Twitterでいいねが増えやすい時間帯は?絵を見てもらうコツ。

「Twitterにイラストをアップするのってどの時間帯がベストなんだろう?」

「何時くらいにアップすればいいねが増えやすいのかな?」

と迷っている向け【おすすめ時間帯とたくさん見てもらえるコツ】について。

Twitterにイラストをアップするなら、なるべくたくさんの人に見てほしい。

そのためにみんなが気にしてしまうのが「どんな時間帯にアップすればたくさん見てもらえるのか?」ってことじゃないだろうか。

時間帯もある程度は大事だけど、それ以外にも"たくさん見てもらうコツ"はある。

この記事では、おすすめの時間帯について、それから"時間帯にとらわれずアップするちょっとしたコツ"についても書いている。

Twitterでいいねがつきやすい時間帯って?迷う人向けのコツ。

ここ数ヶ月、ファンアート用のアカウントで"毎週必ずイラストをアップする"という実験(?)をしてみた。

するとやはり、アップした途端パーッと伸びる時間帯と、後からじわじわくる時間帯というものがあった。

伸び方のデータは数字で取れるわけではないのであくまでも自分の体感的なものなのだけど、自分用のメモも兼ねて記事にしておくことにする。

そのジャンルの世代層にもよるのでこれは参考程度に考えてほしいし、何なら自分のアカウントでどんどん実験して、フォロワーさんたちのリズムを分析してみてほしい。(それがいちばん確実)

人が多い時間というのは確かにあるけど時間帯にとらわれずに投稿するほうが合理的なんじゃないかと思っているので、それについても後述する。

※夜7時〜10時のゴールデンタイム(土日、平日共)

やはりもっとも人が多く、インプレッションが伸びやすいのはゴールデンタイムだった。

夜7時から10時頃。

いいねがすぐに伸びるし、この時間帯はRTする人も多いのがポイント。

リラックスしてTwitterを使っている時間帯は、自分からも発信したくなる。

それがRTだったり引用RTだったり、RTしてからの「>RT」ツイートだったりするわけだ。

たいていRTしたらいいねもするし、RTが増えれば当然いいねも多くなる。

テレビでも「いちばんみんなが見てくれる時間」と力を入れている時間帯なだけあって、やっぱりみんながまったりスマホを見ているのはこれくらいの時間が多いんだな、とこの数ヶ月で感じることが多かった。

土日、平日共に人が多く、やはり【ゴールデンタイム】という名称はダテじゃない。

迷ったらゴールデンタイム。

夜11時前後の寝る前時間(平日)

引き続き夜11時以降も。ただRTはゴールデンタイムと比べて伸びにくかった。

ジャンルによっては「あんまり遅い時間にTLを荒らしても……」みたいな人が多いのかもしれないし、見る人は見てるしいいねもするけど、RTしないので連鎖が起きにくい=伸びがゆるやか、という感じ。

また、これもジャンルによるけど、寝る前にギャンギャンにTwitterをやっている人というのは意外と少ないのかも。明日も学校とか会社だしね。

正午前後の昼休み時間(平日)

次点が平日の昼休みの時間。

学生さんや会社員の人はお昼を食べながら、あるいは食べたあとにスマホを見るからか(学校や会社だと他に娯楽がないし、熱心にTwitterを見がちなのかも)私の経験だと正午前後もけっこう伸びた。

公式からの宣伝やお知らせもこれくらいの時間帯が多いので、Twitterの通知が鳴ってスマホを見ている人も多い気がする。(特に私のようなオタク)

ついでにTLをちょっと遡ってイラストを見ていいねする、みたいな感じの"もらいいいね"がされやすいかも。

ただ平日のお昼ってアップするほうも慌ただしいので、わざわざ狙って平日のお昼にアップするほどのこともないのかな、と思う。

時間帯にとらわれずアップするコツ

正直、生活時間帯なんていろいろで「この時間はみんなスマホ見てるよ」なんてものはない。っていうか今の時代スマホ見ようと思えばいつでも見られるし。

なので、時間帯にこだわるのってあまり意味がないかなと私自身は感じる。

それなら時間帯にとらわれず、より確実にたくさんの人に見てもらえる工夫をするほうが合理的だ。

積極的にセルフRTをしていく

セルフRT、つまり自分で自分のイラストをRTする。

例えば昨日の深夜にイラストをアップしたら、次の日のお昼やゴールデンタイムに「昨日の深夜にアップしたイラストです。ここに力を入れて描きました」などと"セルフ引用RT"をする。

そうすると、例えば昨日早く寝てしまってTLを見ていなかった人の目に触れやすくなる。

「ウザがられないかな?」と心配になるかもしれないけど、意外とTLを追いきれていない人って多いので。SNSで遠慮してもしょうがないし。

でももし気になっちゃうなら、単にRTするだけではなく新たな付加情報をつけるようにするといい。

「これを描いたとき◯◯を意識してみました」とか「実はこれのボツバージョンがあって、線画の時点ではこうでした(とボツイラストをアップする)」とか、制作の裏話的なことを付け加えていくと何度も目にしている人にとっても退屈じゃない。

ポイントは、

  • セルフRTも人が多い時間帯を狙って
  • 付加情報をつければウザがられない

ハッシュタグを使う

そのジャンルや界隈のハッシュタグを使うこともおすすめ。

ハッシュタグがついていれば見たい人はまとめて一気にチェックできるので、時間帯にこだわる必要がない。

よくあるのが「私みたいな下手くそがハッシュタグなんかつけたら迷惑なんじゃ……?」と遠慮してしまうこと。

だけど、ほとんどの人は絵の上手い下手なんて気にしていないというかあんまり分からないし、「とにかく◯◯(推し)のファンアートをいっぱい見たい!」という人もいる

もしそのジャンルや界隈で定番のハッシュタグがあるようなら、積極的に使っていこう。

ただ、あまりにも連投したり、さっきアップしたけどあんまり伸びないので消してまた上げ直す、みたいなことを繰り返すと、見るほうにとっても邪魔になっちゃうかも。

連投にせず何枚かまとめてアップするとか、一度アップしたら消して上げ直すのではなくセルフRTするなど、ちょっとした気づかいができるとみんなが見やすくなる。

「自分が見る立場だったらどう感じるかな? 見やすいかな?」というのはハッシュタグに限らずSNSでは常に意識しておきたいな、と自分は考えている。

  • 定番のハッシュタグは遠慮せず使う
  • 見る人への気づかいを忘れずに

そのほか、心がけるといいかもしれないポイント

もちろん重要なのは時間帯やハッシュタグだけではない。

添える文章のコツやイラストのサイズについてもこちらの記事に書いている。

時間帯を気にするより、アップしたいときにアップすべし

時間帯は人それぞれだし、イラストを描いてアップしようってときに「あーでもちょっと時間が早いからゴールデンタイムまで待ってアップしよう」って、ちょっともどかしい。

それに、自分の時間だって縛られてしまう。

好きで描いているイラストなのに、Twitterでいいねを多くもらうために自分のペースを崩すんじゃ本末転倒だ。

ゴールデンタイムを狙ってアップできないようなときも、いつでも見られるようにハッシュタグをつけたり後日セルフRTすると合理的だし、結果としてたくさんの人に見てもらうことができる。

「上手ければ、どうアップしてもバズる」というわけじゃない。

「下手な絵はどうやってもいいねがつかない」というわけでもない。

やっぱりインプレッション(見てもらう総数)が増えればいいねも増えるので、なるべく多くの人の目に触れるよう、工夫してみる価値はある。

「イラストを見てもらえない……なんで?」と悩むのはしんどいので、どうやったら多くの人の目に触れるか?」と戦略を立てることも含めて面白がっていきたいよね。

タイトルとURLをコピーしました