……Twitterやめます……」って心配かけるのもあとで自分が恥ずかしくなるからやめよう!

タイトルとURLをコピーしました